切れ痔が自然治癒する可能性ってあるの?ひどい痛みでも治る?

2018/8/30

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

切れ痔は放置しておいても治ることはあるのでしょうか?また、強い痛みがある場合でも自然治癒する可能性はあるのでしょうか?以降で解説していきます。

切れ痔(裂肛)ってどんな病気?

裂肛(切れ痔)とは、硬い便が出る、お尻の冷えにより肛門括約筋の弛緩がうまく機能しなくなる、トイレットペーパーで強く拭きすぎることなどが原因となり、肛門上皮が硬くなり、柔軟性が減少することで肛門が裂けている状態のことです。

裂肛ができる肛門上皮は、感覚に敏感な場所のため、排便時には強い痛みや出血を伴います。また、裂肛の初期の状態である浅い裂傷を何度も繰り返すことで慢性化すると、肛門が狭まることで便が細くなる、肛門ポリープや見張りイボができる、肛門狭窄になるなど状態が悪化します。

切れ痔(裂肛)は自然治癒する?

初期の状態や、症状が軽いものであれば自然に治る可能性もありますが、必ずしも自然治癒するとは限らず、放置することによって症状が悪化して手術が必要となることもあります。長期間痛みや腫れが続く場合や、市販薬を使用しても症状が改善されない場合は悪化している恐れがあるため、すぐに専門医を受診しましょう。

切れ痔(裂肛)の痛みがつらいときは病院で診てもらおう

切れ痔は硬い便や下痢が続くことにより肛門周辺の皮膚や粘膜が傷つき、痛みや少量の出血を伴う状態のことです。
症状が慢性化すると、ポリープ化したり痔瘻(じろう)になったりする可能性があるため、初期の状態で治療することが大切です。

痔瘻とは、肛門小窩(こうもんしょうか)と呼ばれるヒダに細菌が侵入し、化膿性の炎症が起こることで穴が空く状態のことで、手術をしなければ完治できない痔とされています。症状が悪化すると、発熱などの全身症状、敗血症、がん化する可能性があるため、必ず医療機関を受診して治療を受けましょう。

痔を改善するためには、食生活や排便生活の改善や、肛門を清潔に保つことなどが重要です。市販薬を使用しても症状が改善されない場合は、医療機関を受診しましょう。

おわりに:悪化する前に医療機関で診てもらいましょう

切れ痔は、初期の状態や症状が軽いものであれば自然に治る可能性もありますが、放置することによって症状が悪化して手術が必要となることもあるため注意が必要です。特に、長期間痛みや腫れが続く場合や、市販薬を使用しても症状が改善されない場合は悪化している恐れがあるため、すぐに専門医を受診する必要があります。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

切れ痔(19) 裂肛(22) 痔瘻(7) 自然治癒(11)