インスリンアナログ製剤にはどんなタイプがあるの?

2019/6/19

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

糖尿病などにより血糖値を自力で適切に制御できなくなったとき、その代わりとして、血糖値を下げる作用のある薬を投与することがあります。この記事では、血糖値を下げる目的で投与される薬剤の一種「インスリンアナログ製剤」について、その特徴や種類、使用上の注意点を解説します。

インスリンアナログ製剤とは

通常、体には上昇した血糖値を適正な値まで下げるインスリンというホルモンがあり、食後に膵臓から放出される仕組みになっています。しかし糖尿病を発症して膵臓やインスリンそのものの働きが悪くなってしまうと、血糖値が適切な値まで下がらなくなります。

インスリンアナログ製剤は、インスリンとほぼ同じ生理作用がありながら、人工的に作用時間を調整した薬剤です。このため、血糖値を下げる作用が現れるまでの時間が極端に短かったり、作用の持続時間が非常に長いものなど、作用の発現・持続時間によっていくつかの種類が存在しています。

インスリンアナログ製剤の種類は?

ここでは、4種類のインスリンアナログ製剤とその特徴についてご紹介します。

超即効型インスリンアナログ

注射から発現までにかかる時間が非常に短く、1日3回の食事の直前に注射をすれば、人が本来持つリズムに近いかたちで食後の血糖値を下げてくる薬剤です。

持効型インスリンアナログ

食事にあわせてではなく、1日1回決められた時間に注射することで、基本的なインスリン分泌量の不足を補い1日の血糖値を全体的に下げる作用があります。

二相性インスリンアナログ

決められた食事の前に注射することで、食事による血糖値の上昇を抑え、さらに1日当たりの基本的なインスリン分泌量の不足も補う効果が期待できます。使用直前によく混ぜる必要があります。

配合溶解インスリンアナログ

決められた食事の前に使用し、食後の血糖値上昇をコントロールするとともに、1日の基本的なインスリン分泌量の不足も補ってくれます。

上記のうち、超即効型と持効型の特徴の両方を持つ二相性インスリンアナログや配合溶解インスリンアナログは、混合型と呼ばれています

主なインスリンアナログ製剤は?

続いて、主なインスリンアナログ製剤の名前をご紹介します。

超即効型インスリンアナログ

  • インスリンアスバルト(商品名:ノボラピッド®︎
  • インスリンリスプロ(商品名:ヒューマログ®︎
  • インスリングルリジン(商品名:アピドラ®︎

持効型インスリンアナログ

  • インスリンデテミル(商品名:レベミル®︎
  • インスリングラルギン(商品名:ランタス®︎
  • インスリンデグルデク(商品名:トレシーバ®︎

混合型インスリンアナログ

  • インスリンアスパルト二相性製剤(商品名:ノボラピッド®︎30ミックスなど)
  • インスリンリスプロ混合製剤(商品名:ヒューマログミックス®︎25など)
  • ヒト二相性イソフェンインスリン(商品名:ノボリン®︎30Rなど)

インスリンアナログ製剤の投与中は低血糖に気をつけよう

インスリンアナログ製剤を投与している間は、低血糖に気をつける必要があります。以下に、インスリンアナログ製剤の投与中に現れる可能性のある低血糖の症状と適切な対処法・予防法をご紹介します。

低血糖が起きているときの症状

初期
冷や汗、脈の早まり、手指の震え、顔面蒼白、理由もなく不安になる など
中期
頭痛、集中力の低下、生あくび、目のかすみ
最終段階
けいれん、意識消失からの昏睡、異常な行動 など

低血糖症状がみられたときの対処法

初期症状を感じたとき
可能なら血糖値を測り、ブドウ糖なら10g、砂糖なら20g相当量の飲料水を飲む
その後15分安静にし、症状が回復するのを待ってから食事を摂る
1度の処置で症状が改善しなかった場合
もう一度、ブドウ糖なら10g砂糖なら20g分の飲料水を摂取し、様子をみる
それでも改善しなければ、医療機関への受診や救急車を呼ぶことを検討する

インスリンアナログ製剤の投与中、低血糖予防のためにできること

  • 低血糖になりやすいことを自覚し、食事などは医師の指示に従って摂る
  • 低血糖症状に襲われたときに備えて、ブドウ糖のタブレットや飲料水を持ち歩く
  • 意識を失ったときのために、糖尿病患者用IDカードを財布などに入れて携帯する

おわりに:インスリンアナログ製剤は、効き方によって4つに分類できます

インスリンアナログ製剤は、人の体内で分泌され血糖値をコントロールするホルモン・インスリンの代わりに、血糖値を下げてくれる薬剤です。薬の効果が現れるまでの時間、そして薬効の持続時間により超即効型、持効型、二相性と配合溶解を含む混合型の4つに分けられています。注射すべきタイミングも種類によって異なるため、薬の作用による低血糖の発症とあわせて、使用には注意が必要です。医師の指示を守って適切に使いましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖尿病治療薬(11) インスリンアナログ製剤(1) インスリンアナログ製剤の種類(1) インスリンアナログ製剤の副作用(1)