嚥下障害のリハビリですることは?リハビリは何科で受けられる?

2018/10/20

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

嚥下障害はシニア世代が発症しやすい病態ですが、最近はストレスなどの影響から、“飲み込みにくさ”を感じている若者も増えています。しかし、嚥下障害はリハビリを行うことで症状が軽減されることが多いです。今回は嚥下障害のリハビリについて説明します。

嚥下障害のリハビリってどんなことをするの?

嚥下障害の症状が出た場合、リハビリとして基礎訓練と摂食訓練を行います。

<基礎訓練>

口腔ケア
誤飲による肺炎などを防ぐべく、口腔衛生を保つケアを実施します。
嚥下体操
深呼吸や口の体操などを行い「飲み込む力」を養います。
咀嚼訓練
嚥下には噛む力も重要ですので、ガムなどを噛んで噛む筋肉を鍛えます。

さらに、発音訓練、舌・唇・頬などの口腔周囲マッサージ、唾を飲み込む嚥下反射訓練・嚥下訓練、喉周辺のアイスマッサージ等々、基礎訓練の内容はさまざまです。症状や体調に合わせながらリハビリを行うことが重要になります。

<摂食訓練>

スライス型ゼリー丸飲み法
飲み込みやすい板状ゼリーを飲み込む訓練をします。
交互嚥下法
ほぐした魚料理などの固形物と、ゼリーなどの流動物を交互に食べる練習をします。固形物の残留を防ぐ嚥下訓練法です。
反復嚥下法
食べ物を嚥下した後、空嚥下を行い、口の中に食べ物が残ることを防ぎます。

上記の訓練以外にも色々な摂食訓練がありますが、摂食訓練は誤嚥などの危険を伴うリハビリです。そのため、医療機関による摂食訓練では、まず食べ物を飲み込みやすい形に調整したり、その人にふさわしい「一口」の量を調整したりして事故を防止しています。摂食訓練を行う場合は、医師などの指示を仰ぐべきでしょう。

嚥下障害は何科の医師に診てもらえる?

「嚥下障害かも……」と思ったときは、以下の医療機関を受診すると相談にのってもらえます(受診する前に、必ず電話などで医療機関に問い合わせてください)。

<嚥下障害に対応している医療機関>

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 歯科
  3. 歯科口腔外科
  4. リハビリテーション科
  5. 消化器科
  6. 神経内科 など

近年、嚥下障害の症状を訴える人の増加にともない、言語聴覚士や嚥下障害を専門とする看護師といった嚥下障害の専門家も増えています。しかし、まだ十分な人数とは言い難いのが現状です。「本格的なリハビリをしたい」と思う方は、嚥下障害の専門家が常駐する医療機関を選ぶと良いでしょう。

おわりに:嚥下障害のリハビリは楽しく!

嚥下障害のリハビリは1回で終わるものではなく、毎日続けるものです。楽しく続けていけるように、リハビリは前向きな気持ちで実施するのがポイントです。リハビリで嚥下障害の症状を軽減させれば、美味しくご飯が食べられるようになるでしょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

嚥下障害(13) 誤嚥性肺炎(17) 嚥下障害のリハビリ(1) 摂食訓練(1)