サプリでの栄養補給、有効なタイミングや注意点は?

2018/8/3

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ドラッグストアや通販などで気軽に購入できるサプリメント。このサプリで不足しがちな栄養を補給している方も少なくないでしょうが、特に服用に有効なタイミングはあるのでしょうか?注意点とともにお伝えしていきます。

サプリでの栄養補給、どのタイミングで飲めばいい?

そもそもサプリは医薬品ではないため、容器には摂取量の表示はあれど、服用タイミングについての指示がないものも多いです。特に指示がなければ基本的にはどのタイミングで飲んでも構いませんが、栄養補給の目的で服用しているサプリについては、食後30分以内での服用がおすすめです。この時間帯であれば、食事で消化器官の動きが活発になっているためです。

ただ、昼食や夕食は外で食べることが多い方など、食後すぐは飲み忘れの可能性が高い方は、朝起きてすぐ、就寝前など、飲み忘れのないようなタイミングでの摂取を心がけるといいでしょう。

サプリでの栄養補給はどれくらい続けた方がいいの?

栄養補給目的でのサプリの服用効果は、目に見えてわかるものではありません。そのため、1〜2週間ですぐに服用をやめてしまう方も少なくありませんが、3ヶ月程度は続けて服用することが望ましいです。

サプリは美容面ですぐ変化をもたらすものではなく、あくまで食生活の乱れを整えるためのものです。食事内容を変えた翌日に健康になれるわけではないのと同じく、サプリも服用してすぐ効果が実感できるものはありません。効果については、長い目で見るようにしましょう。

ただし、サプリを服用してから体調が悪くなったなど、異変が見られた場合には、すぐに服用を中止してください。

サプリをお茶やコーヒーで飲むのはNG

サプリは、コップ一杯の常温の水と一緒に服用するのが基本です。お茶やコーヒーなどカフェインやカテキン入りの飲み物で飲むと、栄養素の吸収が阻害される恐れがあります。

サプリはあくまで補助的な服用を

先述の通り、サプリは医薬品ではありません。例えば、特定保健用食品(トクホ)も医薬品ではないものの、販売に向けて国に科学的な根拠を示し、有効性や安全性の審査を受ける必要があります。そのため、健康上の効果や安全性が証明されている食品ではあります。

一方、健康食品や栄養機能食品として販売されているサプリは、国の個別の審査を受けているものではありません。「健康食品」という言葉にはそもそも明確な定義はなく、健康に何らかの良い効果が期待できる食品全般という、ある意味曖昧な位置付けになります。また「栄養機能食品」は、国が定めた基準に適合していれば、個別に審査を受けずとも企業の責任で表示できることになっています。

つまり、薬剤とは違って、サプリの効能や副作用については厳密な検査が実施されておらず、はっきりしたエビデンスもないのが実情です。海外ではサプリの副作用によって死亡した事例もあるため、あくまで補助的な使用に留め、できる限り食事での栄養補給を心がけるのが望ましいです。

おわりに:食事での栄養補給をメインに!

サプリは手軽に栄養補給できる便利な代物ですが、医薬品ではないため、過信せずあくまで補助的な使用に留めるのが理想的です。日頃の栄養バランスが乱れがちという方は、なるべく自炊などをして、食材から栄養補給をするようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

タイミング(13) 栄養(27) サプリ(31) 注意点(8) 補給(4)