B型肝炎

2017/3/22

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

肝炎は肝臓の炎症の一般的な用語です。通常、肝臓は血液中の老廃物を分解します。しかし、肝臓が炎症を起こしたときは、老廃物を取り除くために機能しません。これにより、血液や組織に老廃物が蓄積されます。
肝炎を引き起こす可能性がある要因はさまざまです。肝炎の最大の原因は、5種の肝炎ウイルス(A、B、C、D、E)のうちの1種に感染することです。肝臓への血液供給不足、毒、自己免疫障害、過度のアルコール摂取、肝臓の傷害、および特定の医薬品の服用も肝炎の原因となることがあります。あまり多くはありませんが、伝染性単核球症またはサイトメガロウイルスも、肝炎を引き起こす可能性があります。
肝炎には主に2種類あります。急性肝炎(一時的なもの)と、慢性肝炎(少なくとも6カ月続く)です。ほとんどの人は、数日または数週間で急性肝炎が治ります。しかし、炎症が消えないこともあります。6カ月で消えない場合、慢性肝炎にかかります。

B型肝炎とは?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスによって引き起こされる重篤な肝臓感染症です。このウイルスは、感染した人の血液や体液と接触することで、人から人へと広がります。

症状

B型肝炎の症状は、軽度から重度の範囲であります。軽度の場合、感染していることに気づかないかもしれません。症状を引き起こすことはありませんし、胃炎のような症状を引き起こすだけかもしれません。B型肝炎の症状には以下が含まれます。
・食欲減少
・吐き気
・嘔吐
・脱力と疲れ
・腹痛、特に肝臓周辺の痛み
・暗い色の尿
・黄疸(肌と白目が黄色い)
・関節痛

原因

B型肝炎ウイルスへの感染によって、B型肝炎が発症します。
たとえば、感染したパートナーとの無防備なセックスをしている場合、ウイルス感染することがあります。また、静脈内薬を使用する人は、ウイルスの保有者と針を共有するとB型肝炎になることがあります。医療従事者は、感染した患者に使用された針に刺さってしまうと、B型肝炎を発症する可能性があります。そして、出産中に母親から赤ちゃんに感染することもあります。さらに、B型肝炎が多い地域に旅行する場合にもかかりやすくなります。
ただし、B型肝炎は人ウイルス保有者と手をつなぐといった、通常の接触では伝染しません。

診断

B型肝炎を診断するために血液検査が行われます。医師は、血液検査で肝臓が正常に機能しているかどうかを診るとともに、治療中に症状を把握するためにも行います。
肝臓の超音波検査やX線検査、肝臓生検が必要な場合もあります。肝臓生検は、病気の診断および肝臓の状態を直接見るのに役立ちます。

治療

急性(一時的)のB型肝炎の場合、からだは自分自身で感染症と戦うことができるため、治療を必要としないかもしれません。全身からB型肝炎を取り除くために働いている間、医師は症状を管理し、状態を診ます。
慢性(持続性)のB型肝炎の場合は、慢性肝疾患を患っている人を治療する胃腸科などの専門医を紹介されるでしょう。抗ウイルス薬による治療など、効果のある治療法が数多くあります。
治療の重篤度や治療の反応によっては、治療に1年以上かかることがあります。

合併症

慢性肝炎が肝硬変につながる可能性がある人がいます。肝硬変は、肝細胞が死んで瘢痕組織と脂肪に置き換えられたときに発生します。肝臓の損傷領域は機能しなくなり、廃棄物を浄化することはできません。肝硬変は、肝不全および肝臓がんに至ることがあります。
B型肝炎の場合、D型肝炎(デルタウイルスとも呼ばれます)の影響を受けやすくなります。D型肝炎は、既にB型肝炎を患っている人にのみ発症します。B型肝炎や肝臓病の症状を悪化させる可能性があります。これは、感染した血液やD型肝炎の人の体液と接触することで広がります。

予防

B型肝炎を予防方法は、常に安全なセックスをすること(コンドームを使う)、静脈内薬を使用する場合は、ほかの人と針を共有しないようにすることです。
また、予防ワクチンが用意されており、生後1年以内にすべての新生児に投与されています。これは、6カ月間に3回の注射が必要です。このワクチンは、医療従事者、子ども、感染が広がっている地域を旅行する人など、この病気の危険性が高い人に投与する必要があります。

医師に相談するための質問

・なにが原因でB型肝炎になったのですか?
・どのような治療法が最適ですか?
・B型肝炎を治すことができますか?
・服用すべき薬はありますか?
・B型肝炎から友人や家族を守るために何ができますか?
・治療はどれくらいの期間続くでしょうか?
・B型肝炎が再発する可能性はありますか?
・B型肝炎ワクチンを接種しなければなりませんか?
・抗ウイルス薬の副作用は何ですか?
・肝臓は再び正常になりますか?

この記事に含まれるキーワード

B型肝炎(21) 肝臓(27) 肝炎(11) 静脈内薬(1) 肝臓生検(1)