手足口病

2017/3/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

手足口病は、コクサッキーウイルスによって引き起こされる伝染性であり小児期の疾患です。この病気は、口の内外のびらんや水疱だけでなく、手のひらや足の裏にある発疹(赤い斑点)やびらんが発生するために見つけることがます。

5歳未満の幼児および小児はウイルスに感染する可能性がより高く、まれに、大人も感染することがあります。この疾患の発生は、夏期および初秋に多く見られます。

症状

子供が手足口病を患っている場合は、まず発熱(高いことがある)、頭痛、食欲不振、喉の痛み、および過度に疲れを感じることがあります。口、手、および足の周りのびらんまたは水疱は、最後に現れる症状です。

通常、この病気の人と接触してから3〜7日後に現れます。しかし、ほとんどの人がすべての症状を呈するわけではありません。典型的なびらんや水疱は、発熱の1〜2日後に現れます。接触したり押されたりすると、柔らかく軽度の痛みを感じることがあります。また、口の中の傷(頬、歯茎、喉)に発症することがあります。発疹が足の裏と手のひらに現れ、水疱や炎症になることがあります。まれに、肘や膝、生殖器、殿部などにびらんや水疱が現れることがあります。

さらに合併症から発症することがあります。びらんにより嚥下(エンゲ)するのが苦痛になるので、子供も大人も脱水症になることがあります。高熱により発作を引き起こす可能性もあります。

原因

手足口病は、コクサッキーウイルスによって引き起こされます。エンテロウイルス(要解説)と呼ばれるウイルスの系統の一部で、消化管(口、食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門)に見られます。

診断

医師は、子供の最近の病気(発熱、食欲不振、頭痛、喉の痛み)や年齢を確認し、病気を診断するために子供の手足のびらんや水疱を調べます。まれに、医師が子供の喉の後ろをスワブして検査室に送るか、または医師が検査室に送るために子供から大便サンプルを採取することがあります。検査室ではウイルスを検査し、原因を究明することができます。

治療

残念なことに、抗生物質ではウイルスを治療できないため、医師は処方しません。医師は、子供の症状の不快感を和らげるためにいくつか助言します。例えば、子供にアセトアミノフェンとイブプロフェン(市販の鎮痛剤)を与えて、発熱や咽喉炎を治療することができます。用量については医師に相談してください。喉の痛みも、塩水を飲むことで緩和できます(小さじ½の塩とぬるま湯をかき混ぜる)。

子供が十分な水分を得ていることを確認します。冷えた乳製品は、ジュースやソーダよりも優れています。ジュースとソーダの酸性度は口内炎を刺激し、灼熱感を引き起こす可能性があります。子供が飲み込むのが困難な場合は、非果汁のポプシクルを与えてみてください。子供は5〜7日で完全に回復するはずです。

アスペルチン(特にインフルエンザや水痘などのウイルスに使用される場合)は、ライ症候群と結びついています。ライ症候群は、肝臓や脳の腫れを引き起こす深刻ですがまれな状態です。

早期治療しないと致命的になる可能性がありますので、子供が錯乱している、発作を起こしている、または意識を失っている場合は、医師に連絡してください。

手足口病に罹ったときの生活は?

ウイルスは約1週間後には消失するため、手足口病は短期的です。ウイルスに感染している子供の親は、自宅で安静にしてほかの人に感染しないように休息させることです。

予防

手足口病は伝染性があるので、まず感染している人との接触を避けることが重要です。手足口病が広がる1つの要因は、咳やくしゃみのときに人の鼻や口から出る小さな液滴によるものです。ウイルスによって汚染されたもの(液滴、ドアノブ、おむつ、びらんや水疱からの液体)に触れた後、鼻や口を触るとウイルスが体内に入ります。

子供は、だれがウイルスに感染しているかを(初期の段階で)常に知っているわけではないので、家族全員が手洗いを行うことが重要です。

医師に質問するための事項

・びらんや水疱に触れてウイルスが広がっていますか?
・痛みを和らげるためにびらんに軟膏を塗布できますか?
・傷や水疱は長期的なびらん跡が残りますか?
・口の中のびらんは、手足の傷口よりも治癒に長くかかりますか?
・子供はいつまで伝染していますか?

この記事に含まれるキーワード

脱水症 手足口病 エンテロウイルス コクサッキーウイルス