子どもの吸入剤乱用

2017/3/27

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

吸入剤乱用は意図的に一般家庭製品を吸い込むことです。ほとんどの場合、吸入剤として使用しています。人が吸入剤を乱用する方法はいくつかあります。
なお、容器からフュームを直接吸うことを「吸い込み」と呼びます。製品に布を浸して鼻の上にかぶせ吸い込むことは「ハッフィング」で、製品をバッグに注ぎ吸入することは「バギング」です。
若者が悪用しようとする家庭用品の例としては、以下が挙げられます。
・オーブンクリーナー
・プラモデルの接着剤
・スプレーペイント
・修正液(例えば、液体紙)
・ペイントシンナー
・ポリウレタン
・ラバーセメント

吸入剤を乱用する人とは?

吸入剤の最も一般的な乱用者は、ティーンエイジャー、特に12〜15歳の若者です。吸入薬は違法ではなく安価であるため、入手が容易です。
子どもから吸入剤を遠ざける最善の方法は、大人が吸入の危険性を教えることです。子どもの興味本位を助長させないためにも、話し合うことが重要です。

吸入剤乱用の影響

溶剤を吸入すると、心臓が不規則に動いたり、硬くなったり、さらには突然死することがあります。また、落下や火災、車のクラッシュで傷つける危険性がさらに高くなります(たとえば、子どもが吸入している間に運転しようとする場合など)。
吸入すると、脳への酸素の流れが妨げられ体のさまざまな器官に悪影響を及ぼします。子どもが吸入剤を乱用すると、ほかの種類の薬、特にアルコールやタバコにも手を出してしまう可能性があります。

症状

吸入剤を使用するティーンエイジャーは、次のような徴候があります。
・頭痛、めまい、記憶障害、睡眠や視力の問題
・あかぎれした唇や顔
・手や衣服にペイントの汚れ
・鼻水
・息に奇妙な臭い
・充血した目

治療

子どもに向き合ってください。そして、吸入虐待の危険性について教えてください。使用することの懸念について、また、子どもを助けたいことを伝えてください。
そして、子どもが頭痛やめまいなどの身体的症状を訴えている場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。
医師は吸入剤を乱用した子どもに聞き取りし、子どもの指導カウンセラーや学校の看護師、教師またはコーチにサポートを求めることもできます。

医師に相談するための質問

・吸入剤乱用の危険性は?
・子どもが吸入剤を乱用しているかどうすればわかりますか?
・子どもが吸入剤を乱用するのを防ぐには?
・吸入される家庭用品には何がありますか?
・子どもと吸入剤乱用についてのディスカッションをするにはどうすればいいですか?

この記事に含まれるキーワード

吸入剤 吸入剤乱用 ハッフィング バギング