睡眠改善薬と睡眠導入剤ってどう違うの?

2018/7/4

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

よく眠れない、寝つきが悪いなどの症状に陥ったとき、睡眠改善薬や睡眠導入剤などの薬を利用することがありますが、この睡眠改善薬や睡眠導入剤には、どんな違いがあるのでしょうか?
それぞれの違いや服用時の注意点などについて、解説していきます。

睡眠改善薬と睡眠導入剤の違いは?

睡眠改善薬と睡眠導入剤の違いは、それぞれの薬が対象とする「症状」と「入手方法」によって説明することができます。

症状と入手方法から見る睡眠改善薬と睡眠導入剤の違いは、以下の通りです。

それぞれが対象とする「症状」の違い

  • 睡眠改善薬…精神症状が原因でない、寝つきの悪さや睡眠の浅さなどの一時的な不眠症状
  • 睡眠導入剤…精神症状が原因のものを含む、慢性的な不眠症状

それぞれの使用にあたっての「入手方法」の違い

  • 睡眠改善薬…処方箋なしで、薬局やドラッグストアなどで購入できるOTC医薬品
  • 睡眠導入剤…医師に処方してもらって初めて薬局で入手できる薬

また、効き目においては一般的に「睡眠薬」と呼ばれることもある睡眠導入剤よりも、睡眠改善薬の方が緩やかで、自然に近い入眠が期待できるという効果の違いもあります。

睡眠改善薬を飲んでいい期間ってどのくらい?

比較的効き目が緩やかな睡眠改善薬ですが、それでも連続使用は基本的には2~3日程度にとどめ、長期間の連続服用は避けるべきとされています。

連続2~3日以上の睡眠改善薬の連続服用を避けるべき理由は、以下の通りです。

  • 耐性ができるのが早いため、2日目以降には耐性ができて効き目が悪くなるため
  • 中枢神経を麻痺させて眠りを誘うため、常用は慢性的な集中力や判断力の低下を招くため
  • あくまで一時的な不眠症状の緩和が目的の薬なので、不眠症の治療効果は得られないため

一般的に、睡眠改善薬の対象となる「一時的な不眠症状」は3日までの連続的な不眠のことを指し、それ以上の日数まで症状が続く場合は、慢性的な不眠の可能性が高いです。
また、薬の成分そのものに耐性ができるため、製薬会社を変えて別の睡眠改善薬を服用しても、3日目以降の効果を得られないという状況は変わりません。

いずれにしても、睡眠改善薬は長期的に常用するための薬ではありませんので、症状の改善程度にかかわらず3日以上の連続服用は避けるようにしてください。

処方された睡眠導入剤と睡眠改善薬を一緒に飲んでいい?

ドラッグストアなどで買えるOTC(一般用)医薬品である睡眠改善薬と、医師の処方なしでは入手できない睡眠導入剤では、基本的な作用が異なります。一緒に服用すると、お互いに作用しあって思わぬ副作用や異常事態を招く可能性も考えられますので、大変危険です。

もし、すでに医師から睡眠導入剤の処方・服用の指示を受けているなら、睡眠改善薬は服用せず医師の指示にしたがって、睡眠導入剤の方を服用するようにしましょう。睡眠改善薬と睡眠導入剤の同時服用は、絶対にしないてください。

睡眠改善薬と一緒に飲んじゃいけない薬はある?

睡眠導入剤の他に、睡眠改善薬との同時服用を控えるべき薬としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 風邪薬
  • 解熱鎮痛剤
  • 鎮咳去痰薬(咳とたんを抑える薬)
  • 抗ヒスタミン剤を含有する鼻炎用内服薬
  • 酔い止め薬など抗アレルギー用薬

上記はいずれも、睡眠改善薬の一部成分と混合することにより、睡眠誘発の作用が異常に強く現れたり、口が乾くなどの副作用が強まるリスクのある薬です。

安全のために睡眠改善薬との併用は避けるようにし、万が一睡眠改善薬の服用中に上記薬を服用する必要が出てきた場合は、ただちに医師に相談しましょう。

おわりに:睡眠改善薬と睡眠導入剤には違いがある!服用の際には注意が必要

名前だけを見ると似たような印象を抱きがちな「睡眠改善薬」と「睡眠導入剤」ですが、その成分や作用、対象とする症状、入手方法に至るまでさまざまな違いがあります。

特に睡眠改善薬の服用においては、連続の服用期間と他の睡眠導入剤・薬との飲み合わせに注意が必要です。睡眠導入剤に比べ効き目が穏やかで、入手も簡単なOTC医薬品である睡眠改善薬ですが、用法・用量と注意事項をきちんと守ったうえでの服用を心がけましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

期間(42) 睡眠導入剤(4) 風邪薬(17) 処方(8) 併用(8) 睡眠改善薬(1)