妊娠初期のセックスには出血や子宮収縮のリスクがあるって本当?

2017/4/7 記事改定日: 2018/3/19
記事改定回数:2回

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師

東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

妊娠中にセックスをすることは、医師からの止められていない限り基本的には問題ないといわれています。ですが、赤ちゃんの体がつくられる妊娠初期のセックスにはリスクはないのでしょうか?
この記事で詳しく見ていきましょう。

セックスの有無に関わらず、妊娠初期は出血しやすい!?

「出血=流産の可能性がある」というイメージがあるかもしれませんが、正常な経過でも半数以上の妊婦さんが経験しているといわれています。これは妊娠が成立し子宮内に胎嚢(たいのう:子宮内膜に受精卵が着床すると作られる、胎児を包む袋のこと)が形成されると、その発育と同時に出血が起こりやすくなるためです。
また、妊娠中は腟や子宮頸部の血液量が増加して充血しているので、セックスをした後に出血することもあります。出血は茶色~ピンク色の場合や下着に少量の血が着く程度で一時的な場合がほとんどですが、鮮血や血の塊が繰り返し出るような場合は流産を引き起こす可能性が高いので早めに産婦人科で診察を受けるようにしてください。

妊娠初期にセックスをすると「子宮収縮」が起きやすい!?

基本的には医師から特別な忠告を受けない限りは妊娠中にセックスをしても問題がないといわれています。性行為中のペニスが赤ちゃんの頭に届くことはありませんし、オーガズムを迎えたとしても赤ちゃんに危険が及ぶことはめったに無いからです。
また、リスクを伴う妊娠や早産などの理由でオーガズムが禁止されていない場合には、マスタベーションをすることも可能です。むしろ、マスターベーションをすることは妊婦にとってストレス発散になると考えられています。

オーガズムの許可は出たけどペニスを挿入できない場合のセックスについて

ペニスの挿入が禁止された場合は、オーラルセックスやバイブレーターを使ってセックスをしても構いません。ただし、腟の中に入れるものを清潔にする必要があります。振動しないシリコン製の玩具は10分間煮沸するなどして消毒し、振動するものは20秒ほど抗菌石鹸を溶かしたお湯の中で洗って乾かしてから使用してください(硬いプラスティック、ゴム、ナイロン、革などの素材は手入れの仕方が異なるので、お持ちの玩具に応じて調べてください)。
なお、赤ちゃんは子宮頸管によって守られているので、玩具を挿入したら胎盤を貫通してしまうのではないかと心配し過ぎる必要はありませんが、腟の深すぎるところまで挿入したり、先端が尖ったものを使ったりすると痛みを引き起こす可能性があるのでやめたほうが良いでしょう。

妊娠中のセックスによって起こり得るリスクとは?

上の項目で説明したように、医師の許可が出ていて、性器やセックスの器具を清潔な状態にしていれば妊娠中のセックスは基本的には安全です。しかし、以下のようなリスクが伴う可能性があることも理解しておきましょう。

〈1〉出血

妊娠中は子宮頸部が傷つきやすく血管が充血しているため、セックスによって出血を引き起こすことがあります。出血してしまった場合は病院を受診し、医師から許可が出るまでセックスを避けるようにしてください。

〈2〉尿路感染症

セックスによって生殖器近くのバクテリアが尿道に押し込まれ、尿路感染症を引き起こすケースもあります。尿路感染症を予防するには性行為の前後に排尿することが大切です。

〈3〉性感染症(STD)

妊娠中に不衛生な性行為を行ったり、性感染症を持つ人と性行為をしたりすると、クラミジア、性器ヘルペス、ヒトパピローマウイルス、淋病、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、梅毒、トリコモナス症などの性感染症に感染する可能性があります。
性感染症を予防するためにも、妊娠中にセックスをするときには必ずコンドームを使うようにしてください。

妊娠初期のセックスにはメリットはあるの?

上の項目ではリスクについてお話しましたが、妊娠中のセックスにはメリットもあります。
まず、性行為によってパートナーとの親密度が増すなどの効果や、オーガズムによりエンドルフィンというホルモンが放出されることで幸福感が増す効果があることがわかっています。
また、セックス中の振動による揺さぶりは赤ちゃんにとってもよい睡眠をもたらす可能性と、血圧を低下させる効果や免疫力を高める(免疫グロブリンAという風邪や感染症を予防する抗体が強化される)効果があることがわかっています。
さらには、オーガズムを得ることで出産のための骨盤床の準備ができるので、産後の回復が早まる可能性もあると言われています。

おわりに:妊娠中もセックスはOK、ただし慎重に行いましょう

医師から止められていない限り、基本的には妊娠中にセックスをしても問題ありませんが、出血する、感染するなどのリスクがあることは覚えておきましょう。
どの時期でも、セックスは妊婦さんに無理のない体勢で行い、激しい動きは避けるようにしましょう。
また、感染症の予防のためにパートナーには必ずコンドームをつけてもらってください。

この記事に含まれるキーワード

妊娠(198) セックス(40) 性行為(27)