熱性痙攣

2017/3/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

幼い子供の痙攣(ひきつけとも呼ばれる)は、しばしば38.9°Cを超える熱によって引き起こされます。熱性発作は5〜6歳の小児に発症する可能性がありますが、12ヵ月〜18ヵ月の幼児が最も一般的です。
熱性痙攣は発症しても危険ではありません。

深刻レベル

一般に、熱性痙攣は子供に有害ではなく、脳の損傷も引き起こしませんし、また、子供が発作中に舌を噛み切ることもありません。
熱性痙攣は通常、数分続きますが、5分以上持続することは非常に珍しいことです。熱性痙攣を患っている子供は入院する必要はなく、おそらくX線や脳波検査は必要ありません。子供は、かかりつけ医に見てもらうことで原因が分かることがあります。

症状

子供が熱性痙攣を起こした場合、意識不明になり、白目をむくことがあります。また、子供の腕と脚が硬くなったり、震えたり痙攣したりすることがあり、嘔吐することもあります。発作の後、子供は眠くなり、また、混乱することがあるかもしれません。

原因

てんかんとの差異

発作が1回起こっても、子供はてんかんを患っているわけではなく、反復熱性痙攣でさえ、てんかんとはみなされません。
なぜなら、子供は発熱による発作の危険性を超えて成長するからです。てんかんのある小児は、通常、発熱に関係なく、発作が2回以上起こります。
熱性痙攣はてんかんを引き起こしませんが、いくつかの熱性痙攣を患っている小児のてんかん発症の頻度は、熱性痙攣がない場合よりもわずかに高く、熱性痙攣を患っている小児のてんかん発症の機会は、約2%〜4%です。熱性発作のために子供を薬で治療することがてんかんを予防するという根拠はありません。

治療

子どもが発作を起こしたら以下を行うようにしてください。
・唾液や嘔吐を防ぐために、子供を横にしてください
・子供の口に何も入れないでください
・発作時に子供の動きを抑制しないでください
・落ち着いてください。ほとんどの発作は数分以内に自然に止まります
・発作が10分以上続く場合や、頚部の痛み、嘔吐、呼吸の問題が伴う場合は、救急車に電話してください
・発作中など子供を寒い風呂に入れて、熱を下げようとしないでください

予防

多くの医師は、発作薬の副作用はリスクが高いと考えています。薬を使用しても、発作を防ぐことはできません。

関連知識

発作がとまった場合

医師に連絡してください。熱の原因を見つけるために診断します。

子どもの今後の発作

ほとんどの子供はその後発作は起こしません。しかし、子供が18カ月未満の場合、熱性痙攣の家族歴がある場合、または痙攣が起こったときに熱がそれほど高くない場合、別の熱性痙攣のリスクはわずかに高くなります。

医師に相談するための質問

・子供の熱性痙攣の原因は何ですか?
・子供は別の熱性痙攣ですか?
・熱性痙攣を防ぐためにできることはありますか?
・子供が熱性痙攣を起こす前に見なければならない徴候はありますか?
・子供が熱性痙攣を起こしている間、子供を抱くべきですか?
・発作中に口に舌圧子を入れるべきですか?
・子供をより快適にするために痙攣後にできることはありますか?
・子供が痙攣を起こした場合、てんかんの検査を受けさせるべきですか?

この記事に含まれるキーワード

てんかん 痙攣 熱性痙攣 反復熱性痙攣