C型肝炎の原因となるウイルスに感染するのはどんなとき?

2018/7/13

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

慢性肝炎の大半を占める、C型肝炎を引き起こす「C型肝炎ウイルス」。このC型肝炎ウイルスには、どのように感染するのでしょうか?また、どんな人は感染の可能性があるのでしょうか?C型肝炎の原因や感染経路について解説していきます。

C型肝炎とは?

肝炎とは、肝臓に生じた炎症により組織が破壊されてしまう病気で、徐々に壊された部分が硬くなり、肝臓の機能が弱くなっていきます。しかし、肝臓は正常時の30%程度まで機能が低下しても、症状がほとんど表に現れないため、異常に気付かないことが多いといわれています。これが沈黙の臓器ともいわれる所以です。

そして、異常に気付かぬまま症状が続くと「慢性肝炎」となり、肝硬変や肝がんになる確率が高くなります。日本では、この慢性肝炎の原因疾患の約70%が、C型肝炎ウイルス(HCV)感染によるC型肝炎といわれています。

C型肝炎の特徴

  • 血液を介して感染する
  • 急性期のC型肝炎は、A型やB型と比較して無症状の場合が多い
  • 慢性化すると、自然治癒する確率は低くなる
  • 症状が長期化すると肝硬変や肝がんになる可能性がある

B型肝炎とC型肝炎の違い

B型肝炎は血液や体液を通して感染するのに対し、C型肝炎は主に血液を通して感染するという違いがあります。なお、いずれも空気感染や経口感染の恐れはありません。

C型肝炎の原因となるのはどんなもの?

C型肝炎ウイルスは主に感染者の血液を介して感染するので、下記のような場合に注意する必要があります。

  • 輸血
  • 薬物注射などの注射器の使い回し
  • 刺青、ボディーピアスなどでの針刺し事故
  • 血液透析を長期間受けている人
  • 出血が伴う民間療法
  • 感染者との血液が付着しやすい日用品(カミソリ、歯ブラシなど)の共用
  • 感染者との性交渉(感染する可能性は低いですが、100%ないわけではありません)

C型肝炎ウイルスは、母子感染や性交渉、体液などを介して感染する確率は低いのですが、一度感染すると症状が長期化し、慢性肝炎になりやすいため、注意が必要です。

輸血でC型肝炎ウイルスに感染する?

現在の日本国内のC型肝炎ウイルス感染者の多くは、輸血や血液製剤、注射針などの使い回しが行われていた1992年以前の頃の感染者だとされています。近年の輸血や血液製剤は高度な検査による、入念なチェックが行われているため感染する恐れはほぼありませんが、1992年以前に輸血を行ったことのある人は一度検査を受けてみましょう。

C型肝炎ウイルスの感染経路

現在、新たにC型肝炎ウイルスに感染する原因には以下のようなものが挙げられます。

  • 刺青を彫る
  • 消毒が不十分な器具を使用してピアスホールをあける
  • 覚せい剤などの注射器の使いまわし
  • 衛生状態の悪い鍼治療
  • 性交渉や母子感染(感染率は低いです)

C型肝炎の可能性はどのくらいかをチェックしてみよう

以下の項目のいずれかに該当する場合はC型肝炎に感染している可能性があるので、お住まいの近くの医療機関や保健所などを受診して、一度検査を受けましょう。

  • 過去に一度もC型肝炎の検査を受けたことのない40歳以上の人
  • 過去に大きな手術を受けたことがある
  • 臓器移植を受けたことがある
  • 血液透析を長期間行っている
  • 過去に血液凝固因子製剤の投与を行ったことがある
  • フィブリノゲン製剤(フィブリン糊の使用も含む)の投与を行ったことがある
  • 消毒が不十分な器具で刺青やピアスホールをあけたことがある
  • 覚せい剤や麻薬の注射器を使いまわしたことがある
  • 健康診断で肝機能異常を指摘されたことがある

おわりに:感染の疑いがある人は医療機関で検査を受けましょう

C型肝炎は空気感染や経口感染の恐れはありませんが、主に血液を介して感染するため、感染者の血液が付着している注射器や輸血の使いまわしや、消毒が不十分な器具での刺青やピアスの穴あけ、感染者との日用品の共用などで感染する可能性があります。また、輸血や血液製剤、注射針などの使い回しが行われていた1992年以前に輸血を受けたことのある人も感染の恐れがあるため、一度医療機関や保健所で検査を受けましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ウイルス(35) B型肝炎(21) 感染(52) 原因(609) C型肝炎(18) 輸血(3)