フレイル、サルコペニア、ロコモの違いって?

2018/11/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

高齢化社会に伴い、近年何かと耳に挟むことのある「フレイル」「サルコペニア」「ロコモ」といった言葉。一度聞いても、似たようなカタカナでぱっと意味がわかりにくいですが、それぞれどういった違いがあるのでしょうか?

フレイルって?

フレイルとは、「加齢に伴い身体の予備能力(運動機能や筋力、認知機能)が低下し、健康障害を起こしやすくなっているが、適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態」のことです。健常から要介護に移行する途中の段階ともいわれています。

フレイルは、「虚弱」「老衰」といった意味をもつ海外の老年医学用語「Frailty(フレイルティ)」を由来とした言葉ですが、「正しく介入すれば戻る」という意味合いを強めるため、「フレイル」という共通の日本語訳にするよう、日本老年医学会が2014年に提唱しました。

フレイルの定義って?どんな症状があれば該当するの?

フレイルについて統一された評価基準はありませんが、日本ではFried氏らが提唱した下記の基準に基づいて評価されることが多いです。

  • 体重の減少(6か月で2~3kg以上)
  • 疲れやすい
  • 歩行速度の低下(1.0m/秒未満)
  • 握力の低下(男性:26kg未満、女性:18kg未満)
  • 身体活動の低下(軽い運動あるいは定期的な運動をしていない)

上記のうち3項目以上に該当する場合は、フレイルに該当します。なお、1~2項目の場合はフレイルの前段階・プレフレイルに該当します。
また、こうした身体的な症状だけでなく、閉じこもりがちになったり、認知機能や判断力が低下したり、うつ状態になったりと精神的な症状も現れることがあります。

サルコペニアって?フレイルとの違いや関係は?

サルコペニアとは、ギリシャ語で「筋肉」を意味するサルコ(sarx)「喪失」を意味するペニア(penia)を組み合わせた言葉で、加齢に伴い筋肉量が減少し、筋力や身体機能が低下した状態のことです。QOLの低下や転倒、骨折、寝たきりなどのさまざまなリスクを生じさせます。

サルコペニアもフレイルも、加齢に伴う機能低下を意味する言葉ではありますが、フレイルは筋力や運動能力、認知機能の低下、日常生活の活動性減少、疲労感、低栄養、体重減少など概念が大きいのに対し、サルコペニアは筋肉量の減少が主体という点で異なります。

ただ、サルコペニアとフレイルは別の概念ですが、サルコペニアはフレイルを招く要因のひとつではあります。フレイルは、筋力の低下→活力の低下や疲労感→身体機能や活動量の低下→食欲や食事摂取量の減少→低栄養→筋力の低下…というふうに悪循環を辿るのが特徴で、そのサイクルの一要因として筋力の低下、つまりサルコペニアは大きく関係しているからです。

ロコモって?フレイルやサルコペニアとはどう違うの?

ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは、骨や関節、神経などの運動器の衰えによって、立つ・歩くといった移動動作が困難になり、介護が必要な状態、または介護を必要とする可能性が高い状態のことです。簡単にいうと、足腰が弱くなり、寝たきりや要介護状態になりやすい状態を指します。

ロコモに至る原因としては、骨折や骨粗しょう症などの骨の障害、変形性脊椎症や変形性関節症といった関節や椎間板の障害、そしてサルコペニアや麻痺などの筋肉や神経の障害があります。つまりロコモはサルコペニアを含む状態であり、同時にフレイルの一部にもロコモは含まれます。

おわりに:家族や自身の健康のために、3つの言葉の意味を理解しておこう

フレイル、サルコペニア、ロコモの違いや関係についてお伝えしました。この3つは別々の意味をもちつつも、それぞれが深く関わりあっています。ご家族の健康維持のために知っておきたい言葉ではあるので、それぞれの予防策も含め、いまのうちに理解を深めておきましょう。

この記事に含まれるキーワード

高齢者(83) 寝たきり(9) フレイル(1) サルコペニア(1) ロコモ(1)