パーキンソン病

2017/3/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

パーキンソン病は、神経系に影響を与え、筋肉運動に問題を引き起こす疾患です。
通常、ドーパミンと呼ばれる化学物質を作る神経細胞は、動きを調整するのに役立つシグナルを送ります。
パーキンソン病を患っている人では、これらの細胞は死ぬか、正常に機能しません。 病気の影響は時間の経過と共に悪化します。 パーキンソン病の治療法はありませんが、治療によって症状を緩和することができます。

症状

パーキンソン病を患っている人は筋肉運動に問題があります。 これらの問題には、次のものがあります。
・手、腕、脚、顎、または顔の振戦(揺れや震え)
パーキンソン病によって引き起こされる振戦は、最初はほとんど気付きませんが、時間の経過とともに悪化します。振戦はまた、人が休息しているときに悪化し、人が動くときに良くなる傾向があります。 振戦は、身体の片側に他方より多く影響を与えることがあります。 手または腕の振戦により、人の手書きが震えていたり、通常よりも小さいことがあります。
・動きの鈍化
時間が経つにつれて、パーキンソン病を患っている人はゆっくりと動き始め、椅子から立ち上がるような単純なタスク(動作)を実行するのに長い時間かかることがあります。
・硬い筋肉(剛性とも呼ばれます。)
時間が経つにつれて、体内の筋肉が収縮し、動かすのが難しくなります。
・姿勢やバランスの問題
パーキンソン病は、立ったりまっすぐに座っていることが難しくなります。 座ったり、立ったり、歩いたりするときにバランスの問題を引き起こし、転倒につながる可能性があります。
パーキンソン病のほかの症状には、
悪夢、うつ病、余分な唾液、発声障害、歩行困難、服のボタン掛けが困難、食べ物を切るのが困難、などがあります。

原因

医師はパーキンソン病の原因を正確には知りません。 少数の人では、遺伝学が役割を果たすと考えています。 これらの人は、家族からパーキンソン病の遺伝子を継承するか、または遺伝子変異を有するかのいずれかだと考えています。
環境要因もまた重要な役割を果たすかもしれません。 たとえば、農薬などの毒素に長期間曝露すると、パーキンソン病のリスクが高くなる可能性がありますが、そのリスクは小さいです。

治療

パーキンソン病の治療法はありません。 しかし、薬は病気の症状をコントロールするのに役立ちます。 パーキンソン病の治療に使用される最も一般的な薬は、脳内のドーパミンの量を増加させるカルビドパ・レボドパです。 ドーパミンアゴニスト、脳内の特定の化学物質を阻害する薬、抗コリン作動薬、アマンタジンなどの他の医薬品も入手可能です。 医師は最高の治療法を推奨します。
医師は、薬に加えて運動療法または理学療法も勧めます。 場合によっては、外科手術も症状を緩和するのに役立ちます。

医師に相談するための質問

・パーキンソン病は予防できますか?
・パーキンソン病は別の状態の徴候となりますか?
・家族でパーキンソン病が発症しますか? 私は危険にさらされていますか?
・パーキンソン病は治癒することができますか?
・パーキンソン病治療薬の種類と副作用はありますか?

この記事に含まれるキーワード

パーキンソン病(25) 抗コリン作動薬(1) アマンタジン(1) カルビドパ・レボドパ(1) ドーパミンアゴニスト(1)