女性の梅毒の初期症状って?かゆみやおりものに変化はあるの?

2018/8/3

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

誰もが一度は名前を聞いたことのある「梅毒」。主に性行為によって感染する性病(性感染症)ですが、女性が感染した場合どんな初期症状が出るのでしょうか?

女性の梅毒の初期症状って?

梅毒とは、「梅毒トレポネーマ」という病原体に感染して起こる性病です。感染から「3週間後」「3ヶ月~3年後」「3~10年後」「10年後」と段階を経て、性器や皮膚など全身に特徴的な症状が現れるようになります。
以降では、その中でも女性の感染者に初期にみられる症状についてご紹介していきます。

性器周辺のしこり

小陰唇や大陰唇周辺の皮膚や腟に、軟骨のような硬さの小さなしこりが発生します。「初期硬結(しょきこうけつ)」と呼ばれるもので、基本的に痛みやかゆみは伴いません

これは梅毒の中でも代表的な初期症状ですが、女性の性器は中に入り込む構造をしているので、特に腟に発生した場合は自覚しにくい傾向にあります。
なお、オーラルセックスによって口や喉に感染した場合は、口の中の粘膜や咽頭周辺の粘膜に発生することがあります。

しこりの潰瘍化

先述のしこりの中心部が潰瘍化し、びらんになります。潰瘍化しても、基本的には痛みやかゆみは発生しません。

太ももの付け根あるいは喉のリンパ節の腫れ

性器周辺から梅毒に感染することで、両脚の(片足の場合もある)太ももの付け根あたりのリンパ節が腫れます。痛みは伴いません。
なお、オーラルセックスによって咽頭から梅毒に感染した場合は、頸部のリンパ節が腫れることもあります。

バラ疹

体や手足、顔などにバラの花びらのような、爪くらいの大きさのピンク色のアザが出現します。痛みやかゆみなどは伴わず、数週間ほどで自然に消失します。

赤茶色の丘疹

バラ疹ができてから数週間後に、体幹や手足、顔、手のひら、足の裏などに、赤茶色をした小豆~えんどう豆くらいの大きさの丘疹が多発します(丘疹性梅毒疹)。

感染箇所のピンク色~薄灰色のコブ

小陰唇や大陰唇周辺の皮膚や腟などの感染箇所に、痛みやかゆみを伴わないピンク色~薄灰色のコブが多数発生します。「扁平コンジローマ」と呼ばれる症状です。
なお、女性器付近以外にも、まれに脇の下や乳房下部に発生することがあります。

手のひらや足の裏の発疹

手のひらや足の裏に、銀白色のフケのようなもののついた赤茶色の発疹が出現します(梅毒性乾癬)。

白い斑点

体幹や頭部、頸部、手足の皮膚の一部が脱色したように白くなる、白斑症状が見られることがあります。またこれに伴い、脱毛症状が起こることもあります。

喉の奥の腫れ

喉や扁桃が赤く腫れたり、ふやけたりといった症状が見られることがあります(梅毒性アンギーナ)。

女性の梅毒でおりものに変化が出ることってあるの?

ご紹介したように、梅毒の場合はおりものの症状が現れることは基本的にはありません。おりものが臭い、量が増えたなどの異常が現れた場合は、主に以下の原因が考えられます。

  • カンジダ腟炎:カッテージチーズ状の白くぽろぽろしたおりもの、性器の強いかゆみ
  • 細菌性腟炎:おりものから魚の腐ったような悪臭、性器の強いかゆみ
  • トリコモナス腟炎:泡状で黄緑色がかったおりもの、強い悪臭
  • 淋菌感染症:黄緑色がかった悪臭のあるおりもの、下腹部痛
  • 性器クラミジア:おりものの量の微増
  • 子宮体がん、子宮頸がん:赤褐色、茶褐色のおりもの

おわりに:梅毒では、おりものの変化は基本的にはみられない

女性が梅毒を発症した場合は、性器付近のしこりや潰瘍、バラ疹など皮膚症状が中心に出るようになります。基本的にはおりものに影響することはないので、おりものに異常がみられた場合は別の疾患を疑いましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

かゆみ(79) 女性(71) 初期症状(27) おりもの(40) 梅毒(28)