いぼ

2017/3/16

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

いぼは通常痛みを引き起こさない皮膚上の小さな腫瘍です。 いぼによってはかゆみや痛みを引き起こし、特に足にできる場合はそれが顕著に現れます。 いぼには5種類あります。

・手にできるいぼ
・顔および額にできる平らないぼ
・性器や陰部、太ももの間にできる性器いぼ(尖圭)
・足底にできる足底いぼ
・手足の爪の下やその周囲にできる爪および爪周囲のいぼ

原因

いぼは、体内のウイルスによって引き起こされる感染症の一種で、ヒトパピローマウイルス (HPV)が関わっています。 100種類以上のHPVがあります。 いぼは、肌、口の中、性器や直腸など、体のあらゆる部分にできる可能性があります。

HPVの一般的なタイプは、皮膚(手や指など)にいぼを引き起こす傾向があり、他のHPVタイプは、性器および直腸領域にいぼを引き起こす傾向があります。 HPVウイルスへの耐性が強く、他の人と比べていぼができにくい人もいます。

いぼは人にうつるのか?

人が皮膚のいぼに触れると、その人にうつることがあります。 また、いぼを持っている人が使ったタオル等を使用することでいぼがうつることもあります。

性器のいぼは非常に伝染性が強く、経口、膣またはアナルセックスの最中にパートナーにうつることがあります。 あなたもしくはパートナーが生殖器領域にいぼを持っている場合、無防備な性行渉をしないことが重要です。

女性は、いぼが子宮頸部(膣の内側)で成長することがあります。 それを知らずに性交渉を行った場合、パートナーに感染させる可能性があります。

治療

いぼは自然に消える?

いぼが消えるまでには数ヶ月または数年かかることがありますが、しばしば自然に消えます。 しかし、自然に消えることがないものもあります。 その医学的な原因はまだ分かりません。

皮膚のいぼは治療する必要があるのか?

一般的には、治療の必要があります。 いぼのなかには出血し、ぶつかるときに痛みを引き起こすものもあります。

また、顔にできる場合など、恥ずかしいこともあります。 治療することで、いぼが体の他の領域や他の人にうつる可能性を少なくすることができます。

肌のいぼはどのように除去されるのか?

まず、皮膚上のいぼ(指、足、膝など)や性器のいぼはさまざまな方法で除去することができることを知ることが重要です。 生殖器のいぼを取り除く場合、家庭薬や市販薬は試してはいけません。 化学物質を使用することで、あなたの性器を傷つける可能性があります。

顔にできたいぼもまた、医師に相談することなく治療することは避けてください。 皮膚からいぼを除去する方法には、次のようなものがあります。

どの治療法が最適であるかは、医師に相談してください。

・サリチル酸
サリチル酸をいぼに塗ることによって、手、足、または膝にできたいぼを治療することができます。これは、毎日塗ることを数週間続けることによって効果が現れます。 お風呂やシャワーをした後、タオルで肌を軽く乾かし、いぼにサリチル酸を塗布してください。 湿った肌に塗布したほうが、酸がより深く浸透し、効果的です。 翌日、シャワーや風呂に入る前に、つめやすりや軽石を使って乾燥したいぼの表面を整えてください。

・カンタリジンを塗布する。
医師は、いぼにカンタリジンを処方することがあります。 この治療では、医者は化学物質をいぼに「塗りつぶします」。 化学物質がいぼに塗布される際、ほとんどの人は痛みを感じません。 約3〜8時間でいぼが痛み、水疱になります。 カンタリジンで治療した後、包帯をいぼに巻きます。 24時間後に包帯をとります。 カンタリジンや他の化学物質の混合物を使用する場合、包帯は2時間後にとります。 次の診察では、医師はいぼの死んだ皮膚を取り除きます。 1回の治療でいぼがなくならない場合、医師は別の治療法を提案することがあります。

・液体窒素
医師は液体窒素を使用していぼを凍らせることがあります。この治療法は凍結療法または凍結手術と呼ばれています。液体窒素をいぼに塗布すると、少し不快感が生じます。 いぼを完全に取り除くには、1〜3週間ごとに液体窒素処理を2〜4回行う必要があります。 改善されない場合は、別のタイプの治療法を推奨する場合があります。

その他の治療法。医者はまた、いぼを燃やしたり、いぼを切断したり、レーザーでいぼを取り除いたりして、肌のいぼを除去することができます。 これらの治療は効果的ですが、瘢痕を残す可能性があります。 通常、他の治療法では解決していないいぼにのみ適用されます。

凍結手術とは?

