怒りをコントロールする~怒りが暴力に変わるとき~ 

2017/4/10

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

怒りがコントロールできないと「暴力」や「脅迫」という行動に変化します。そうなる前に自分で対処できる方法をまとめてみました。

怒りの対処に助けを得る

自分の怒りに対処するための助けが必要だと思ったときは、まず精神神経科を受診してください。カウンセリングなどが助けとなるかもしれません。精神科医やセラピストがあなたの怒りをコントロールする方法をみつけだしてくれるでしょう。

アンガープログラム

アンガープログラムは、怒りをコントロールするためのプログラムです。1対1のカウンセリングや小規模なグループでの作業が必要な場合があります。プログラムは、数日から数カ月かかることもあります。ほとんどのプログラムは、認知行動療法(CBT)とカウンセリングが行われます。アンガープログラムについては、医師に相談してください。

エクササイズとリラクゼーション

ストレスレベルは、エクササイズやリラクゼーションで下げることができます。たとえば、走ること、歩くこと、泳ぐこと、ヨガや瞑想はストレスを軽減できる最適な活動です。日常生活の一部としてエクササイズを取り入れることは、刺激や怒りを取り除くよい方法です。

自分自身を管理しよう

リラックスして十分な睡眠を取るように気をつけましょう。
薬物やアルコールは、怒りの抑止力を弱め、さらに悪化させます。薬物やアルコールをやめられないときには、医師に相談してみましょう。

創造的になろう

執筆、音楽、ダンスや絵画は、緊張を緩和し、怒りの感情を減らすことができます。

自分の気持ちを語ろう

自分の気持ちをほかの人に話すことは有用であり、その怒りの状況について異なる視点を得るのに役立ちます。家族、友だち、または自助グループに参加するのもいいでしょう。

おわりに:ひとりで対処できないときは専門家に相談を!

怒りがコントロールできず暴力や攻撃に転じてしまうと、家族や他人を傷つけることになります。そうなると、ひとりでは対処できません。そうなる前に助けを求めてください。医師や地域の相談所はいつでもあなたの力になってくれるでしょう。

逆に、もし家庭内暴力や脅迫行動につながる被害者となったときは、避難所(シェルター)、女性相談援助センター、児童相談所、暴力防止プロジェクトなどの助けと支援を提供する場所があります。医師や、場合によっては警察に相談することも必要です。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

暴力(4) 怒り(5) 家庭内暴力(3) アンガープログラム(1) 脅迫行動(1) 怒りの対処法(1)