痔核

2017/3/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

痔核は、直腸や肛門にできる静脈瘤です。痔核のタイプは、内痔核、脱出痔核、外痔核とあり、どこに発生するかによって異なります。
痔核がある場合は、肛門の端に柔らかい塊を感じるかもしれません。
排便後、トイレットペーパーやトイレに血液が付いていることがあります。
・内痔核は直腸内部の静脈が原因です。内痔核は通常傷ついていませんが、痛みを伴わずに出血することがあります。
・脱出痔核は、大きくなった痔核が肛門の外に出ることが原因です。
脱出痔核は、自然に直腸内に戻ったり、自分で内部に戻すこともできます。
・外痔核は肛門の外側にできる静脈瘤が原因であり、かゆみや痛みを伴い、時には亀裂や出血を起こすことがあります。

原因

痔核は、肛門や直腸にある静脈の圧力が高まることによって引き起こされます。主な原因の1つは、排便時のいきみです。これは、便秘や下痢がある場合に発生する可能性があります。また、トイレに長時間座っていると起こることもあります。肥満、重労働、またはひどい緊張状態などが要因となって引き起こされる可能性があります。

痔核にかかるのはどんな人?

誰もが痔核になる可能性があります。
両親に痔核がある人は、より可能性が高いかもしれません。妊娠中の女性は、出産やその緊張のために、しばしば痔になります。
非常に過体重だったり、立ちっぱなし、重い物を持ち上げたりすると、痔核を悪化させる可能性があります。

診断

原因が痔であるかどうかを確認するために出血に気付いた場合は、医師に相談してください。直腸や肛門からの出血や血便は、癌のような深刻なものの徴候です。

治療

便秘の予防

・食物繊維の摂取を心がけてください。新鮮な果物、葉野菜、全粒粉(ぜんふんりゅう)のパンや穀物は食物繊維の源です
・多量の水分を飲みましょう(アルコールを除く)。1日にコップ8杯の水を飲むのが理想的です
・定期的な運動を行いましょう。
・バルク形成緩下剤を除き、他のタイプの下剤の使用は避けましょう。―下痢を引き起こし、痔核を悪化させる可能性があります
・排便の際、あまり長い間トイレを使用しないようにしましょう。

痛みを和らげる方法

・暖かい風呂に入りましょう。
・湿ったトイレットペーパーや乳児用おしり拭きなどで患部を軽くたたいて、排便後の肛門をきれいにしましょう。
・膨張を緩和するためにアイスパックを使用しましょう。
・痛みを和らげるために、アセトアミノフェン、イブプロフェンまたはアスピリンを使用しましょう。
・患部にウイッチヘーゼルを含むクリームを塗るか、麻痺軟膏を使いましょう。―ハイドロコルチゾンを含むクリームは、かゆみや痛みに使用することができます
・医師と相談することなく痔の薬を使用しないようにしましょう。

手術の必要性

痛みを伴う痔は、通常、1〜2週間で自然に傷が治ります。症状が続く場合は医師に相談してください。ゴム輪結紮法(ごむわけっさいほう)は内痔核の治療に使用できます。痔核の根元の周りに小さなゴムバンドを配置します。これにより、その領域への血液の流れが止まり、痔核が萎縮します。
また、内痔核は化学物質を注射することによっても処置されることもあります。内痔核が脱出性であったり、非常に大きい場合、痔核切除(痔核の外科的除去)が必要になることがあります。

医師に相談するための質問

・痔核を和らげたり、予防したりするため、ライフスタイルの改善策はありますか?
・排便後にトイレットペーパーに血液が付着していました。これは深刻な状態ですか?
・痔核には別の健康状態の徴候がありますか?
・これからも痔になりますか(再発しますか)?
・痔のために服用できる薬はありますか?また、副作用はありますか?

この記事に含まれるキーワード

アセトアミノフェン(28) イブプロフェン(21) アスピリン(26) 痔核(4)