花粉症を完治させたいアナタに!舌下免疫療法を紹介します!

2018/7/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

花粉症は一度発症すると、毎年ひどい目のかゆみや鼻づまりに悩まされ続けるものです。しかし、このしつこい花粉症の画期的な治療法として、近年「舌下免疫療法」というものが登場しました。具体的にどのような治療法なのか、この治療で完治は見込めるのかなどについて解説していきます。

花粉症って完治するの?

舌下免疫療法とは、症状の緩和を目的とする対症療法とは異なり、病気の完治を目的とする根治療法の一つです。舌下免疫療法では、アレルゲンを少量ずつ体内に入れることで身体に慣らし、花粉症の体質改善を目指します。具体的には、アレルゲンを含む薬剤を1日1回舌の下に置いて、一定時間が経過した後に飲み込みます。

花粉症完治の切り札、舌下免疫療法とは?

舌下免疫療法とは、体内に長期間にわたり少量ずつアレルゲンを投与して、アレルゲンに対する反応を弱めるアレルギー免疫療法(減感作療法)の一つとなります。
自宅でアレルゲンを含むエキスを服用する簡単なものなので、手間が少なく、また皮下免疫療法と比較すると副作用が少ないという特徴があります。現在国内では、スギ花粉症とダニアレルギーに伴う鼻炎に対するエキスの使用が認められています。

治療方法

アレルゲンを含むエキスを1日1回舌の下に置き、口腔内の血管を介して体内に入れます。
投与するエキスの濃度が一定レベルに達すれば、通院回数を月1度にすることができますが、体質が改善されるまでには3~5年間治療を継続する必要があります。

舌下免疫療法のメリット・デメリットは?

メリット

  • 舌下免疫療法は3年以上治療を続けることで、根治する可能性があります。
  • 根治にまで至らなくても、服薬する量を減らしたり、服薬機関を短くすることができる場合があります。
  • アレルゲンに対する免疫反応が改善されることにより、鼻炎の症状(くしゃみ・鼻水・鼻詰まり)のみだけでなく、眼の症状、皮膚のかゆみなどを改善することが可能です。
  • 過剰な免疫反応が抑制されることにより、治療後に新たなアレルゲンに対しアレルギー反応が起こる確率を下げることができます。

デメリット

舌下免疫療法では、アレルギー体質の患者にそのアレルゲンとなる花粉エキスを投与するため、アナフィラキシーショックなどの重篤なアレルギー反応が起こる可能性があります。
舌下免疫療法を行った後に以下のような症状が現れた場合は、副作用の可能性があるため、注意が必要です。

  • 嘔吐、腹痛、下痢などの腹部の症状
  • 口内、口唇、耳、目などのかゆみ
  • 浮腫
  • 蕁麻疹
  • 喘息発作
  • 喉の炎症、違和感
  • くしゃみ、咳
  • 鼻水・鼻詰まり

おわりに:3年間治療を継続して根治を目指しましょう

舌下免疫療法とは、アレルゲンを少量ずつ体内に入れることで身体に慣らし、花粉症の体質改善を目指す治療法です。自宅でアレルゲンを含むエキスを服用する簡単なものなので、手間が少なくすみ、また皮下免疫療法と比較すると副作用が少ないという特徴があります。
3年以上治療を続けることで完治する可能性が上がるといわれているため、根気よく治療を継続することが大切です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

花粉症(57) メリット(38) デメリット(26) 完治(18) ダニアレルギー(4) スギ花粉症(4) 舌下免疫療法(9)