血栓症の症状は足のむくみだけじゃない!? 頭痛や腕の痛みが起こることも?

2019/2/3

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

何らかの原因で発生した血の塊が血管をつまらせる「血栓症」は、早期治療が必要な病気です。血栓症の自覚症状はほかの病気や不調と間違えられることもあるため、受診が遅れてしまうケースがあります。この記事では、血栓症でみられる痛みや間違えやすい症状を紹介します。

血栓症の症状は足に現れる?

血栓症は体のさまざまな場所で発生します。血管は全身に張り巡らされていますので、血栓がどこに流れていくか予想しづらいといえます。

血栓症は大きく分けて、動脈に発生する「動脈血栓症」と、静脈に発生する「静脈血栓症」の2種類に分けられます。

動脈血栓症
心臓から全身に送り出される血液を運ぶ血管が「動脈」です。動脈がつまると、心筋梗塞や脳梗塞を発症します。
静脈血栓症
全身から心臓へと戻ってくる血液を運ぶ血管が「静脈」です。静脈がつまると、エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症)を発症します。

血栓症リスクの高い人とは?

血栓症は、生活習慣や既往歴、環境などによって引き起こされます。

生活習慣

  • 座りっぱなしで過ごすことが多い(デスクワークなど)
  • 水分を十分にとっていない
  • 運動不足である
  • 旅行などで飛行機やバスでの長時間移動が多い
  • ピルなど女性ホルモン剤を服用している
  • たばこを吸っている

既往歴・基礎疾患

  • 以前に血栓症になったことがある
  • 家族に血栓症を発症した人がいる
  • がんの治療中である
  • 外科手術をしたことがある
  • 脱水症状の可能性がある
  • 生活習慣病である(高血圧など)
  • 骨折の治療でギプスを巻いている
  • 寝たきりなど、体を動かす機会が少ない

環境要因

  • 災害などで避難所生活、車中生活をしている(体を十分に休められない)

血栓症のなかでもエコノミークラス症候群」の発症は比較的多くみられ、血栓は主に足(下肢)や手の静脈にあらわれます。長時間同じ姿勢でいたことによる血行不良、外傷や手術など何らかの原因でできた血管壁の傷、がんなどの病気、経口避妊薬の服用などさまざまな原因が考えられますが、血栓症の原因はまだはっきりとわかっていません。発生した血栓が小さいうちは自覚症状がありませんが、血栓が大きくなったり増えたりすると足の痛みなどの症状があらわれます。そのほか注意したい症状を以下で紹介します。

エコノミークラス症候群でみられる足の症状

  • 片方の足のふくらはぎや足全体に痛みがあらわれる
  • 片方の足がむくむ
  • 皮膚が赤~赤黒い色に変色する
  • 腫れが急速にひどくなっていく

筋肉痛と間違えることも

エコノミークラス症候群の症状は主に足の痛みですが、初期の痛みを筋肉痛と間違う人もいます。症状は片方の足に発生し、両足にあらわれることはまれです。筋肉痛のような痛みでも、片足のみに症状が発生しており、むくみを伴っていたら病院を受診しましょう

超音波検査やCT検査を行い、血栓が血管をつまらせていないかを注意深く検査します。血栓を発見したら「抗凝固剤」で血栓を溶かし、その後に経口薬「ワーファリン」の服用をすることもあります。

エコノミークラス症候群を発症していたのに放置していると、血栓が肺や心臓に流れ込み命に関わる状態を招きます。血栓が大きかったり、発生した場所が肺や心臓に近い場合は手術を行い、血栓が重要な血管をつまらせないように処置します。

血栓症の症状で心臓周辺が痛くなることってある?

足などに発生した血栓が血液と一緒に肺に流れ込み、肺の動脈をつまらせた状態が「肺塞栓症」です。血栓が小さくて血管の流れをさほど遮っていない場合は自覚症状があまりみられません。しかし大きな血栓が血管の流れを悪くすると、息を吸うときに胸の痛みなどの症状があらわれます。さらに太い肺動脈が血栓でつまると、突然死のおそれがあります。

肺塞栓症の症状

  • 胸の痛み
  • 胸の圧迫感、不快感
  • 動悸、息切れ
  • 脈拍が増える
  • 呼吸が苦しい
  • 失神
  • 冷や汗が出る

血栓症で腕に症状が出ることもある?

血栓が脳の血管をつまらせる「脳梗塞」を引き起こすと、腕などに痛みや腫れがあらわれます。脳が正常に機能するためには酸素と栄養が不可欠ですが、血栓によって血管がつまり酸素が脳に行き届かなくなると脳細胞が壊死し、脳の機能が失われる場合があります。脳梗塞は早期発見・早期治療を目指します。

脳梗塞の症状

  • 腕、足の痛み、しびれ
  • 頭痛やめまい
  • 生あくび、眠気
  • 言葉がスムーズに出てこない
  • しゃべりづらい

血栓症で頭痛が起こる!?

脳に広がる静脈にとって重要な部位が「静脈洞」で、静脈血が集まります。静脈洞に血栓がつまる「静脈洞血栓症」を発症すると、急な頭痛に襲われます。静脈洞血栓症は女性に多くみられ、特に下記の項目に当てはまる人は医師への相談や定期的な受診をおすすめします。

静脈洞血栓症に注意したい人

  • 妊娠中である
  • ピルを服用している
  • 血液の凝固異常を有している

上記のほか、家族で血液疾患に罹っている人がいる場合は自分では気づいていないものの静脈洞血栓症のリスクを有している可能性があります。若くて健康な人でも発症するケースがありますので、気になる症状があらわれたら医師に相談してみましょう。

おわりに:突然あらわれた体の痛み。むくみや腫れを伴うなら要注意!

血管がつまる血栓症は、あらゆる部位に痛みが生じる可能性があります。痛みを感じても「大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、血栓症は緊急手術や突然死の可能性もある病気です。特徴的な症状であるむくみや腫れ、皮膚の変色などがみられたらすぐに病院を受診することをおすすめします。

この記事に含まれるキーワード

血栓症(13) エコノミークラス症候群(17) 血栓症になりやすい人(1) 動脈血栓症(1) 静脈血栓症(1) 静脈洞血栓症(1)