胸焼けの症状ってどんな感じ?更年期の症状の場合もあるの?

2018/8/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

胸焼けは老若男女誰にでも起こりますが、具体的にどのような症状があるのでしょうか。
今回は胸焼けの症状について、そのメカニズムや他の病気のシグナルである可能性、また症状が出たときの適切な対処法などを解説していきます。

胸焼けってどんな症状なの?

胸焼けの代表的な症状としては、以下の2つがあります。

  • 肋骨の下あたりが、締め付けられるような感覚がある
  • みぞおちから肋骨にかけて、食道が焼け付くようにチリチリ痛い

このような胸焼けが起こるのは、以下のようなメカニズムで暴飲暴食や精神的ストレスが胃や自律神経への過負荷を起こし、胃の働きが低下することが原因と考えられています。

胸焼けのメカニズム

  1. 食べすぎや飲みすぎ、ストレスで胃に過度な負担がかかる
  2. 負担がかかった胃の粘膜は荒れ、自律神経の働きも乱れて胃酸分泌リズムも崩れる
  3. 胃酸が過剰分泌され、食道への逆流や胃粘膜の損傷が起こることで、胸焼けが現れる

更年期に胸焼けの症状はある?

食べすぎや飲みすぎ以外に、更年期障害の症状として、胸焼けが現れることがあります。
これは、更年期で女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が減少すると、自律神経にも乱れが生じ、胃の働きや消化機能にも影響を及ぼすためです。

胃の働きには自立神経が深くかかわっているため、更年期障害によって胃の働きが低下し、胸焼けが引き起こされる可能性は十分に考えられます。

胸焼けの症状が病気のサインになっていることも・・・?

みぞおちから肋骨までが痛み、不快感を伴う症状は、単なる胸焼けではなく他の病気の症状の1つとして出ている可能性もあります。
以下に、胸焼けを伴う4つの病気をご紹介しますので、確認してくださいね。

逆流性食道炎

加齢、慢性的な暴飲暴食、肥満などが原因で胃酸が食道に逆流しやすくなり、食道に炎症が起こる病気です。
胸焼けのような症状が食後に起こりやすいなら、この病気かもしれません。

慢性胃炎

ピロリ菌の繁殖や慢性的な暴飲暴食、ストレスによって胃粘膜が弱まり、炎症が慢性化して急激な胃痛や吐き気、胃もたれ、膨満感などを伴う病気です。
胸焼けと一緒に急激な胃痛、吐き気、げっぷなどの症状があれば、罹患の可能性があります。

胃潰瘍

ピロリ菌の繁殖、ストレス、非ステロイド・ステロイド系の消炎鎮痛剤などが胃粘膜を傷つけてしまい、傷口から胃が溶かされることで穴が開いてしまう病気です。
ズキズキとした重苦しい痛みが、食事中から食後にかけてみぞおちに現れるのが特徴です。

十二指腸潰瘍

ピロリ菌の繁殖やストレス、非ステロイド・ステロイド系の消炎鎮痛剤が胃粘膜に傷をつけ、そこから漏れ出した胃酸や消化酵素が、十二指腸壁を溶かしてしまう病気です。
空腹時、睡眠時にみぞおちの痛みが出やすいのが特徴です。

胸焼けの症状にどう対処すればいいの?

胸焼けが出たときは、すぐに以下の対処法をとると、症状を軽減できる場合があります。

  • 胃粘膜を守る働きのある牛乳を飲む
  • 唾液を分泌するチューインガムを食べて、胃酸を中和する
  • おなかを締め付ける衣服やベルトを避けて、胃酸の逆流を防ぐ
  • 寝るときには背中の下にクッションなどを入れて、上半身を20~30°起こす
  • 原因にあわせて、消化酵素配合や神経性胃炎に効果のある市販薬を服薬する

上記の対処を行えば、急性・一時的な胸焼けの症状なら、緩和することができるでしょう。

ただし、胸焼けが長期間頻繁に起こるなど慢性化していたり、胸焼けとあわせて胃痛や吐き気など他の症状が見られる場合は、他の病気が潜んでいる可能性もあります

症状が長引くようなら我慢せずに、内科・消化器科・胃腸科のある病院を受診して、詳しい原因を調べたうえで治療を受けることをおすすめします。

おわりに:胸焼けの症状はみぞおちの痛み!更年期障害や他の病気の症状かも

胸焼けによる肋骨からみぞおちにかけての痛み・不快感は、ストレスや暴飲暴食による胃と自律神経の機能低下が原因で起こります。ただし、自律神経の働きと深いかかわりのある更年期障害や、その他の消化器系疾患の症状として現れているケースもあります。原因をはっきりさせ、適切な治療を受けるには医師の診断が必要ですので、症状が長引くなら内科・消化器科・胃腸科の病院を受診してください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

更年期(40) 症状(559) 胸焼け(27) 病気(71) 逆流性食道炎(31) 胃潰瘍(53) 慢性胃炎(16) 十二指腸潰瘍(27)