切れ痔(裂肛)にオロナイン®を塗れば治るって本当?

2018/8/28 記事改定日: 2019/9/18
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

切れ痔はオロナイン®を塗ることで治すことはできるのでしょうか?切れ痔に有効な薬や手術の方法など、治療全般について解説していきます。

切れ痔(裂肛)はオロナイン®で治せる?

オロナイン®(オロナイン®H軟膏)に配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩液には傷口を消毒して化膿を防ぐ作用がありますが、痔に対する効果・効能は認められていません。

そのため、消毒目的で使用することはできますが、痔の腫れ・痛み・かゆみ・出血などを治す効果はありません

オロナイン®の効能・効果
手指・皮膚の消毒、手術部位の皮膚の消毒、医療機器の消毒、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒

切れ痔(裂肛)はどうすれば治るの?

切れ痔(裂肛)の治療では、主な原因となる便秘や下痢を予防し、裂傷を治すことを目的とした保存療法が中心となります。ただし、肛門括約筋の炎症により狭窄が起きている場合は、手術を行う必要があります。

基本的には、痔の症状悪化を防ぐため食生活や排便習慣の改善を行い、必要に応じて薬物療法を行います。

排便習慣の改善

排便を我慢しない

便意は、便が直腸の壁にある圧受容体を圧迫することにより発生します。便意を我慢する圧受容体の感覚が鈍くなり、やがて便意を感じることができなくなってしまいます。

便を出し切ろうとしない

便意を感じたときは、直腸まで便が届いている状態のため、最初のいきみでほとんどの便が排出されます。残った僅かな便を排出するために、トイレに長時間いることは肛門に負担をかけ痔の原因となるため、排便時間は3分以内にとどめるようにしましょう。

便は完全に出し切らなくても健康に影響を及ぼすことはないため、心配する必要はありません。

排便後は清潔に

排便後にトイレットペーパーで拭くだけでは肛門の皺に便をすりこむだけで、清潔に保つことが難しいため、温水洗浄便器を活用して肛門を洗浄・乾燥させるようにしましょう。

外用剤(軟膏、坐剤など)

疼痛・出血・膨張などの症状の緩和や、粘膜の保護、潤滑油などの目的で軟膏剤や坐剤が使用されます。
坐剤や注入軟膏は内痔核への使用に適しており、直接患部に塗ることができる軟膏は外痔核に適しています。また、術後創や裂肛などで強い疼痛がある場合は、挿入時の痛みが比較的少ない注入軟膏の使用が適しています。

内服剤

基本的には緩下剤や抗生物質などが使用され、痛みの程度が強い場合には非ステロイド性抗炎症薬などが使用されることがあります。

切れ痔のときにおすすめの市販薬は?

切れ痔に効く薬は、塗り薬や注入薬など様々なタイプのものが市販されています。いずれも出血や炎症、痛みを抑える成分などが含まれており、切れ痔の辛い症状を緩和する効果が期待できます

塗り薬としてはプリザエース®軟膏、ボラギノーザ®軟膏、シリーナ®、ドルマイン®軟膏、注入薬としてはプリザエース®注入軟膏、ボラギノーザ®軟膏などがおすすめです。

ただし

  • 排便の度に多量の出血を繰り返す
  • 市販薬を使用しても症状が改善しない
  • 肛門に非常に強い痛みがある
  • 肛門が腫れている

などの場合は、市販薬では対処できない重度な切れ痔や化膿した切れ痔の可能性があります。
このようなときは市販薬の使用を中止し、病院を受診するようにしましょう。

おわりに:オロナイン®は痔に対する治療効果はない

オロナイン®は痔の腫れ・痛み・かゆみ・出血などを治す効果はありません。切れ痔の薬物療法では、軟膏や坐薬、緩下剤、抗生物質などが使用されます。ただし、痔核が頻繁に肛門外に脱出する場合や、出血により貧血が起こる場合などは手術を受ける必要があるため、医療機関で適切な治療を受けましょう。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

薬(189) 切れ痔(19) 裂肛(22) 手術(138) 軟膏(13) 治る(17) オロナイン(3)