小児喘息

2017/3/15

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

喘息は、しばしば小児期に始まる疾患です。 気管支が刺激されて粘液が分泌されるときに起こり、肺が空気を吐き出すのを困難にするため、呼吸しづらくなります。

症状

子供が喘息を患っている場合、以下のような症状がみられます。

  • 息切れする(活動の有無にかかわらず)
  • 胸に締めつけ感(または痛み)がある
  • 眠るのが困難となる(喘息の症状が寝ている夜に悪化するため)
  • 呼吸する際にはっきりわかる喘鳴が聞こえる
  • 持続的な咳がある

より頻回に症状が出るほど、疾患はより深刻です。

原因

喘息のはっきりとした原因はわかっていません。 しかし、喘息発作を引き起こす要因(誘因)については十分にわかっています。 喘息のある人は、一般に次のことに敏感です。

  • ペット
  • タバコの煙
  • 燃える木材からの煙
  • イエダニ
  • 屋外汚染
  • かび
  • ゴキブリ
  • いくつかの食べ物
  • 特定の薬

また、その他の誘発因子として以下が見られることが多くあります。

  • 身体の運動
  • 上気道ウイルス感染
  • 酸逆流(あなたの胃液があなたの喉に逆流する時)
  • 睡眠時無呼吸(睡眠中に短時間呼吸が止まる)
  • 副鼻腔感染症
  • 天気(気温の変化、蒸し暑い天気、雨)
  • ストレス
  • 過度に興奮する

最新研究では、喘息が肥満(著しく過体重であること)に結びついていることが示唆されています。

診断

医師は、子供の身体検査を行い、子供の病歴を見て、肺活量測定と呼ばれる呼吸検査を行います。 肺活量測定は、深呼吸をした後、どれくらいの量の呼吸をするかを測定します。 それは痛みがなく、診療所で行うことができます。

医師はチューブに付ける使い捨てのマウスピースを子供に与えます。 そのチューブを、呼吸を記録するマシンに取り付けます。 通常、誕生日のロウソクやレンガの壁などの画像が、マシンの画面上に現れます。 子供が息を吐き出すと、ロウソクの火が消えます(またはレンガが落ちます)。 正確な結果を得るために受診中に2回以上テストを繰り返すように子供は求められます。

子供の喘息が検査の時点で気になっている場合、医師は気道を開く吸入処方薬を与えるかもしれません。 彼らは薬を吸った後に試験をやり直すよう求められます。

他の関連検査には、運動負荷試験(呼吸検査中にトレッドミルまたはエアロバイクで運動する)、 呼気中の一酸化窒素検査(喘息患者の呼吸内にどれぐらいの量の一酸化窒素が存在するかを測定する特別な装置へ息を吐き出す検査)、およびアレルギー検査(何にアレルギーがあるかを判断するための皮膚および血液検査)があります。

治療

喘息を治癒する方法はありません。 しばしば生涯にわたる病気となります。 しかし、誘因を知ってそれを避け、処方薬を服用し、医師が与えた書面による喘息改善計画に従うことによって、子供の生活の質を向上させることができます。 この改善計画では、誘因するものおよび発作の開始を感じた場合の対処方法について詳しく説明しています。

喘息薬には、維持薬(喘息を抑えるために毎日服用する)と即効性の薬(喘息発作を起こしたときに即座に緩和するため通常は吸入タイプ)が含まれます。 ネブライザーで薬を吸引する人もいます。 ネブライザーは、薬品をマスクまたはマウスピースを介して吸入される微細な霧に変えます。 医者は、子供に最適なものを決定します。

小児喘息になったら

喘息の子供と生活するのは困難なことがあります。 喘息発作は、身体活動(遊びやスポーツ)、睡眠を妨げたり、子供が学校を休んだり入院の原因となります。 子供に喘息の誘因を認識させ、それらを避けることができない場合、計画を立てるように教えてください。

また、子供に喘息発作の場合にすぐに即効性のある薬を保管するように教えてください。 適切なモニタリングと薬を使用することで、子供は完全かつ活発な生活を楽しむことができます。

予防

喘息は予防できません。 しかし、子供は誘因が何かを知って、それを避けることによって喘息発作を減らすことができます。 たとえば、子供がペットやタバコの煙に曝されることを制限し、大気汚染がひどい日には屋内にいさせます。

子供の周りに強い香水やコロンをつけないでください。 強いにおいが喘息発作を引き起こす可能性があります。

医師に質問するための事項

  • 子供が成長したら喘息が治りますか?
  • 喘息発作で死ぬことがありますか?
  • 年をとってから喘息を発症することはありますか?
  • 体重を減らすことで喘息が改善されますか?
  • 子供が喘息発作の危険性を減らすために自宅でできることはありますか?

 

この記事に含まれるキーワード

喘息(70) 小児喘息(5) ネブライザー(3) 気管支(3) 呼吸検査(1) 吸入処方薬(1)