皮膚癌

2017/8/16

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

体は多くのタイプの細胞でできています。 通常、細胞は増殖し、分裂し、死滅します。 時には細胞が変異し増殖し、正常細胞よりも早く分裂し始めることがあります。 これらの異常な細胞は死滅する代わりに、塊のようになって腫瘍を形成します。 これらの腫瘍が悪性(つまり癌ということ)であれば、それらは周りの組織に侵入することがあります。 また癌細胞は、転移(体のほかの部分に新しい腫瘍を形成する)することがありますが、対照的に、非癌性腫瘍(良性とも呼ばれる)は体のほかの部分に広がりません。
ほとんどの皮膚癌は、直射日光や日焼けサロンで使用される光に見られる紫外線に多く暴露された結果です。

メラノーマ(悪性黒色腫)とは

皮膚癌には2つの形態があります。メラノーマ(あまり一般的ではないがより深刻なタイプ、悪性黒色腫とも言われます)と非メラノーマ(より一般的で治療可能なタイプ)です。 ほとんどの皮膚癌は広がりませんが、メラノーマは非常に深刻で全身に広がることがあります。 早期に発見されれば治癒することができますが、発見が遅れると死に至ることがあります。

症状

皮膚癌は体のどの部分に起こる可能性が最も高いか

ほとんどの皮膚癌は、繰り返し太陽に晒される部分で起こり、頭部、首、顔、耳の先端、手、前腕、肩、背中、男性の胸、および女性の背中および下肢が含まれます。
メラノーマは体のどこにでも生じる可能性があります。 男性では、胸、胃または背中に最も多く、 女性では、ほとんどの場合、下肢にあります。

皮膚癌の症状

皮膚癌は、癌の種類や場所によって異なる場合があります。 できるだけ早く皮膚癌を見つけることが重要です。 最善の方法は、肌、特にほくろを見続けることです。
皮膚を頻繁にチェックし、新しい隆起、成長、病変、皮膚の荒い斑点などに気付いた場合、または新しいか疑わしいほくろのように見えるものがある場合は、医師にご相談ください。
通常のほくろは、淡褐色、褐色、暗褐色または肌色で、その縁ははっきりしています。 直径は通常約6mmより小さく、円形または楕円形で、 平らかドームのような形状を呈しています。

ABCDEルール

ABCDEルールは、ほくろチェックする際に、どのような特徴を掴むべきか知っておくと役立つものです。

非対称性のA:半分に分けた時、両側で同じように見えないほくろがある
境界のB:縁がぼやけたりギザギザになっているほくろがある
色のC:黒ずみ、色の広がり、色の損失、または青、赤、白、ピンク、紫や灰色などの複数の色の外観など、色が変化したほくろがある
直径のD:直径約6cmよりも大きいほくろがある
標高のE:皮膚の上に隆起し、表面に凹凸のほくろがある

これらの徴候に気づいた場合は、すぐに医師に相談してください。

皮膚癌の他の徴候

皮膚癌のほかの徴候には以下が見られます。
頭皮や爪の下など、体の隠れた領域で、ほくろが成長する可能性があることにも注意してください。 ほくろが変化したことに気づいた場合、またはほかのほくろと外見が違ったり新しいほくろがある場合は、すぐにあなたの医師に相談してください。
・出血しているほくろ
・急成長しているほくろ
・皮膚の鱗状または痂皮の成長
・消えない痛み
・かゆみのあるほくろ
・30歳を過ぎた後に現れる新しいほくろ。
・紙やすりのように荒い感触の肌
・皮膚のところどころが茶色、赤色、白色、青色、または黒色などに変化している

原因

太陽の肌への影響

紫外線Aや紫外線B(UVAやUVB)と呼ばれる太陽の光線は、肌を傷つけます。 これは早期のしわ、皮膚癌およびほかの皮膚の問題につながります。
長時間太陽の下にいることは、たとえやけどをしないとしても、皮膚癌につながる可能性があります。 日焼けは太陽の有害な光線から身を守ろうとする体の反応です。

日焼けサロンの安全性

日焼けサロンは紫外線を使用します。 日焼けサロンは、無害のUVA線を使用していると主張することがありますが、UVAとUVBのどちらでも皮膚の損傷を引き起こします。 UVA線はUVB線よりも皮膚を損傷するのに時間がかかりますが、UVB線よりも皮膚に深く入ります。

皮膚癌のリスク要因

次のような多くの要因により、皮膚癌のリスクが高くなる可能性があります。
・色白の肌と赤毛またはブロンドの髪
・明るい色の目
・日焼けしやすい
・多くのほくろ、そばかす、母斑がある
・外で働き、外で遊ぶ
・子供の頃に太陽の下で長時間過ごした
・深刻な日焼けをしていた
・皮膚癌を患ったことがあるか、または家族のだれかが皮膚癌を患ったことがある
・太陽や日差しで日焼けしている

メラノーマにかかりやすい人とは

誰でもメラノーマにかかる可能性がありますが、下の質問のいずれかに「はい」と答える人は、より危険にさらされる可能性があります。 危険因子について医師に相談してください。
・家族の誰かが癌性のほくろまたはメラノーマを持っていますか?
・鉛筆用消しゴムよりも大きなモル(母斑)を多く持っていますか?
・サイズは関係なく、50個以上のほくろがありますか?
・子供のときに水疱を引き起こしたひどい日焼けをしたことがありますか?
・通常、肌は日焼けをせずにやけどをしますか?

