直腸瘤になるとどんな症状が出てくる?どうすれば治るの?

2018/12/7

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

出産経験のある女性に多い病態、「直腸瘤」をご存知ですか?今回はこの直腸瘤で特徴的な症状や治療法など、全般的な情報をお伝えしていきます。

直腸瘤ってどんな病気?

直腸瘤とは直腸腟壁弛緩症、直腸ポケット、レクトシールともいわれており、女性の便秘の原因としてよく知られている疾患です。
排便の際に直腸に圧が加わることで直腸の前側が腟の中に向かって膨らんでくる状態のことをいいます。

直腸瘤は、直腸・子宮・膀胱などが腟から脱出する骨盤臓器脱のひとつに分類されており、排便障害の1つともなっています。
直腸瘤ができる原因としては、加齢によって女性ホルモンが減少して骨盤臓器を支える筋肉や靭帯が弱くなる、出産によって腟周囲の組織が傷ついて弱くなる、習慣的ないきみや肥満などによって骨盤内の圧が高くなり、腟に圧力がかかることなどが考えられています。

このことから、直腸瘤は出産経験のある更年期以降の女性に起こりやすい傾向にありますが、ごくまれに男性でも発症することがあります。重症化すると腟に指を入れないと排便ができなくなります。

直腸瘤になるとみられる症状は?

直腸瘤になるとみられる症状で、最も多いのが排便障害です。残便感がある、便がスムーズに出ない、ひっかかるという自覚症状に加えて腟方向にせり出した直腸内に便がはまりこんでしまうことによる便秘があげられます。

また腟の脱出も主症状のひとつで、腟がピンポン玉のようにふくらんでいるような自覚症状が出てきます。このほかに、便通が異常になっていることから痔核裂肛の症状である肛門の腫れや痛みを自覚する人もいます。

しかし直腸瘤によって排便困難などの症状が出る人は一部であり、ほとんどの人は無症状で経過することが多いとされています。

直腸瘤の治療法は?

直腸瘤の治療方法は保存的治療法と手術療法の2種類があります。直腸瘤が小さい場合にはまず保存的治療が行われますが、保存的治療を行っても改善されない、用指排便でないと排便できないという場合には手術が選択されます。

保存的療法

保存的療法とは、薬物を使用したり日常生活を見直したりする治療法のことをいい、軽症の直腸瘤に対して行う治療です。

薬物療法では便を軟らかくして、排便を楽にする作用をもつマグラックスや酸化マグネシウムといった緩下剤、便の容量を増加させて、排便をしやすくするコロネル・ポリフルなど、便が出口まで来ているのに出ないときの使用で排便を出しやすくするレシカルボン坐剤を使用します。レシカルボン坐剤においては週2~3回程度、定期的に使用することで排便習慣をつけるという方法も有効ではあるもののその効果には個人差があります。

日常生活においては食物繊維が多く含まれている食べ物を積極的に摂ったり、強くいきんだりすることを避けるようにします。

手術療法

直腸瘤の手術は大きく分けて経腟手術と経肛門手術に分類されます。

経腟手術はある程度の年齢を重ねている方で、直腸瘤の腟側からの脱出が主な訴えとなっている場合には治療成績が優れていることから、婦人科で行われることが多い術式です。子宮脱や小腸瘤といった他の骨盤臓器脱疾患を合併している場合にも対応できるという長所があるものの、性行為や出産に不具合が生じる可能性があることから、原則として年齢の若い方には行うことができません。

一方、経肛門手術は閉経前の年齢が若い人に対して選択される術式で、排便障害が主な訴えであること、直腸重積や直腸粘膜脱などを伴っている人に対して行われる手術で、大腸肛門外科で行われることが多い術式です。腟側からの脱出を改善する力は弱いため、腟から脱出する直腸瘤を完治させることはできないというデメリットがあります。

また、ここ数年日本で普及してきているTMV手術という方法もあります。メッシュ手術ともいい、メッシュ本体を腟と直腸の間に留置し、アームを靭帯に固定してつり上げて補強するものです。重症例や再発を繰り返す例にも効果があるという長所があります。
どちらか一方だけの術式ですべての直腸瘤に対応できるということはないため、さまざまな要素を考慮しつつ手術は選択されます。

おわりに:直腸瘤かなと思ったら早めに病院へ

直腸瘤は、女性の排便障害の原因とされるもののひとつです。治療法には薬物療法や日常生活を見直す保存的治療と手術があり、保存的治療によって改善が見られなかった場合に手術となります。年齢や訴えによって手術方法も異なります。直腸瘤かなと思ったらまずは最寄りの病院へ相談し、自分に合った治療計画を立ててもらうようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

便秘(130) 直腸瘤(1) 直腸瘤の症状(1) TMV手術(1) 経腟手術と(1) 経肛門手術(1) 腟の違和感(1)