失神

2017/3/17

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

脳が十分な酸素を得ていないときに失神が起こります。短い時間(通常は数秒または数分)意識を失うか、または気絶します。

原因

失神は、さまざまな原因によって引き起こされます。場合によっては、失神の特定の原因を見つけることができません。血圧が突然下がると、失神することがあります。時には、心拍数や血管は、体の酸素の必要性が変化したときに、十分に速く反応することができません。
これは高齢者や糖尿病などの健康状態を持つ人には一般的です。
失神は以下の場合に起こります。
咳、排尿、ストレッチングもまた脳への酸素の流れに影響し、失神させる可能性があります。
一度だけ気絶した場合は、おそらく心配するものではありませんが、何回か起こった場合は、医師に伝えてください。
頭を横に回したときに失神した場合、首の骨が脳につながる血管のひとつに挟まれている可能性があります。この状態が起こった場合は、必ず医師に伝えてください。
血糖値の低下もまた失神することがあります。これは糖尿病の場合に起こりますが、長期間食べないときに起こることもあります。
いくつかの処方薬は、失神を引き起こす可能性があります。失神が服用している薬に関連していると思われる場合は、必ず医師に相談してください。アルコールも失神を引き起こす可能性があります。
より深刻な失神の原因には、発作や心臓や脳につながる血管の問題などがあります。
失神の原因例
・あまりにも早く立ち上がる
・暑いときに、過度な仕事や運動をした
・過度に早い呼吸(過換気)
・非常に動揺したとき、血圧をコントロールする神経に影響が出た
・高血圧のために薬を服用している

失神を起こす人はどんな人?

特定の病状がある人は、失神する可能性がより高く、要因として以下が挙げられます。
・不規則な心拍
・(血液が脳に到達するのを妨げる)心臓の中または近くの閉塞
・糖尿病
・不安またはパニック障害
・脱水
・低血糖

診断

医師は、症状や気絶したときに何をしていたのかを尋ねるでしょう。失神した直前および直後にどのように感じたかについての詳細を尋ねるかもしれません。その原因を調べるためにいくつかの検査を行うかもしれません。

予防

失神しそうになったときの対処法

気分が悪くなる前に、部屋が回転しているように、めまいを感じるかもしれません。ぼやけた視界や聴覚障害もあります。失神しそうな気がしたら、横になり、横になることができない場合は座って、頭を膝の間で前方に曲げると脳に流れる血液を吸収するのに役立ちます。起きるときは気分が良くなるまで待ち、ゆっくりと立ち上がります。

失神したとき病院に行く必要性

1回だけ失神し、健康状態が良好であれば、おそらく医師に行く必要はありません。失神はよくあり、通常は深刻ではありません。しかし、重篤な健康上の問題、特に心臓関連の問題、高血圧や糖尿病がある場合や、気分が悪く、次のいずれかの症状がある場合は、医師に相談してください。
・不規則な心拍
・胸の痛み
・妊娠
・息切れ
・突然の発症(警告サインなし)
・ぼやけた視界
・錯乱
・発声上の問題
・意識を取り戻すために数秒以上かかる
・頭を横に回すと失神する
・月に1回以上失神する

医師に相談するための質問

・失神の最も可能性の高い原因は何ですか?
・失神の発作を止めるためにできることはありますか?
・失神を防ぐのに役立つ薬がありますか?
・気分が落ちるのを止めるのに役立つ措置がありますか?
・失神したら、目を覚ました直後に医師に相談すべきですか?
・失神に対処するために従うべき食事法はありますか?
・失神についての資料や参考になるウェブサイトはありますか?

この記事に含まれるキーワード

めまい(89) 脳(21) 気絶(2) 失神(8) 酸欠(2)