夏になると甘いものが恋しくなる理由は?食べすぎないコツはある?

2019/8/13

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

夏と言えばスイカやかき氷、お祭りの屋台の水飴やわたあめなど、甘いものに縁がある季節です。実は、単なる風物詩というだけでなく、夏に甘いものが恋しくなる、美味しく感じるのには理由があります。
夏に甘いものが恋しくなるのはなぜか?そして、甘いものを食べ過ぎないようにするコツとは?ついついかき氷や冷たい飲み物に手が出る季節だからこそ、確認しておきたいものです。

夏になると甘いものが食べたくなるのはどうして?

甘いものの働きの一つとして「発散させる」というものがあります。トロピカルジュースやトロピカルフルーツなど、南国の食べ物や飲み物は比較的甘いものが多く、北国ほど甘い食べ物よりも塩辛い食べ物の方が多い傾向にあるのは、この働きを経験則的に利用しているのだと考えられます。

南の方(赤道に近い方)の国々では、気候が温暖なぶん体内に熱もこもりやすく、その熱を発散させなくてはなりません。逆に熱を発散させられないと、体内にこもった熱がのぼせや熱中症といった体調不良を引き起こすこともありますので、甘い果物や食べ物の力を借りて暑さを「発散」することでしのぐ方法として、甘いものの文化が生き残ってきたとも言えるのです。

また、甘いものには身体的な熱を発散するだけでなく、心のストレスや緊張を発散し、リラックスさせたり、張り詰めてしまった気持ちを緩めたりする働きもあります。緊張や我慢などで凝り固まってしまった気分を解すために、子どもでも甘いものを欲することは多いようです。肉類や塩味は引き締めるタイプの食材なので、こうした食材が多いときにも甘いものでバランスを取ろうとすることがあります。

しかし一方、精製された砂糖は習慣化しやすいという性質もありますので、幼い頃から砂糖類・菓子類を習慣化しすぎないよう、適量を守って食べられるのが理想です。また、夏野菜と言われるトウモロコシ・トマト・キュウリなどの野菜や、スイカなどの果物も、ほてった体の熱を発散させてくれます。砂糖菓子だけでなく、こうした野菜や果物を上手に取り入れていきましょう。

糖分を摂りすぎると体にどんな影響があるの?

糖分を摂取しすぎると、主に以下のような影響が現れます。

糖分をたくさん欲しがるようになる
糖分は摂りすぎると「糖分依存」を引き起こす
糖分を摂りすぎると、多いときはハイになり、少ないと落ち込むという波のようなホルモン反応が起こる
気分のアップダウンが激しくなることで、気分を良くするために糖分を取ろうという錯覚を起こしてしまう
さらに、味覚が麻痺してきて、軽い甘みでは満足できなくなることも
常に甘い物を欲したり、何を食べても甘く感じないようなら大きな問題が潜んでいるかも
体重が増える
そもそも甘い物=糖分は非常にカロリーが高く、太りやすい
甘いものにはタンパク質や食物繊維が少ないため、満腹感を得づらく、大量に食べてしまいやすい
糖分を長年摂りすぎていると、インスリンを通常よりも多く分泌し過ぎしてしまい、インスリンが正常に働かなくなることもある
気分の浮き沈みが激しくなる
最初にもご紹介したとおり、波のようなホルモン反応によって甘いものがあるときはハイに、無いときは落ち込んだりイライラする
これは「シュガーハイ」とも呼ばれる症状で、砂糖で気分が上がった後に一気に下がるため、落ちこんだりイライラしやすくなる
糖分の摂りすぎは体内の炎症を引き起こしやすくするため、抑うつ症状のリスクを高めることも
うつ病を発症している人は、脳の炎症レベルが通常の人よりも30%高かったこともわかっている
肌荒れが目立つようになった
糖分の摂りすぎによって、体内のインスリンレベルが高まると、ホルモンバランスが乱れる
ニキビや「酒さ(しゅさ)」が発生しやすくなり、慢性的にお肌に悪影響を及ぼす
虫歯が増えた
甘いものを食べた後、歯の間に残ったカスをバクテリアが食べると、酸が発生して歯を蝕む
歯垢の段階でしっかり歯ブラシで取り除き、歯石となって歯を腐らせないよう注意
エネルギー不足を感じるようになった
血糖値が常に安定している人ほどエネルギー不足を感じない
糖分を一度に大量に摂ると血糖値のアップダウンも激しくなるため、エネルギー不足を大きく感じやすい
糖分を摂りすぎて、タンパク質や食物繊維を十分に摂取できず、エネルギー不足になっている可能性も

