ストレスが胸焼けの原因になるのはどうして?対処法はある?

2018/8/22

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

肋骨からみぞおちにかけて、胃の入り口や食道のあるあたりがチリチリと痛んだり、締め付けられるような感覚のする胸焼け。
今回は胸焼けの原因について、ストレスで胸焼けが起こる場合に考えられる病気や、ストレスによる胸焼け症状が出たときの対処法などを解説していきます。

ストレスが胸焼けの原因になるって本当?

胸焼けは、ストレスの影響を受けやすい自律神経の作用と深くかかわっているため、ストレスが原因となって胸焼けになる可能性は十分にあります。

胸焼けを起こすストレスの具体例としては、以下のようなケースが考えられます。

  • 働く時間量や質、適性が合わないなど、仕事によるストレス
  • 職場や近隣、家族、親戚、友人や知人との人間関係
  • パソコンやスマートフォンを使い続けることに伴う、テクノストレス
  • きまじめで完璧主義な性格など、ストレスをためやすい性格
  • 睡眠不足により、心身の休息が不十分になることへのストレス   など

人間が生きていくうえで、多少のストレスがかかるのは仕方のないことです。しかし、その人にとって過度なストレスを受け続けると、負荷に身体が耐えられなくなり、人間の生命活動に必要な機能を司る自律神経に異常をきたし、心身に不調が現れます。
これを自律神経失調症といい、その一環として胃や十二指腸の機能が低下し、胃酸の逆流から胸焼けが起こることがあるのです。

ストレスで胸焼けがするときに考えられる病気は?

ストレスから胸焼けが起こっている場合、単なる胸焼けだけでなく、以下のような消化器官の病気が潜んでいるかもしれません。

慢性胃炎
ピロリ菌繁殖や薬剤による副作用のほか、ストレスによって自律神経のバランスが崩れた結果、胃の粘膜の機能が弱まり、胃の内部で炎症が慢性化してしまう病気です。
症状として胸焼け、胃痛、胃もたれ、膨満感、吐き気、げっぷなどが繰り返されます。
神経性胃炎
ストレスから自律神経が失調し、胃酸の分泌が過剰になることから胃酸が逆流し胸焼け、のどがつかえる、胃痛、抑うつ状態などの症状が起こる病気です。
胃潰瘍
ピロリ菌、非ステロイド・ステロイド系の消炎鎮痛剤、またはストレスなどによって胃粘膜が傷つき、その傷口から胃酸・消化酵素が胃壁を溶かしてしまう病気です。
胃に穴が開いてしまうこともあり、みぞおち付近のズキズキとした痛みが食中から食後にかけて起こり、胸焼けも伴うのが大きな特徴です。

胸焼けと一緒に上に挙げたような症状がみられる場合は、病気の症状である可能性が高いので、要注意です。

ストレスによる胸焼けに対処するには

ストレスによる胸焼けに対処するには、胸焼けそのものの症状を緩和し、かつストレスを軽減する工夫を一緒に行うのが効果的です。

以下に、ストレスによる胸焼けへの対処法を4つご紹介しますので、参考にしてください。

胃酸の逆流を招く、締め付けの強い服装は避ける

胸焼けの症状があるときは、服やベルトで胃を圧迫していると悪化する恐れがあります。そのため、逆におなかを強くしめつけない、ゆったりとした服装を心がければ、症状が軽減される可能性があります。

就寝時に胃酸が逆流しないよう、寝姿勢を工夫する

横になったときや、寝ているときに胸焼けの症状が起こりやすいなら、横になるときの姿勢を工夫することで予防できます。
就寝時に身体の下にクッションを入れ、20~30°体を起こすようにすると効果的です。

リラックス効果のある深呼吸を習慣化する

自律神経のバランスを整え、リラックスさせてくれる腹式の深呼吸を習慣化しましょう。
脱力しておなかをへこませながらゆっくり息を吐きだし、おなかを膨らませながら息を吸い込むのを1日に何度か繰り返すと、ストレスが軽減されます。

蓄積されたストレスから解放するため、心身をゆっくり休める

心身を休めることは、ストレスによる不調からの回復に有効であり、必要な行為です。辛いときに休むことは、決して悪いことではありません。
何も考えずにぼーっとする、好きなことだけをして過ごす、十分な睡眠をとるなど、気持ちを楽にして休息をとってください。

上記のような対処法を実践しても症状が良くならなかったり、長期間にわたってストレスによる胃痛や胸焼けの症状があるときは、医師の診断・治療を受ける必要があります。
ストレスで辛いときは我慢をし過ぎないで、早めに内科・消化器科などがある病院に行ってください。

おわりに:ストレスが自律神経のバランスを乱すと、胸焼けが起こることがある!

胃酸の分泌をはじめ、胃や十二指腸の働きは自律神経と深くかかわっています。このため、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、その影響を受けて胃酸の分泌過剰や胃の機能低下が起きて、胸焼けが起こることがあるのです。

ストレスによる胸焼けには、衣服や日常生活を工夫することで対処できますが、長引くなら医師による治療が必要です。辛いときは我慢しないで、早めに内科・消化器科がある病院に行きましょう。

この記事に含まれるキーワード

ストレス(355) 原因(613) 胸焼け(27) 対処法(193) 胃潰瘍(50) 慢性胃炎(14) 胃酸(10) 神経性胃炎(3)