クラミジアの原因がわからない…ストレスや疲れで発症することってあるの?

2018/7/30

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

クラミジアは性感染症(性病のこと。STDだが、最近はSTIという名称も使われている)としてよく知られていますが、ストレスや疲れが原因で発症するケースもあるのでしょうか?「クラミジアと診断されたけれど、原因がよくわからない」という方は、ぜひご参照ください。

クラミジアの原因、ストレスや疲れの場合もある?

クラミジア感染症は、「クラミジア・トラコマティス」という病原菌が性器や直腸、喉に感染することで発症する病気です。

クラミジアには他にもクラミジア・ニューモニアなど様々な種類がありますが、この記事ではクラミジア・トラコマティスを扱います。

主な感染原因は性行為で、精液や腟分泌液など感染箇所の粘膜に存在する病原菌が、性行為を通じて相手の粘膜に接触することで感染します。

つまり、病原菌への感染が原因で発症する病気なので、クラミジアに感染していないのであれば、ストレスや疲れがきっかけで突如発症することはありません

クラミジアの原因、男性に多いのは?

男性がクラミジアを発症した場合に考えられる主な原因は、以下のとおりです。

  • クラミジア感染者の女性との腟性交
  • クラミジア感染者とのアナルセックス
  • クラミジア感染者とのオーラルセックス

先述のとおり、クラミジアの病原菌は精液や腟分泌液など感染箇所の粘膜に潜んでいるので、コンドームの装着で粘膜の接触を防ぐ方法が有効です。

しかし、近年問題となっているのが、オーラルセックスを通じてのクラミジア感染です。腟性交やアナルセックスのときにはコンドームを装着していても、オーラルセックスのときに未装着なら、それが原因で感染することがあるのです。具体的には、咽頭クラミジア(喉にクラミジアが感染している状態)感染者からフェラチオをされた、あるいは性器クラミジア感染者にフェラチオをしたことで感染することがあります。後者の場合は喉に感染することで、咽頭クラミジアを発症します。
また、クラミジア感染者の女性にクンニリングスをした場合も、同様に咽頭クラミジアを発症する恐れがあります。

クラミジアの原因、女性に多いのは?

女性がクラミジアを発症した場合に考えられる主な原因も、概ね男性と同様です。「クラミジア感染者との腟性交」「クラミジア感染者とのアナルセックス」「クラミジア感染者とのオーラルセックス」によって感染することがあります。

クラミジアの原因がわからない…セックスをせずに感染することってないの?

まれに、セックスをしてないのにクラミジアに感染してしまうケースも存在します。それは、ディープキスによる感染です。相手が咽頭クラミジアの感染者だった場合は、口の中にいた病原菌が侵入してくることで感染する恐れがあります。
ただ、厚生労働省は「仮にパートナーが口腔内に淋菌やクラミジアを有していても、通常のキス程度であれば感染が成立するほどの暴露がないため、感染リスクは極めて低い」という見解を示しています。

また、病原菌のクラミジア・トラコマティスは非常に生命力が弱く、人の体内から出てしまうと長く生きることはできません。そのため、お風呂にいっしょに入ったり、タオルを共有したりしても感染することはほぼないとされています。

おわりに:ストレスや疲れが原因で、クラミジアを発症することはない

クラミジアは基本的に性行為で感染するため、ストレスや疲れが溜まったのが原因でいきなり発症するということはありません。コンドームなしでのオーラルセックスや、またまれではありますがディープキスが原因で感染する可能性もあるので、よく知らない人との接触には十分注意しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

疲れ(25) ストレス(367) 女性(71) 原因(609) クラミジア(33) 男性(41) キス(13) わからない(2)