糖分を摂取すると、腸から素早く吸収され、血糖値がぐんと上がります。血糖値が上がると、上がりっぱなしを防ぐために「インスリン」という血糖値を下げる働きのあるホルモンが分泌されます。すると、今度は一気に血糖値が下がります。こうしたジェットコースターのような血糖値のアップダウンは気分のアップダウンともだいたい重なるため、激しく気分が上がった後、一気に下がることになります。

つまり、上がった直後に一気に下がることで、気分の落ち込みやイライラ感をより激しく感じてしまうということになります。また、このような急激なアップダウンを繰り返していると、インスリンを分泌する膵臓の細胞が弱ってしまったり、各組織や細胞に対してインスリンが効きにくくなったりします

もちろん、糖分を絶対に摂取してはいけない、ということではありませんが、一度に大量の糖分を摂取することはできるだけ控えましょう。

夏の糖分摂りすぎを防ぐには?

最初にもご紹介したように、夏は体内に熱がこもりやすく、発散のためについつい甘いものを食べたくなってしまう時期です。しかし、できれば甘いものはたまのお楽しみとし、日常的に、あるいは習慣的に摂取している甘いものがあれば控えめにしていきましょう。

まずはコーヒーやジュース、清涼飲料水、スポーツドリンクなどの飲み物から減らしていくのがおすすめです。夏に水分が必要なのはもちろんですが、できるだけ真水のミネラルウォーターや砂糖の入っていないお茶などが良いでしょう。ただし、激しい運動で大量に汗をかいたときに限り、スポーツドリンクは夏場の急速な水分補給に有効です。運動時にスポーツドリンクで水分補給するのはおすすめですが、とくに運動していないような普段からスポーツドリンクを摂取するのは避け、喉が渇いたら水やお茶を飲むようにしましょう。

また、甘いジュースにはビタミンやミネラルが少ないことはもちろん、砂糖が思っている以上に多く含まれていることが多いです。すると、こうした大量の砂糖が溶け込んでいるジュースを飲むことで、血糖値の急激なアップダウンで体に負担がかかり、とくに子どもにとっては夏バテの原因となりえます

コーヒーを飲みたい場合は、加糖から微糖にする、そして無糖にするというように、段階的でも良いので砂糖を減らしていけると良いでしょう。質の良いコーヒーは砂糖を入れなくてもおいしく飲めるものも多いので、味にこだわってみるのも満足感につながり、おすすめです。

果物やイモ類、トウモロコシ、ニンジン、カボチャなどのもともと甘い天然物に関しては、糖分も多いながら、食物繊維やビタミン類も多いので、ぜひ砂糖菓子の代わりに取り入れていくと良いでしょう。さらに、食べても血糖値が急激に上がりにくい食材を選ぶと、より急激なアップダウンを防げるため、気分や体調に不調をきたしづらくなります。

食べても血糖値が急激に上がりにくい食材のことを「GI値が低い」と言いますが、多くの果物類がこれに当たります。また、白米よりも玄米や雑穀入りのご飯、うどんよりそば、白砂糖より黒砂糖というように、色の濃い食材は比較的GI値の低いものが多いため、色の濃い食材を選ぶというのも一つの目安です。

おわりに:夏は「発散」のために甘いものが恋しくなる。摂り方に注意

「トロピカルジュース」や「トロピカルフルーツ」などの南国の食文化に甘いものが多いのと同じように、夏の気温が高い時期には甘いものが恋しくなります。これは、甘いものには熱やストレスを発散する働きがあるからだと考えられています。

しかし、甘いものの食べ過ぎは逆に精神や体に大きな負担をかけてしまいます。甘いものを摂取する際は食べ過ぎにならないよう、日常生活の中から見直していきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

糖分摂りすぎ(1) 甘いものの摂りすぎ(1) 糖分摂りすぎの影響(1) 糖分摂りすぎの予防法(1)