ストレスがさまざまな病気の引き金になる原因?乗り切るコツは?

2019/5/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

肩こりや頭痛、便秘といった症状が続いたり、気分が晴れない状態が続くとき、なにかしらの病気のサインになっている可能性もありますが、ストレスが原因となっていることもあります。この記事では、ストレスが原因であらわれる症状にはどのようなものがあるかや、その対処法を紹介します。

強いストレスが発症原因となる病気にはどんなものがあるの?

私たちが生活していく中では、多かれ少なかれ心身にストレスがかかっています。これらの負担が慢性化していくと、心はもちろん、身体的な疾患にもつながることがあります。

ストレスと関連があると思われる疾患は多岐にわたります。主な症状として、以下のようなものがあります。

  • じんましん、アトピーや円形脱毛症などの皮膚疾患
  • 過呼吸症候群や気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患
  • 眼精疲労や本態性眼瞼痙攣などの目の疾患
  • 狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患、高血圧などの循環器系疾患
  • 心因性嘔吐や胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎などの消化器系疾患

そのほか、メニエール病や肥満症、糖尿病、慢性関節リウマチや腰痛症、顎関節症、夜尿症や心因性インポテンス、筋収縮性頭痛、痙性斜頚、書痙なども挙げられます。

このようなさまざまな症状がありますが、すべての原因がストレスによるものというわけではありません。生活習慣や体質、そのほかの原因などももちろん考えられます。疾患の発症や経過にストレスが本当に関係しているのかどうかを、しっかり見極める必要があります

ストレスが病気の引き金になるのはなぜ?

私たちにストレスを与えている外部的要因をストレッサーと呼びます。日常生活の中にはさまざまなストレッサーがあり、私たちの体はストレッサーによる悪影響を緩和するために、ストレスコーピングと呼ばれるストレス対処をします。これらが上手くいっている場合、ストレス反応はしだいに収まっていきます。

しかし、ストレッサーが長く続いたり、ストレスコーピングの対処能力を上回るほどの負荷がかかったりすると、ストレス反応は次第に慢性化し、イライラや不安感が生まれてきます。そして、この状態が長く続くうちに自分では心身をコントロールできないうつ状態につながり、さまざまな病気の引き金になってしまうのです。

ストレスに対処して病気になるのを防ぐには

心身に大きな影響を与えるストレスにどのように対処してばよいのか、ストレス反応を和らげるための対処法、その一例をご紹介します。

体を動かす

好きな運動をしてみたり、ジムに行って体を動かしたりしてストレスを発散することは有効な方法のひとつです。特に激しい運動でなく、散歩などでも十分です。精神的な疲れを肉体的な疲れに置き換え、たっぷりと休息をとることで、心身を回復させることができます。

趣味などで気分転換をする

映画を観たり、何かを作ったり、自分の趣味がある人は生活の中に積極的に取り入れて気分転換をしましょう。仲の良い友達と話したり、何か美味しいものを食べに行ったりと、自分に取って心地いいこと、楽しいことをしてみてください。

心身ともにリラックスをする

ストレス反応を和らげるには、心身の緊張感を取り除いてあげることが重要です。好きなアロマの香りを嗅いだり、リラックスできる音楽を流したり、お茶を飲んだりと、ちょっとした隙間の時間にできるリラックス法もあります。深呼吸やストレッチなど体のリラックスも重要です。

考え方を変える

ストレスを溜めていると、考え方も凝り固まりがちになり、嫌なことばかり思い出してしまうこともあります。まわりの景色や音、他の人の様子などに意識を向けてみたり、楽しかった出来事を主出してみたりと、自分の意識をほかのことに向けることも大切です。また、相手の立場になって考えることで、視点を変えるのもよいでしょう。

こんな兆候が出てきたらストレスがたまっているかも…。

ストレスが溜まりすぎると、体にもさまざまな反応がでてきます。代表的なものをいくつかご紹介します。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 便秘
  • 下痢
  • 動悸
  • 顔のほてり
  • 息苦しさ
  • めまい
  • 胃の痛み
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 不眠
  • 眠気がとれない
  • 疲れやすい

このような反応が見られたときは、ストレスが溜まっていることを自覚して、先ほど紹介したような対処法を取り入れてみましょう。

おわりに:自分に合うストレスへの対処法を見つけましょう

私たちが生活していく中では、多かれ少なかれ心身にストレスがかかっています。これらの負担が慢性化していくと、心はもちろん身体的な疾患にもつながることがあるのです。ストレスを溜めているかどうかは、体の反応からも知ることができます。「今、自分はストレスが溜まっている」と思ったら、効果的な対処法を見つけていくことがとても重要です。体を動かしたり、趣味を楽しんだり、リラックスする習慣を取り入れたりしてみましょう。

この記事に含まれるキーワード

ストレス(363) ストレス解消法(7) ストレス対処法(9) ストレス性疾患(4) ストレスが招く病気(3)