妊娠誘発性高血圧

2017/3/16

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

血圧とは血管の圧力で、血が血管を通って動く力です。 医師や看護師は、上腕の周りに加圧帯を巻いて血圧を測定し、聴診器で血流を聞きます。 高血圧は、血液が通常より高い圧力で血管を通過するときに発生します。
妊婦が発症する高血圧には以下の3種類あります。

慢性高血圧症

妊娠20週前に発症するか、女性が妊娠前に持っている高血圧。妊娠する前から女性が高血圧を持っていることもありますが、最初の出生前診断までは分かりません。

妊娠性高血圧症

ちょうど妊娠の終わり近くに高血圧になる女性もいます。 他の関連症状はありません。

妊娠高血圧症候群(PIH)

妊娠中毒症や子癇前症(しかんぜんしょう)とも呼ばれる症状です。この状態は、放置すれば母親と赤ちゃんの両方に深刻な問題を引き起こす可能性があります。 PIHは妊娠20週後に発症します。 高血圧と並んで、尿中のタンパク質、血液の変化などの問題を引き起こします。

PIHは、胎盤(赤ちゃんに酸素と食物を与える器官)が十分な血液を得るのを妨げる可能性があります。 胎盤が十分な血液を得られない場合、赤ちゃんが得られる酸素と食べ物が少なくなります。 これは、赤ちゃんに低体重出生などの問題を引き起こしかねません。
PIHを持っていても、ほとんどの女性は健康な赤ちゃんを産みます。 ただし、少ない症例ではありますが、子癇(しかん)(痙攣を伴なうPIH)と呼ばれる母親や赤ちゃんにとって非常に危険な症状、またはほかの重大な問題が起こることがあります。 幸いにも、PIHは通常、定期的な出生前検診を受けている女性なら早期発見され、ほとんどの問題を予防することができます。

症状

PIHの以下の症状のいずれかがある場合は、すぐに医師にご相談ください。
・重度の頭痛
吐血
・足と手が過度にむくむ
・尿が少ないか、出ない。尿に血が混ざる
・鼓動が速い
・めまい
・過度の吐き気、嘔吐
・リンリン、またはブンブンというような耳鳴り
・眠気
・発熱
・ものが二重に見える、視界がぼやける、突然失明する
・腹部の痛み

高血圧だとPIHになる?

必ずしもそうではありません。血圧が高いと判断された場合は、医師がPIHの症状がないか注意深く観察します。 高血圧に加えて、PIHを有する女性はひどい浮腫、むくみも出ます。 尿にタンパク質が出ている可能性もあります。 妊娠中に高血圧になる女性の多くは、尿にタンパク質は混ざらず、腫脹もなく、PIHもありません。

浮腫やむくみがあるとPIHになる?

浮腫やむくみだけでは、必ずしもPIHがあるとはいえません。 浮腫やむくみの中には、妊娠中では正常のものがあります。 たとえば、指輪や靴がきつ過ぎるだけかもしれません。 ただし、休んだあとも浮腫やむくみがなくならない場合や、顔や手からPIHがあることが非常に明らかである場合、そして週に2キロ以上急激に体重が増える場合、浮腫やむくみはより深刻です。

原因

PIHは、女性の最初の妊娠中、あるいは母親または姉妹がPIHだった女性によく見られます。 PIHのリスクは、多胎妊娠をしている女性、10代の母親、40歳以上の女性だと高くなります。 そのほか、妊娠前に高血圧または腎臓病を患った人にもリスクがあります。しかしPIHの原因は不明です。

診断

誰もPIHを診断しません。 血圧は医師の訪問時に毎回検査されます。 血圧が大幅に上昇した場合、PIHの初期の兆候である可能性があります。 尿検査では、尿にタンパク質が出ているかどうかを知ることができます。 医師から、PIHを診断できる血液検査を受けるよう指示されるかもしれません。 PIHの兆候がある場合、少なくとも週に1回、可能なら毎日診察してもらうべきです。

治療

治療は高血圧のタイプに依存します。

慢性高血圧症

すでに高血圧のための薬を服用している場合、医師はその薬の服用を続けるように指示します。 その薬が赤ちゃんにとって安全でない場合、医師は妊娠期間は別の薬に変更したり、薬の服用をやめさせたりするかもしれません。 医師は、赤ちゃんの成長具合に特に注意を払います。より頻繁に超音波検査を受けることになるかもしれません。赤ちゃんが健康であることを確認するために、妊娠の終わり近くにいくつか検査を受けるかもしれません。 医師は、PIHの兆候がないか注意深く観察します。

