C型肝炎の検査方法は?検査を受けたほうがいい人っているの?

2018/7/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

C型肝炎の診断にあたっては、どんな検査を行うことになるのでしょうか?また、検査を受ける必要があるのはどのような人なのでしょうか?検査の段階なども含め、詳しく解説していきます。

C型肝炎かどうかはどんな検査でわかるの?

C型肝炎ウイルス感染の有無は、ウイルスへの抗体を調べるHCV抗体検査によって診断します。そして、抗体検査により陽性と判断された場合は、HCV抗体価の測定を引き続き行います。

基本的に、1次スクリーニングでHCV抗体検査を行った場合は、HCV抗体の検出は受ける必要はありませんが、必要に応じて、HCVのウイルス遺伝子を調べるHCV核酸増幅検査を行うことがあります。

結果判定

HCV抗体検査で「陰性」と診断された場合
検査を行った日付を記録しておき、自覚症状が現れた場合は、再度検査を受けることをおすすめします。
HCV抗体検査で「陽性」と診断された場合
専門医を受診して、診察を受けましょう。

C型肝炎の診断ステップ

① HCV抗体検査
血液中のHCVウイルスへの抗体を調べます。C型肝炎の既住歴がある場合や、現在感染している場合に陽性と診断されます。
② HCV-RNA検査
①の検査で感染の疑いがあると診断された人は、血液中のC型肝炎ウイルスや、遺伝子を調べ、感染の有無を調べます。

C型肝炎の感染が疑われる場合は、専門医を受診し、肝炎の有無や進行状況を調べる検査を受けましょう。

C型肝炎の検査を受ける時期は?

C型肝炎の適切な検査時期は、感染の疑いがある行為から3ヶ月以上経過した頃といわれています。ただし感染が疑われる間は、血液検査で陰性と判断されるまで、献血は行わないようにしましょう。

検査を受けた方がいいのはどんな人?

以下の項目に該当する場合は、C型肝炎ウイルスへの感染が疑われるため、一度医療機関で検査を受けましょう。

  • 1992年以前に輸血を受けたことがある人
  • 血液透析を長期間行っている人
  • 過去に輸入非加熱血液凝固因子製剤(または非加熱血液凝固因子製剤)の投与を受けたことがある人
  • 過去にフィブリノゲン製剤(フィブリン糊を含む)の投与を受けたことがある人
  • 大きな手術を受けた人
  • 臓器移植を受けている人
  • 薬物使用者や、刺青を入れている人
  • ボディピアスを付けている人
  • 健康診断で肝機能の異常を指摘されている人

感染していたものの、深刻な症状ではない場合は放置していい?

献血や検診を行った際にC型肝炎ウイルスの感染が発覚し、詳しく検査を受けてみると、肝臓に異常(慢性肝炎)が見つかったという人は少なくありません

そのため、C型肝炎の感染が確認された人は、他に異常がないかを定期的に検査する必要があります。以下の項目を守り、自分の肝臓の状態を常に把握できるようにしておきましょう。

  1. 定期的(少なくともC型肝炎の感染が確認された年は2~3ヶ月に一度)に検査を行う
  2. 1の検査を行った際に、自分の肝臓の状態をしっかりと確認する
  3. 定期検査の予定などを医師と相談しながら、健康管理を行う

おわりに:C型肝炎の検査で肝臓の状態の確認を

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれるように、C型肝炎を発症しても自覚症状が乏しい人は少なくありません。また、検査で陽性判定が出ても、特に体に症状が出ていないために放置してしまう方もいますが、慢性肝炎に移行するケースもあるため、肝臓や肝機能の定期的な検査が重要になります。

現在では医学が発展し、C型肝炎は治る病気になりつつあります。怖くてもまずは一度、検査を受けるところから始めていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

診断(68) 検査(98) 時期(12) C型肝炎(18)