胃不全麻痺

2017/8/16

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

胃不全麻痺があると、胃の筋肉は正常に収縮することができず、食品を粉砕して小腸に送る過程がストップしてしまいます。

胃不全麻痺(Gastroparesis)とは、胃の筋肉が正常に機能しないときに起こる障害です。

症状

症状には以下のものがあります。
・胸やけの痛み
・吐き気
・嘔吐(おうと)
・わずか数口での満腹感
・腹部膨満(ふくぶぼうまん)
・食欲不振
・体重減少
・不安定な血糖値(糖尿病患者)
これらの症状は、さまざまな問題や障害を示唆することがあります。これは胃不全麻痺の診断を困難にする可能性があります。

原因

糖尿病(高血糖)によって迷走神経の動きが不良になることが主な原因です。
胃不全麻痺につながる可能性のあるものは、以下のものがあります。
・特定の鎮痛薬、抗うつ薬などの一部の医薬品
・胃または上部小腸、食道の外科手術による口から胃に至るチューブ・カテーテル
・がん治療のための胸部または胃領域の放射線治療
・拒食症や過食症のような、摂食障害
・胃食道逆流症(GERD)
・以上を含むほかの障害、甲状腺機能低下症、強皮症、パーキンソン病およびいくつかの自己免疫疾患や、まれに、インフルエンザなどのウイルス感染

治療

胃不全麻痺の治療法はありません。
治療は、胃不全麻痺を引き起こし、症状をコントロールする根本的な問題の治療に焦点を当てます。
消化器系に影響を与える可能性のある薬物の服用を中止しますが、医師の指示なく薬を止めないでください。
また、胃不全麻痺の原因となりうる摂食障害、感染症またはその他の問題を治療する場合は、食生活を改善します。正常に食べることができないので、十分な栄養素を確保していることを確認することも非常に重要です。
また、以下の治療が必要な場合があります。
・制吐薬(抗悪心薬)の投与
・毎日の食事回数を2~3回から、少量の量を何回かにわけて食べる
・徹底的に調理された野菜やパスタなどの柔らかい食べ物を食べる。脂肪(消化を遅くする可能性がある)と繊維(消化しにくいことがある)を制限する
・栄養ドリンクやミキサー食で補う
また、胃不全麻痺の合併症には、体重減少、栄養不良、脱水、消化管結石、細菌感染などがあります。このような症状がみられたときは、医師に相談してください。

予防

胃不全麻痺は、糖尿病が大きくかかわっているため、血糖値を管理しコントロールすることが重要です。

医師に相談するための質問

・糖尿病がありますが、胃不全麻痺の危険にさらされていますか?
・どのようにして胃不全麻痺を予防できますか?
・胃不全麻痺と診断された場合、どうすればよいですか?
・胃不全麻痺を緩和または予防するために生活を変える必要はありますか?
・胃不全麻痺は危険ですか?

この記事に含まれるキーワード

胃不全麻痺(2) 制吐薬(1) 抗悪心薬(1)