がんの遺伝子検査ってどんなメリット・デメリットがあるの?

2018/7/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

がんの遺伝子検査にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?また、保険適用はされるのでしょうか?がんの遺伝子検査について解説していきます。

がんの遺伝子検査ってどんなもの?

がんの遺伝子検査には、以下のような2種類の検査があります。

① 病院で行う検査

遺伝子の異常を調べ、遺伝性がんのリスクの有無を確認する検査です。

  • 検査方法:血液採取
  • 検査内容:遺伝性がんの有無の確認や、5mm以下の小さながん細胞の発見をします。

② 検査キットで行う検査

キットを使用して生活習慣に関係して起こるがんのみを調べる検査です。
グループに分類した遺伝型の統計を元にして、がんやその他の病気のリスクを数値化します。

検査方法
検査キットで採取した唾液を専門機関へ郵送して調べます。
検査内容
該当する遺伝子型を調べて膨大な統計データと照合し、その型の人がかかりやすいがんの種類やリスクなどを判定します。

がんの遺伝子検査のメリット・デメリットは?

メリット

① がんの予防効果

がんを発症する前に遺伝子の異常を調べることで、がんを発症しやすい臓器の場所や、現在のがんになるリスク評価を行います。
そしてその評価結果を元に、自分の生活習慣に合った予防管理指導や、具体的なアドバイスなどを受けることで、発症を避けることができます。

② 簡単に受けることが可能

遺伝子検査は、採血のみで検査が終了するため、手軽に受けることができます。長時間拘束される心配もありません。

③ 早期発見と治療、再発予防が可能

遺伝子検査では5mm以下の微細ながん細胞の発見が可能なため、本格的に発症する前の段階で早期発見・治療が可能となります。また、がんの治療を受けた人の場合でも、定期的に遺伝子検査を受けることで、遺伝子の異常を速やかに発見し、再発のリスクを判定することができます。

④ 放射線の被ばくや身体的負担の心配がない

遺伝子検査は血液を採取するだけの簡単な検査のため、放射線による被ばくの恐れや身体的負担、不快感などはありません。

⑤ 抗がん剤の副作用の予測がある程度可能

抗がん剤の治療前後に遺伝子検査を受けることで、治療効果や副作用などを予測することができます。

デメリット

① 心理的な負担が増える、確実性がない

遺伝子検査を受けることにより、がんの早期発見やリスクの判定などができますが、検査結果によっては、がんへの恐怖心が増大して精神的に負担がかかる可能性があります。
また、検査結果で遺伝子の異常が発見された場合でも、その後がんを発症する確率が100%というわけではないため、確実性に欠ける検査方法ともいえます。

② 保険が適用されない

遺伝子検査は、公的医療保険の適用が承認されていないため、検査を受ける場合は全額自己負担となります。また、自由診療のため医療機関によって治療費に差があります。
遺伝子検査を希望する場合は、検査内容や治療費をよく検討した上で、受けるかどうかの判断をしましょう。

一部のがん患者の遺伝子検査が保険適用されるって本当?

厚生労働省は、2018年2月に「がんに関連する114種類の遺伝子の異変を一度に調べられる検査」を先進医療として指定し、同年4月9日から保険診療との併用ができるようになりました。このような遺伝子の異変を調べて治療法を選ぶ「がんゲノム医療」が、先進医療として承認されるのは初といわれています。

検査の対象者
  • 標準治療で効果が得られなかった場合
  • 16歳以上で、治療では効果がない固形がんを患っている場合
検査方法
114種類の遺伝子の異常を調べ、原因となる遺伝子異変を発見し、最適な治療法を選べるようにします。
費用
患者の負担費用は46万円程度となります。
公的医療保険が適用される診療部分に限り保険が適用され、先進医療分は自己負担となります。民間がん保険に加入している場合も同様で、遺伝子検査は保障対象外となるので注意しましょう。

おわりに:がんの遺伝子検査を受けるメリットはたくさん!

がんの遺伝子検査には、病院で行う遺伝性がんのリスクの有無を確認する検査と、キットを使用して生活習慣に関係して起こるがんを調べる検査の2種類があります。それぞれの検査を受けることは、がんの早期発見と治療、再発予防などにつながるため、遺伝子検査を希望する場合は、検査内容や治療費をよく検討した上で、受けるかどうかの判断をしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

病院(58) がん(94) メリット(38) デメリット(26) 遺伝子検査(8) 保険適用(8) 検査キット(6)