妊娠性高血圧症

この場合、特に治療は必要ありません。 しかし、早期あるいは軽度のPIHではないかどうかをこの状態で判断するのは難しいので、医師は、妊婦の高血圧がPIHに変わらないように、非常に注意深く観察します。 医師は、PIHを予防するためにアスピリンまたはカルシウムを補給するよう指示することがあります。 休むときは体の左側を下にして横になるよう指示されるかもしれません。 これは、血流を改善し、大きな血管に体重がかからないようにするためです。

PIH

医師がどのように治療するかは、予定日がどの程度近いか、妊婦と赤ちゃんの経過が順調かどうかによって変わります。 PIHを止める唯一の治療は赤ちゃんを産むことです。 もちろん、赤ちゃんが非常に早く生まれた場合、深刻な健康上の問題がある可能性があります。 しかし、妊婦や赤ちゃんが重篤な病気であれば、医師は早く出産させようと考えるかもしれません。医師は、妊娠期間が長期間続く方が安全だと考えた場合、出産まで妊婦と赤ちゃんを非常によく観察します。 頻繁に診察を受け、血液検査をすることになります。 赤ちゃんもいくつか検査を受けて、健康であることを確認するでしょう。 仕事に行かず自宅のベッドで休む必要があるかもしれません。 入院が必要な場合もあります。

関連質問

塩分についての注意

妊娠していないときに高血圧をコントロールする方法の1つは、塩分摂取量を減らすことです。 しかし、妊娠中の高血圧なら、これは良い方法ではありません。体液の流れを維持するためには塩分が必要なので、塩分を通常通り摂取するべきです。 医師は毎日摂取する塩分の量と、毎日飲むべき水の量を指示してくれます。

赤ちゃんを早期に出産させる場合、帝王切開をしなければならない?

医師とあなた次第です。 あなたや赤ちゃんの健康が危険にさらされている場合は、帝王切開(赤ちゃんを出産するための手術)の可能性が高くなります。 それほど深刻でない場合、医師は薬(オキシトシンなど)を使用して分娩を開始させることができ、経膣分娩ができます。

出産後の血圧はどうなる?

<慢性高血圧症>
出産後も血圧はおそらく高いままになります。 高血圧のために、薬を服用し続けなければならないでしょう。食事と運動に注意してください。
<妊娠高血圧症>
出産後数週間以内に、血圧は正常に戻るでしょう。しかしその後、慢性高血圧症を発症する可能性は高いです。
<PIH>
出産後、血圧は数週間以内に正常に戻るでしょう。

合併症

妊娠中の高血圧はなぜ問題なのですか?
妊娠中の高血圧は、妊婦と赤ちゃんに次の問題を引き起こす可能性があります:
・慢性高血圧症:高血圧により、赤ちゃんの成長が遅くなる、または赤ちゃんが十分な栄養分や酸素がとれなくなります。 つまり赤ちゃんの健康が害されます。 また、慢性的な高血圧を有する女性はPIHを発症する可能性が高く、非常に危険です。
・妊娠高血圧症:妊娠高血圧によって問題が発生することはありませんが、出産後に母親が高血圧を発症するリスクは高くなります。 妊娠高血圧がPIHに変わることもあります。
・PIH:高血圧が主たるな問題ではありませんが、主な症状の一つではあります。 PIHによって、頭痛、視界がぼやける、視力喪失、腹痛、めまいなどの症状が出る可能性があります。 赤ちゃんの成長が遅くなり、低体重で早産になるかもしれません。痙攣 発作を伴うPIH(子癇と呼ばれる)が出た場合、妊婦と赤ちゃんは死に至る危険があります。 多くの医師は、分娩中やその後数日間、子癇前症を予防するために硫酸マグネシウムを患者に投与します。これついては医師に相談してください。

医師に相談するための質問

・私は妊娠しており、高血圧です。PIHの恐れがありますか?
・PIHのリスクを減らすために何ができますか?
・検査は必要ですか? どのくらいの頻度で診察を受ける必要がありますか?
・私や私の赤ちゃんは危険にさらされていますか?
・どのような治療法がありますか? 私にとって最善の治療法は何ですか?
・ベッドで休息する必要がありますか?
・早く産む必要がありますか? 帝王切開が必要ですか?
・私の赤ん坊にとって、早産で生まれるリスクは何ですか?

この記事に含まれるキーワード

高血圧(114) 妊娠誘発性交血圧(1) PIH(1) 慢性高血圧症(1) 妊娠性高血圧症(1) 妊娠高血圧症候群(10)