がんの治療法ってどんなものがあるの?特徴やメリットなどを解説!

2018/7/11

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

国民の2人に1人が罹患するというデータがあるほど、がんは身近な病気です。しかしがんという病気の存在は知っていても、どんな治療法があるのかまでは知らない、という人は少なくないでしょう。
今回はがんの治療法を、それぞれの特徴やメリットとあわせてご紹介していきます。

がんの治療法として普及している3つの方法とは?

がんの代表的な治療法としては、「手術療法」「化学療法」「放射線療法」の3つがあります。
以下に3種類の治療法それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

手術療法

がん細胞が増殖し、腫瘍となっている臓器や組織を切除し、がん治療を試みる方法です。
早期で転移が見られず切除で回復する見込みが高い場合、また転移していても切除できる部位のがんである場合は、積極的に行われます。

手術療法のメリット

  • がんのかたまりを一気に身体から取り除くことができる
  • ごく小さな転移がない限り、完治させられる可能性が高い治療法である

手術療法のデメリット

  • がんの切除により、一部臓器や組織が欠損して機能が失われるケースがある
  • 身体に負担がかかるため回復に時間がかかり、体力のない患者には実施できない

化学療法

薬物療法とも呼ばれる治療法で、抗がん剤を点滴や内服薬で投与することでがん細胞の増殖を抑え、がんを小さくする治療法です。
体にメスを入れる必要がないため、手術に耐えられないような体力・年齢の患者に対しても行える可能性があります。

化学療法のメリット

  • 抗がん剤が体液に乗って身体の隅々にまでわたるため、小さながん転移にも効果がある
  • 抗がん剤の種類と患者の体質によっては、日常生活に支障がない範囲で治療できる

化学療法のデメリット

  • 吐き気や免疫機能低下など、全身にさまざまな副作用が生じるリスクがある
  • がんの種類によっては、治療効果の現れにくいものもある

放射線療法

がんになっている臓器・組織に、身体の外側または内側から放射線を照射する治療法です。
あらかじめがんの位置を図って印をつけておき、その部位に外側または内側から局所的に放射線を治療することで、治療効果が見込めます。

放射線療法のメリット

  • 外部照射の場合1日の治療時間は20分程度と短く、負担が少ない
  • 治療時間が短いため、通院や働きながら治療することも可能である

放射線療法のデメリット

  • 皮膚の炎症や脱毛、吐き気など一時的な副作用が出る可能性がある
  • 内部照射の場合、治療期間中に行動制限がかかるケースがある

比較的新しいがんの治療法とは?

ここからは、近年行われるようになってきた比較的新しいがんの治療方法として「分子標的薬」と「ホルモン療法」をご紹介します。
前項と同様、それぞれの特徴やメリット・デメリットもあわせて解説しているので、参考にしてください。

分子標的薬

がん細胞を増殖させる特定の分子に直接作用し、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞につながる血管の新生を阻害する効果のある薬を投与する治療法です。

分子標的薬のメリット

  • がん細胞に直接作用するため、正常細胞への影響が少ないとされている

分子標的薬のデメリット

  • 薬剤ごとに特徴的な副作用が出るため、副作用を緩和しながら治療する必要がある

ホルモン療法

がん細胞の成長を促すホルモンや、男性ホルモンや女性ホルモンをコントロールし、前立腺がん・乳がん・子宮体がんなどホルモンの影響が大きいがんを抑える治療法です。

ホルモン療法のメリット

  • 男性ホルモン、または女性ホルモンが影響するがんに対し非常に有効

ホルモン療法のデメリット

  • 人間に必要なホルモンをコントロールするため、更年期障害や関節痛など全身への副作用が起こることがある

おわりに:がんの治療法の選択肢は広がっている!まずは医師に相談を

近年の研究により、がん治療には従来からの手術療法・化学療法・放射線療法に加え、分子標的薬やホルモン療法などの新しい選択肢も増えてきています。どの治療法が適しているかは、がんの種類や患者の状態によって異なりますが、治療の可能性が広がっているのは喜ばしいことです。今後も医療技術の発展を願いつつ、適した治療法を選択していきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

がん(94) 特徴(49) メリット(38) 治療法(66) 化学療法(14) 放射線療法(20) 分子標的薬(3) 手術療法(16)