GLP-1受容体作動薬にはどんなタイプがあるの?

2019/6/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

血糖値を下げる働きを持つホルモンに、GLP-1(ジーエルピーワン)があります。糖尿病治療法では、GLP-1を補うGLP-1受容体作動薬を使用することがあります。この記事では、GLP-1受容体作動薬とはどんな効果や副作用を持つのかを紹介します。

GLP-1受容体作動薬の特徴は?

GLP-1受容体作動薬とはGLP-1ホルモンを補う薬で、糖尿病治療に使用されます。

体内に食べ物が入って血糖値が上昇すると、小腸がGLP-1を分泌します。GLP-1は膵臓へ移動してインスリンを分泌を促進し、血糖値を低下させます。GLP-1受容体作動薬はGLP-1と同じ作用を膵臓に与え、インスリン分泌を助けます。食後の血糖値が高くなっているときに作用します。

GLP-1受容体作動薬の特徴

  • 空腹時には作用しないので、低血糖を起こしにくい
  • 血糖値が正常にコントロールされている間は作用しない
  • 体重増加の副作用を招きにくい

糖尿病治療では「HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)が7%未満」になることを目指して治療法を選択します。血糖値が高い状態が続くと感染症、高血圧、歯周病などのほか、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞など命に関わる合併症を引き起こす可能性があるため、血糖コントロールは糖尿病の治療においてとても重要です。

ただし、治療を始めても効果があまりあらわれない場合、GLP-1受容体作動薬での治療を取り入れることがあります。

GLP-1受容体作動薬に適するケース

  • 2型糖尿病の方
  • 食後血糖を安定させたい方

GLP-1受容体作動薬には2つのタイプがあるの?

GLP-1受容体作動薬は注射タイプの薬液です。投与のタイミングが「1日に1回」か「1週間に1回」かによって、大きく2種類に分かれます。

1日に1回注射するタイプ

  • リラグルチド(商品名:ビクトーザ®︎)
  • エキセナチド(商品名:バイエッタ®︎)
  • リキシセナチド(商品名:リキスミア®︎)

1週間に1回注射するタイプ

  • エキセナチド持続性注射剤(商品名:ビデュリオン®︎)
  • デュラグルチド(商品名:トルリシティ®︎)

注射器にも種類があり、それぞれ使用方法が異なります。

注射器のタイプ

シリンジ
薬液をシリンジで容器から吸い上げて投与する
ペン型注入器
ペンの形をした容器に薬液が充填されており、針を装着して投与する。投与量を調節するタイプと、あらかじめ1回分の薬液が充填されているタイプがある
オートインジェクター
薬液にはあらかじめ1回分の量が充填されており、ボタンを押すと自動的に薬液を投与する。針の装着が不要で1回で使い切る

GLP-1受容体作動薬の副作用は?

GLP-1受容体作動薬の副作用で代表的なものとして、低血糖消化器症状(便秘、下痢、吐き気や嘔吐)があります。

GLP-1受容体作動薬は低血糖を引き起こす可能性は比較的低いのですが、SU(スルホニル尿素)薬やインスリンと併用する場合は低血糖に注意が必要です。冷や汗、不快感、手足のふるえ、脱力感などが突然あらわれたり持続した場合、低血糖が発生しているおそれがあります。

以下に、低血糖が起きた場合の対処法を紹介します。

低血糖症状の対処法
ブドウ糖などの糖分をすぐに補給する
補給量の例
ブドウ糖10gか砂糖20g(もしくはブドウ糖または砂糖と同等の糖分を含む飲料水。人工甘味料は不可)
注意点
  • 対処法を行っても症状が改善しない場合は、速やかに医師や薬剤師に相談する
  • 乗り物の運転や高所での危険作業を控える、事前に血糖測定で状態確認する
  • 血糖値測定器を携帯し、こまめに血糖測定を行う

おわりに:GLP-1受容体作動薬とほかの薬を併用する場合は、副作用に気をつけましょう

すでに糖尿病の治療をしているけれど効果があまりみられない場合、GLP-1受容体作動薬で症状が改善する可能性があります。特に食後の高血糖にお悩みの方に処方されることが多い薬です。ただし、SU薬やインスリンと併用する場合は、低血糖などの副作用が起こりやすいため、対処法も十分理解しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

GLP-1受容体作動薬(2) 糖尿病治療薬(11) GLP-1受容体作動薬の副作用(1)