クラミジアに感染するとどんな症状が出る? 子供も感染することってある?

2018/8/2

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

クラミジアは、よく名前の知られた性感染症(STDだが、最近はSTIという名称も使われている)ですが、実際感染するとどんな症状が出るようになるのでしょうか?また、大人だけでなく子供が感染する可能性もあるのでしょうか?以降で解説していきます。

クラミジアに感染するとどんな症状が出る?

クラミジア感染症は、「クラミジア・トラコマティス」という病原菌が性器や直腸、喉に感染したことで発症する性病(性感染症)の一種です。

なお、クラミジアには他にもクラミジア・ニューモニアなど様々な種類がありますが、この記事ではクラミジア・トラコマティスを扱います。

クラミジアに感染すると、1~3週間程度の潜伏期間を経て、以下のような症状が出ることがあります。

 

クラミジアの症状:男性の場合

  • 尿道のかゆみ、不快感
  • 軽い排尿痛
  • 尿道から少量の膿(透明~乳白色でさらさらしている)が出る
  • 副睾丸の腫れ
  • 軽い発熱

クラミジアの症状:女性の場合

  • おりものの量が少し増える
  • おりものの色(黄色っぽくなる)や匂いが変わる
  • 不正出血
  • 排尿痛
  • 性交痛
  • 下腹部痛

クラミジアの症状:咽頭クラミジアの場合

オーラルセックスなどを通じて、喉の粘膜に感染する咽頭クラミジアを発症した場合は、以下のような症状が現れることがあります。

  • 軽い喉の痛み
  • 軽い喉の腫れ
  • 軽度の発熱

クラミジアに感染しても、無症状のケースも多い!

ただ、クラミジアに感染してもその多くは無症状で、女性のおよそ8割、男性のおよそ5~6割はほとんど自覚症状が出ないといわれています。しかし、感染したまま放置していると女性の場合は卵管炎や子宮内膜炎、子宮外妊娠、不妊症などの原因に、男性の場合は尿道炎や精巣上体炎、男性不妊症などの原因になる恐れがあるので注意が必要です。

また、咽頭クラミジアの感染者も、そのほとんどは自覚症状が出ない傾向にあります。

子供がクラミジアに感染することもある?

女性がクラミジアに感染した状態で出産すると、生まれてくる子供が30~50%の確率で産道感染を起こす可能性があるとされます。もし子供が産道感染を起こした場合は、以下の症状を引き起こす恐れがあります。

  • 目が赤くなる、目やにが増える(クラミジア結膜炎)
  • 咳が出て、哺乳力が低下する(クラミジア肺炎)

クラミジア結膜炎の症状は、出生後およそ1週間前後で見られ、肺炎の症状は出生後およそ1ヶ月前後で見られる症状です。クラミジア肺炎で命を落とす可能性はそこまで高くありませんが、呼吸機能障害を起こしたりする恐れがあるので、咳が止まらない場合は早めに産院か小児科を受診してください。

おわりに:クラミジア感染者の多くは無症状。定期的な性病検査を

クラミジアに感染すると、性器のかゆみや排尿痛、喉の痛みなどの自覚症状が出ることもありますが、実は感染者の多くは無症状です。知らない間にパートナーに感染させてしまったり、不妊症など別の病気の原因となる恐れもあるので、定期的に性病検査を受ける習慣をつけるようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

子供(199) 女性(71) 感染(52) 症状(559) クラミジア(33) 男性(41) 咽頭クラミジア(5)