凍結手術には、二つのステップが必要です。

最初のステップは、いぼを取り除くための準備です。 これは、自宅で行うことができます。
二つ目のステップは、いぼを凍結させることです。これは、医師によって行われます。 いぼが完全に除去される前に、いくつかの凍結治療が必要な場合があります。

凍結手術のため必要なこと?

いぼを取り除く準備をするためには、家で自分でいくつかのことをする必要があります。 医師の診察室に来る前にこれらのことを行うことで、必要な凍結治療の回数を減らすことができます。 次のことを行う必要があります。

1.毎晩2週間、石鹸と水でいぼをきれいにし、その上に17%サリチル酸ゲルを入れます。

2.ゲルをつけた後、40%サリチル酸パッドでいぼを覆います。パッドをいぼよりも少し大きなサイズにカットする。パッドには粘着性があり、いぼにとどまることができます。

3.パッドをいぼの上に貼り、24時間放置します。その部分が非常に痛んだり赤くなる場合は、ゲルとパッドの使用をやめ、医師に連絡してください。

4.パッドをはずした後、石鹸と水でその部分を掃除し、いぼにゲルを入れ、別のパッドに貼り付けます。パッドが取れてしまった場合、日中はそのままにしておき、夜に再びパッドを貼り付けてください。

5.この治療の2週間後、あなたのいぼは白くなってふわふわに見えます。医者は、いぼを覆っている白い皮の層を取り除き、凍結手術を使用していぼの基部(根)を凍らせます。 肌が寒さに強く反応する場合は、凍結手術前に医師に相談してください。

凍結手術は不快なことがありますが、通常はあまり苦痛ではありません。 凍結するとやや麻痺します。 医者がいぼを凍らせるために肌に器具を置くとき、氷の立方体が肌にくっついているような感覚になり、肌が解凍すると、灼熱感を感じます。

凍結手術後の治癒には通常時間がかかりません。 治療期間中、入浴やシャワーを含む、おそらくすべての通常の活動を楽しむことができます。 凍結手術は傷跡がほとんどまたは全くありません。領域が治癒した後、治療された皮膚は、周囲の皮膚よりも少し明るい色になることがあります。

生殖器のいぼの治療法

生殖器のいぼは、医者によって取り除かれなければなりません。 生殖器領域のいぼは除去することができますが、いぼの原因となるウイルス感染の治療法はありません。 これは、いぼが除去された後でも再発する可能性があることを意味します。

いぼは再発するのか?

ほとんどの場合、いぼの治療は成功し、いぼは正常に消えてしまいます。 あなたの体の免疫システムは、通常、いぼが治療された後に残る可能性のある小さないぼを取り除くことができます。 生殖器いぼは、それらを引き起こすウイルスの治癒がないため、またいぼが湿った環境で制御することがより困難であるため、再発する可能性が高くなります。 いぼがまたできてしまう場合は、医師に相談してください。

医師に質問すべき事項

・いぼはありますか?
・どのようにいぼができてしまったのですか?
・体の他の部分にいぼをうつさない最善の方法は何ですか?
・家族にいぼをうつさないようにするにはどうすればいいですか?
・どのような治療法が最適ですか?
・いぼのための市販の治療薬はありますか?
・凍結手術は必要ですか?
・凍結手術の治療期間はどのくらいですか?
・いぼを取り除く方法はほかにありますか?
・いぼが増えてしまいますか?

この記事に含まれるキーワード

HPV(14) ヒトパピローマウイルス(5) いぼ(6) サリチル酸(3) カンタリジン(1) 液体窒素(4)