発達性言語障害

2017/8/18

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

子供はそれぞれのペースで成長します。 しかし、同じ年齢の子供たちと話をしない場合、発達性言語障害かもしれません。
医師は、子供が以下のことができない場合、発達性言語障害の可能性があると考えます。
・12〜15ヵ月齢までに、明瞭であれ不明瞭であれ、単純な言葉(「ママ」など)を言う
・18ヵ月齢までに、単純な単語(「ダメ」など)を理解する
・3歳までに、短い文章で話す
・4〜5歳で簡単な会話をする

原因

発達性言語障害は子供の最大10%に発症するとされます。 発達性言語障害の最も一般的な原因は次のとおりです。
・難聴
・成長の遅れ
・精神遅滞
・心理社会的貧困(子供が十分な時間をかけて大人と話をしていない)
・双子
・自閉症(発達障害)
・選択的無言症(子供が話したくないだけ)
・脳性麻痺(脳障害による運動障害)

なぜ二ヵ国語以上の家庭に住むと子供の言葉や発話に影響を与えるか

脳は2つの言語を解釈することが困難になるため、子供が学習している両方の言語を使用するのに時間がかかることがあります。 バイリンガルの子供がしばらくの間1つの言語しか使用しないのは珍しいことではありません。

診断

医師は、子供の発話を聞いて、精神的な発達度をチェックします。 聴力の問題がないかどうか、聴力検査を行う場合があります。

治療

治療が必要がないこともあります。 また、治療法は発達性言語障害の原因によります。
音声言語病理学者は、子供が多くのことを話す・相手の話に耳を傾ける方法を示し、治療計画を立てる際の助けとなります。
子供を助けることができる医療従事者は、聴覚医(聴覚の医師)、心理学者(行動問題の専門家)、作業療法士またはソーシャルワーカー(家庭内の問題を改善する専門家)です。

医師に相談するための質問

・子供にもっと話しかける必要がありますか?
・私の発言を理解するのが難しいように見えます。 難聴者である可能性がありますか?
・子供は発達障害を持っていますか?
・子供が話したり理解しやすくするために何ができますか?

この記事に含まれるキーワード

発達性言語障害(1)