アナフィラキシーの症状はいくつもあるの?原因となるものは?

2018/7/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

アナフィラキシーとは、短時間で起こる全身のアレルギー反応のことですが、具体的にはどんな症状が起こるのでしょうか?アナフィラキシーの原因や対処法と併せて解説します。

アナフィラキシーの症状ってどんなもの?

食物アレルギーが重症化すると、アナフィラキシー(発症後の短時間のうちに、全身にアレルギー症状が出る反応)が起こることがあります。

アレルギー症状は皮膚や粘膜系・呼吸器系・循環器系・消化器系・神経系など人により異なり、軽度のものから重症のものまでありますが、アナフィラキシーとは、これらの症状のうち2つ以上が同時に発生した状態で、全身のじんましんに加えて喘鳴が起きたり、嘔吐に加えて動悸が発生するなどの症状が起きます。

また、急激な血圧低下に伴い意識障害などが起こるのは、アナフィラキシーショックと呼ばれる危険な状態で、速やかに処置をしないと生命に関わることもあります。

アナフィラキシー症状が落ち着いても油断しちゃダメ!その理由は?

アナフィラキシーで注意が必要なのは、一時的に落ち着いた症状が数時間後に再発することなので、一時症状がおさまったように思えても注意を怠らず、早急に医療機関を受診してください。

ただし、免疫機能に関係して起こるアナフィラキシー以外にも、アナフィラキシー様反応と呼ばれるアナフィラキシーに似た症状が起こることがあります。

アナフィラキシー症状を引き起こすものはコレ!

食品

鶏卵・牛乳・小麦・そば・ピーナッツなど特定の食べ物を食べたときにアナフィラキシーが起こることがあります。子供から大人まで年齢を問わず発症しますが、特に乳幼児に起こることが多いとされています。
また、食物依存性運動誘発アナフィラキシーと呼ばれる、食後4時間以内に運動をすることで発症するアナフィラキシーもあるので、注意が必要です。

蜂毒

日本国内では年間20人ほどが蜂に刺されてアナフィラキシーショックを引き起こし、死亡しているといわれています。
スズメバチやアシナガバチなどの針から分泌される毒液により、アレルギー反応が起こります。

薬物

抗生物質(ペニシリンなど)、解熱鎮痛剤(アスピリンなど)、抗てんかん薬、造影剤、ワクチン、麻酔薬、輸血などが原因となりアナフィラキシーを引き起こすことがあります。

アナフィラキシーの症状かも!と思ったら

119番通報や医療機関の受診が必要なとき

  • アナフィラキシーの可能性がある場合
  • 過去に重症のアナフィラキシーを起こしたことがある場合
  • 皮膚症状(蕁麻疹など)に加えて、呼吸困難・めまい・倦怠感・腹痛・嘔吐などの症状が起きた場合

アナフィラキシーが起きた時の対処法

アレルゲン(原因物質)の排除
  • 食物アレルゲンの場合は、食品を口から出し、口内をよくすすぎましょう
  • 皮膚や眼にアレルゲンが付着した場合は、流水で洗い流しましょう

その他の対処法

  • 急激な血圧低下によりめまいや意識障害がある場合は、仰向けになり両足を高く上げましょう。足を上げることにより、心臓への血流が増加します
  • 嘔吐物が喉に詰まらないように顔を横向きにしましょう
  • 応急処置が済んだら、救急車や応援が来るのを安静にして待ちましょう

蜂に刺されたときの注意点

  • 蜂に刺されたときは、すぐにその場から立ち去りましょう(他の蜂が集まってくる可能性があります)
  • 刺されたときの針が皮膚に残っている場合は、医療機関の処置を待たずにすぐに除去しましょう

おわりに:アナフィラキシーが起きたときはすぐに医療機関の受診を

アナフィラキシーとは、さまざまなアレルギー症状のうち2つ以上が同時に発生した状態で、じんましんや喘鳴、嘔吐などが特徴です。主な発症原因は、食物・蜂毒・薬剤などで、一時的に症状が落ち着いたように思えても、数時間後に再発することもあります。アナフィラキシーが起きたときは、症状に応じて119番通報や医療機関の受診をしましょう。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

食べ物(94) 薬(188) アナフィラキシー(16) アナフィラキシーショック(10) 原因(610) 症状(560) じんましん(7) 嘔吐(90) 対処法(194) 喘鳴(3) 蜂(1)