診断

皮膚癌のような皮膚の異常がある場合、生検を行います。 生検では小さな皮膚片を採取します。
最善の方法は、以下の通りフルサイズのミラーと手鏡を使用して皮膚のあらゆる部分を確認することです。
1.母斑、ほくろおよび傷がどこにあるのか、そしてそれらが通常どのように見えるかを知る必要があります。 ほくろの大きさ、質感や色の変化、消えない痛みなど、何か新しいことがないかチェックしてください。
2.鏡で体の表と裏を見て、次に腕を上げ、左右を見ます。
3.肘を曲げ、下腕、上腕を含めて、手のひらを含め注意深く見てください。
4.脚の前後を確認します。
5.お尻と生殖器周辺を見ます。
6.座って、足の底と足の指の隙間を含めて、足を綿密に調べます。
7.くしやドライヤーを使用して髪を動かし、顔、首、頭皮がよりよく見ることができるようにしてチェックしてください。
自分自身を定期的にチェックすることで、正常な状態をよく知ることができます。 珍しいものが見つかった場合は、医師に相談してください。 皮膚癌を早期に発見するほど治癒の可能性が高くなります。

予防

大切なのは太陽の下で過ごすことを避けるか、日よけを使うことです。 長時間太陽の下で過ごす場合は、下記のセーフサンガイドラインに従ってください。
雲と水は皮膚を守らないことを覚えておいてください。太陽の光線の60%〜80%は雲を通過し、水面下の少なくとも約30cmで泳ぐ人にも達することができます。 太陽の光線は水、雪、白い砂にも映り込みます。

セーフサンガイドラインとは

セーフサンガイドラインは、肌を保護し、皮膚癌のリスクを軽減する以下の4つの方法です。 それぞれ皮膚癌を予防するプログラムの一部です。 リスクを大幅に軽減するには、セーフサンガイドラインに従わなければなりません。

1.太陽を避ける

太陽光は肌にダメージを与えます。 太陽は日中、午前10時から午後4時の間で最も強いです。これらの時間中、太陽は肌に最も大きなダメージを与えることがあります。
日焼けややけどは、肌が傷ついている徴候です。 太陽が肌に与えるダメージが増えるほど、早期のしわ、皮膚癌およびほかの皮膚の問題を起こす可能性が高くなります。

2.サンスクリーン(日焼け止め)を使用する

曇った日であっても、日光防御係数(SPF)15以上のサンスクリーンまたはサンブロックを使用してください(使用する際は、有効期限を確認してください)。日焼け止めの成分の中には、時間の経過と共に分解するものがあります。
日光を浴びる30分前に日焼け止めを塗りましょう。 日光が当たる場所なら、耳、首の後ろ、頭の上の禿げた部分を含めて、どこにでも日焼け止めを塗ってください。 太陽にさらされる可能性のあるすべての肌を覆うのに十分な日焼け止めをつけてください。発汗や外で水泳をしている場合は、1時間ごとに日焼け止めを塗ってください。
日焼け止めスプレーローションを使用している場合は、スプレーボトルをスプレーしている部位に近づけてください。 散布する距離が遠すぎると、太陽の光線が触れるすべての肌を覆わないことがあります。
しかし、日焼け止めをしているだけで、安全だとは思わないでください。 日焼け止めは太陽の有害な紫外線を100%防ぐわけではありません。

3.幅の広い帽子、保護服、サングラスを着用する

太陽の下で外出しなければならない場合は、肌を覆いましょう。 幅の広い帽子を使用すると、顔、首、耳を太陽から守るのに役立ちます。 周りに15cmほどのつばを持つ帽子が一番です。 野球帽は首の後ろや耳の上を保護しません。
太陽から目を保護するためにサングラスを着用してください。紫外線A(UVA)と紫外線B(UVB)の両方を遮断するサングラスを使用してください。 UVA太陽光の少なくとも99%を取り込み遮断すると評価されているサングラスを着用してください。 太陽にさらされると白内障のリスクが高まります。
長袖シャツやタイトに織った長いパンツなどの保護服を着用してください。 服がゆるいならば、より涼しく感じるでしょう。 特別な日焼け止め服はいくつかのメーカーから入手できます。
運転中、手と腕に太陽がかなりさらされていることを忘れないでください。

4.日焼けをしない

日焼けサロンや日焼けマシーンを使用しないでください。 実際の日光と同じように皮膚にダメージを与えます。

他にすべきこと

一部の医師は、毎月の皮膚チェックを行うことを勧めます。特に、メラノーマのリスク要因を持つ人の場合は必要です。 これについては医師に相談してください。
不規則なほくろのような皮膚癌の兆候については、毎月1回皮膚を点検してください。 皮膚癌が早期に発見されれば、治癒する可能性が高くなります。 毎月同じ日に肌のチェックをしてみてください。 誕生日や公共料金の支払日のように、覚えておくことができる日を選んでみてください。
また、ほくろの変化や新しいほくろが出ていないかどうかを探してください。 30歳になった後に現れるどんなほくろも注意深く観察し、医師に伝えてください。

なお、小児期の日焼けは最も有害です。 生後6ヵ月未満の子供は、直射日光が当たらないようにしてください。 6ヵ月以上の子供は毎日日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

医師に相談するための質問

・どんどん大きくなるほくろがあります。 これは皮膚癌ですか?
・子供の頃に太陽の下で多くの時間を過ごしました。 定期的に皮膚癌をチェックする必要がありますか?
・父親は皮膚癌がありました。 自分も皮膚癌になる可能性は高いですか?
・子供を太陽から守る最善の方法は何ですか?
・泳ぐのが好きですが、水は太陽光から守ってくれますか?

この記事に含まれるキーワード

皮膚癌(3)