弱視

2017/3/21

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

弱視(じゃくし)は、目の片方または両方の視力の喪失または低下の原因となる目の問題です。子どもの視力の問題の最も一般的な症状です。通常、一方の目にだけみられますが、ときには両目にみられることがあります。

原因

視力をぼやけさせるか、または目が交差するようなことが起きると、弱視が生じる可能性があります。 たとえば、斜視 (左右の目がまっすぐみれないこと)、白内障、垂れ下がった眼瞼、またはよりよく見るためのメガネを必要 とする子(先天性の遠視)は 、弱視になることがあります。

治療

弱視の治療は、原因によって異なりますが、殆どの時間を視力の弱い目だけで生活する必要があります。そのため、より視力のよいほうの目に眼帯をあてます。

ときには、より視力の良い目の視力をぼかすために点眼薬や特別なメガネが使用されることがあります。 これにより視力の弱いほうの目を強くすることができます。 眼帯を使う時間は一日中なのか、一部の時間なのか、年齢および視力に応じて変わります。

メガネやコンタクトレンズは、いくつかの問題を解決します。

白内障、眼瞼下垂、または斜視には手術が必要な場合があります。

治療は通常、視力が正常になるまで、または視力がよくなるまで続きます。 ほとんどの子どもでは数週間ですが、一部の子どもでは8~10歳まで眼帯を使用する必要があります。

眼帯が長すぎると視力の良い目を傷つけることがあるという可能性もあります。 このため、眼帯を着用しているうちは頻回に医者に診てもらうべきです。

医師に質問すべき事項

・常に視力に問題がでますか?
・弱視を治療する最善の方法は何ですか?
・眼鏡やコンタクトを必要としますか?
・眼帯をつける必要があるといわれました。どれくらい着用しなければなりませんか?
・弱視による長期的な問題はありますか?

この記事に含まれるキーワード

点眼薬 弱視 視力 眼帯