はしかの抗体検査を受けるべきなのは?抗体検査の結果はいつわかる?

2018/8/15

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

定期的に流行する「はしか」。抗体を持っていない人は、感染の機会があればほぼ100%感染するといわれていますが、抗体検査を受けたほうがいいのは具体的にどんな人でしょうか?検査結果がわかる時期や費用など、気になる情報をお届けしていきます。

はしかの抗体検査を受けたほうがいい人は?

はしか(麻疹)は、はしかウイルスが原因の病気です。非常に強い感染力を持ち、空気中に含まれるウイルスを吸い込むことで感染します。一度感染したり、予防接種を受けたりして、体内にはしかの抗体を持っていれば、たとえウイルスが体内に入ってもウイルスの働きを抑えることができます。しかし、はしかの抗体を持っていない人は、ほぼ症状があらわれるといわれています。

全身の発疹と高熱が主な症状ですが、肺炎や脳炎などを合併し、命にかかわることもあります。また、妊娠中にはしかを発症すると胎児に影響があらわれることがあります。

はしかに感染したかどうかや、子供のころに予防接種を2回受けたかどうかがあいまいなときは、はしかの抗体が身体の中にあるかどうかがはっきりしません。また、はしかの抗体は、一生あるとは限らず、抗体が消えてしまっていることもあります。

体内に抗体があるかどうかは、医療機関で検査することができます。ただし、抗体検査は保険がきかず自費診療となります。また、検査を受けて抗体がないとわかりワクチンを注射する際には、別に料金が必要です。

抗体検査もワクチンの摂取も、料金は医療機関によって異なります。抗体検査は5000円前後、ワクチン摂取は風疹とはしかの混合ワクチンで数千円〜1万円程度が目安となります。希望するときは、いくつかの医療機関に問い合わせてみると良いでしょう。

また、自治体によっては抗体検査やワクチン接種が無料になったり、助成が行われていることがあります。居住地の自治体で助成が行われていないか、また自分や家族が対象になっていないかを確認してみましょう。

はしかの抗体検査の結果はいつわかる?

はしかの抗体検査は検査をした日に結果がでるわけではなく、検査を受けてから3~5日程度で結果がわかることが多いでしょう。検査結果が(−)や(±)の場合は、はしかの抗体がない、あるいは、あっても非常に少ないということを表しています。

ワクチンを接種しても、すぐに抗体がつくられるわけではありません。先伸ばしにせず、早めにワクチン接種をしましょう。

ところで、抗体検査を受けないと、はしかのワクチン接種はできないの?

抗体が身体にあったとしても、はしかのワクチン接種を受けても問題はありません。抗体検査で抗体がないと判明してワクチン接種をすることになると、検査とワクチン接種の両方の費用が必要です。そのため、はしかについて不安がある人は、抗体検査をせずにワクチン接種を受けてしまっても良いでしょう。

おわりに:はしかの抗体をもっているか不安な人は、早めに抗体検査を受けよう

はしかは発疹と高熱を特徴としますが、合併症が起こって命に関わることもある怖い病気です。感染力が非常に強いため、体内に抗体をつくって予防をすることが大切です。

自分や家族が抗体を持っているかどうか曖昧なときには、抗体検査をすることで確認ができます。また、抗体の有無にかかわらず、ワクチンを接種することは可能です。ワクチンを接種しても抗体はつくられるまでに時間がかかります。早めに検討してみましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ワクチン(53) 費用(26) はしか(12) いつ(1) 結果(5) 抗体検査(3)