運動誘発性の蕁麻疹

2017/3/16

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

運動誘発蕁麻疹(じんましん)は、蕁麻疹などのアレルギー症状を引き起こす状態である。運動中または運動後に起こることがあります。

蕁麻疹または「膨疹」は、通常、中央部よりも周辺部でより赤色で、皮膚上の平坦な隆起部です。蕁麻疹は、体のどの部分にも起こり、赤い斑点、できものや水疱のように見えることもあります。

症状

症状は以下の通りです。

  • 蕁麻疹(大または小)
  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚の潮紅(赤み)
  • 呼吸困難や窒息感
  • 胃のけいれん
  • 頭痛
  • 顔、舌または手の腫れ

治療

運動中に蕁麻疹が出た場合の対処

運動中に蕁麻疹に気付いたらすぐに運動をやめる必要があります。蕁麻疹が5〜10分で消えない場合や、ほかの症状がある場合は、すぐに医師に相談してください。

命にかかわるか?

重度の症例では、生命を脅かす可能性がありますが、これは非常にまれです。重度の症状がある場合は、医師はエピネフリンと呼ばれる薬を処方することがあります。症状が始まった際にすぐにこの投薬を注入することで、症状を止めることができます。

運動できなくなるのか?

ほとんどの症状は、医師が処方する薬を服用し、症状が始まるとすぐに運動のペースを落とすかまたは停止させることによって制御することができます。症状を知っているパートナーと常に運動することでコントロールできます。

一部の人は、運動前に特定の食物を摂取すると、アレルギー症状が起こりやすくなります。運動する前に食べるものを数週間記録して、食物に関連すると思われる症状のパターンに気付いた場合は、しばらく食べることをやめ、蕁麻疹が止まるかどうかを確認します。また、食事後4〜6時間運動をしないように指示することもあります。

治療

特定の抗ヒスタミン薬などの薬は、場合によっては症状を予防することができます。医師は、必要に応じて、アレルギー反応を誘発するものを特定し、薬を処方することができます。一部の人は、特定の運動を避ける必要があるかもしれません。

医師に質問するための事項

  • 蕁麻疹の原因は何ですか?
  • 特定の運動をやめるべきですか?特定の運動はどのような運動ですか?
  • 抗ヒスタミン剤を服用すべきですか?
  • 蕁麻疹は何かに影響を及ぼし悪化することがありますか?
  • アレルギー反応の悪化に備えてエピペンを持っていなければなりませんか?
  • ライフスタイルに変更すべき点はありますか?
  • 特定の食べ物を止めるべきですか?特定の食物の具体例は?
  • 蕁麻疹を患ったとき、取り除くための最善の方法は何ですか?

この記事に含まれるキーワード

蕁麻疹(7) 運動誘発性蕁麻疹(1) 抗ヒスタミン薬(21) アレルギー症状(4) 膨疹(1)