陥入爪

2017/3/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

足の爪が陥入すると、爪の側面または角が下がり、つま先に突き刺さり、腫れや痛みおよび発赤を引き起こし損傷する状態です。

原因

さまざまな要因が陥入爪を引き起こすことがありますが、主な原因はフィットしない靴や不適切にトリミングされた爪です。
あまりにもタイトな靴は、爪の側面を押して、皮膚を屈曲させ、先端ではがれたり、コーナーでトリミングされた爪もまた内向きになる可能性があります。

治療

症状が軽度の場合は、足を暖かい水に15〜20分間浸し、綿棒の一部を乾燥させ爪の角の下に置きます。
症状が悪化しているという徴候には、痛みや腫れ、排膿の増加などがあります。感染の徴候がある場合、医師は経口抗生物質または抗生物質軟膏を提案することがあります。皮膚に突き刺さっている爪の部分を取り除くために、軽い外科手術が必要な場合があります。

足首を固定するための手術

医師は最初に、麻酔薬を注射して足を麻痺させます。それから皮膚の中に伸びている爪の端に沿って爪を切断し引き出します。最後に、爪床の露出部分に小さな電荷または液体溶液を塗布することがあります。これにより、足の爪が皮膚に再び伸びるのを防ぎます。
この手術はアブレーションと呼ばれ、医師はそれを行う必要があるかどうかを決定します。すべての患者がアブレーションを必要とするわけではありません。

術後の対応

・ぬるま湯に毎日足を浸してください
・患部に少なくとも1日2回抗生物質軟膏を塗布してください
・治癒するまで絆創膏を貼ってください
・痛みのために必要に応じて、アセトアミノフェン(商品名:タイレノール)またはイブプロフェンを服用してください
・傷をきれいにして乾燥させてください。なお、手術の翌日シャワーは浴びても大丈夫です。
・最初の2週間は少し緩めの靴やスニーカーを着用してください
・最初の2週間は激しく動かないでください
・ハイヒールやきついシューズは、履かないでください。
・爪をまっすぐに切って爪の端を引っ張ったり、引っ掻いたりしないでください
・痛み、腫れ、発赤や排膿の増加など、患部に問題がある場合は、医師にご相談ください

予防

陥入爪を防ぐために、左右の深爪に注意しながら爪をまっすぐに切ってください。爪の適度な長さは日ごろから保ってください。

医師に相談するための質問

・どのような治療法が最適ですか?
・手術が必要ですか?
・足の爪を剥がさなければなりませんか?
・どんな種類の靴を履くべきですか?
・爪の形を整える方法を教えてくれますか?
・つま先が良くなるために自宅ですべきことはありますか?
・抗生物質が必要ですか?

この記事に含まれるキーワード

アセトアミノフェン 陥入爪 アブレーション