嘔吐反射が怖くて歯医者に行けない・・・どうすればいい?

2018/7/23

記事監修医師

日本赤十字社医療センター、歯科・口腔外科

川俣 綾 先生

口の中に検査器具が入ると、オエッと吐き出してしまう「嘔吐反射」。この嘔吐反射がひどくて歯医者での施術が困難になってしまっている場合、どんな対策をするのがいいのでしょうか?

歯医者で嘔吐反射が出るときはどうしたらいいの?

歯ブラシを奥に入れすぎたり、胃カメラ検査でカメラが口の中にはいってくると「おえっ」と強い吐き気が起こったことはありませんか。この吐き気は嘔吐反射(おうとはんしゃ)と呼ばれ、口の中に物を入れられたときに、あるいは自分で入れたときに起こります。

嘔吐反射は人間が異物から身体を守るための大切な反射ですが、歯医者で検診や治療を受けたいときには厄介な反応となります。少しでも反応を穏やかにするためには、つぎのような対処方法があります。

鼻呼吸を練習する
普段から口呼吸が多いと嘔吐反射があらわれやすくなります。治療中は鼻からゆっくりと呼吸をしましょう。また、ふだんから鼻呼吸を意識するようにし、鼻炎など耳鼻科で治療が必要な場合は、治療を受けるようにしましょう。
あごをひいた姿勢を心がける
嘔吐反射は、治療に用いる道具だけで起こるわけではありません。自分の唾液や治療中に使われる水が刺激になって起こることもあります。治療中は、あごを少しひいた姿勢を意識して、喉の奥に水や唾液が流れ込むことを防ぐと良いでしょう。
気持ちをリラックスさせる
歯科治療に対して不安が大きいという人は、ちょっとした刺激でも反射が出てしまうことがあります。できるだけリラックスするようにしましょう。
リラックスの方法は人それぞれですが、歯医者の治療後の楽しい予定について考えたり、自分が落ち着く素材の小物を手に持ったりしていても良いでしょう。また、歯科医師の判断で、不安や恐怖心をやわらげる麻酔(笑気麻酔:しょうきますい)を用いることもあります。
歯科医に事前に相談する
初めて受診する歯科医では「嘔吐反射が生じやすい」ことを伝えましょう。治療に使う道具を工夫してくれたり、水分や唾液の吸い方を工夫してもらったりできます。また、歯科医師によっては、笑気麻酔や表面麻酔スプレーを用意してくれることもあります。表面麻酔は、胃カメラ検査などでも用いられ、口の中の反射を鈍くするための麻酔方法です。

嘔吐反射が起こる原因って?

嘔吐反射は人間の生理反射で、程度の差はありますが誰でも起こるものであり、口の中に入ってきた異物を本能的に吐き出す反応です。歯ブラシや歯磨き粉のほか、不快なにおいや味でも嘔吐反射のスイッチが入ることがあります。

嘔吐反射の起こる程度には個人差があり、舌の奥の方まで触っても平気な人もいれば、歯ブラシを少し入れただけでも気持ち悪くなるという人もいます。妊娠中など体調変化があるときにも、嘔吐反射が起こりやすくなるようです。

嘔吐反射は一度起こると何度も繰り返すこともあり、ときには食事をしたものを吐いてしまうということもあります。また、恐怖心や不安感によっても、反応が大きくなることがあります。これは、過去に嘔吐反射を起こした場面と同じ場面で、無意識に恐怖心を感じてしまいやすくなるためです。

また先述の通り、口呼吸が習慣となっているときも、嘔吐反射を引き起こしやすくなります。

おわりに:嘔吐反射が不安なときは、歯科医や歯科衛生士に相談しよう

嘔吐反射は、人間が体内に入った異物を排除したり、恐怖や不安を与えたりするもの対して抵抗するための防御反応のひとつです。しかし、歯科治療においては、スムーズな治療を妨げることもあります。嘔吐反射が少しでも軽減するように自分でできる工夫をしたり、事前に歯科医師や歯科衛生士と治療方法の相談をしたりしておくと良いでしょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

歯医者(6) 対策(72) 原因(609) 麻酔(4) 嘔吐反射(1)