サイトメガロウイルス

2017/3/22

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

サイトメガロウイルス(CMV)は、非常に一般的なウイルスです。 人は通常、2歳まで、または10代に感染し、一生ウイルスを保菌します(通常は休止状態または非活動状態)。 成人の大部分は40歳までにウイルスを保菌します。

多くの人はCMVに感染しているが、それに気付きもしません。なぜならばウイルスが症状を引き起こすことはめったになく、通常は長期的な問題を引き起こさないためです。

しかし、CMVは免疫系が弱い人や、妊娠中に母親が感染すると新生児に問題を引き起こす可能性があります。

症状

通常、CMVは症状を引き起こさないか、軽度の症状のみを引き起こします。 少数の人は 伝染性単核球症(キス病) と同様の症状を 呈し ます。 CMVの症状には以下のものがあります。

子宮内でCMVに感染していた新生児は、生まれたときに非常に悪い状態になる可能性があります。

出生時の症状としては、以下がみられます。

・喉の痛み
・腫れたリンパ節(リンパ腺)
・発熱
・頭痛
・倦怠感
・筋力低下
・筋肉の痛み
・食欲低下

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)のような状態によって免疫系が低下している人、または臓器移植を受けて免疫抑制薬を服用している人々は、重度の症状を有する可能性がある(免疫抑制剤は、免疫系を低下または抑制する薬です)。
重度のCMVの症状には以下が含まれます。

・黄疸(皮膚の黄色化)
・低出生体重
・けいれん発作
・脾臓腫大
・肝臓腫大
・失明
・肺炎
・下痢
・食道(気管)または腸の出血性潰瘍
・脳の炎症(脳炎)
・発作

CMVは、免疫不全の人に視力の問題を引き起こす可能性があるため、HIVやエイズなどの状態の人は、医師は、眼科医の診察を受け、眼に感染しているかどうかを調べることをすすめるでしょう。

痛みを伴わない視野のぼやけ、片眼だけの「浮遊物(飛蚊症)」、光のフラッシュまたは見えない領域があるかどうかを医師に知らせてください。

また、インフルエンザ様症状とともに息切れが頻回に発生している場合や、聴力に問題がある場合は、医師にご連絡ください。

原因

CMVは、唾液、血液、尿、精液、母乳などの体液に取り込まれます。 人は自分のからだの中でウイルスが活動状態(休止状態ではない)の場合に限り、他の人にウイルスを感染する(うつる)可能性があります。 性的接触や血液やほかの体液との接触によって、人から人へと広がります。CMVは、輸血または臓器移植によってはほとんど伝播しません。

託児所では、1〜3歳の子供の70%がウイルスを伝播する可能性があります。 石けんと水で慎重に頻繁に手洗いすると、CMVの伝播を防ぐのに役立ちます。

診断

CMVは血液検査で診断されています。妊娠している場合、医師は、胎児にリスクがあるかどうかを判断するために、CMVを検査することをお勧めします。

ウイルスを保菌している場合、医師は 羊水 穿刺(せんし) と呼ばれる検査を提案し、検査 のために羊水のサンプルを収集します。 この検査は胎児にCMVがあるかどうかを判断するのに役立ちます。

治療

健康な人は、治療を必要としません。 免疫システムが弱まっている場合、医師はCMV感染症を治療するためにいくつかの異なる薬のうちの1つを使用するかもしれません。 しかし、CMVはウイルスであるため、通常の抗生物質はそれに対して有効ではありません。 抗ウイルス薬が通常処方され、ウイルスの勢いを減速させます(しかし、CMVを治すことはできません)。

妊娠していて、赤ちゃんがCMVを持っているなら、早く治療できるように、医師は生まれたばかりの赤ちゃんに健康上の問題がないかチェックします。 新生児の治療可能な症状には、肺炎、難聴および眼の炎症が含まれる。

合併症

妊娠中の女性が胎児にCMVが感染すると、流産、死産または新生児の死亡が起こることがあります。

生存している新生児は、難聴や精神障害のリスクが高くなります。 しかし、妊娠中にCMVに感染した新生児の1%だけにウイルスの問題がおこります。 ほとんどが健康で生まれるか、あるいはごく軽度のCMV症状があるだけです。

医師に質問すべき事項

・妊娠しており、CMVを持っています。 特別な検査が必要ですか?
・どのような治療法が最適ですか?
・病気になっている間に制限すべき活動はありますか?
・どのくらいの期間、子供に学校を休ませなければならないのですか?
・どれくらいの人に伝染するでしょうか?
・CMVを持っています。 赤ん坊への授乳を中止するべきですか?
・託児所で働いていますが、どのくらい家にいなければなりませんか?
・妊娠していたときにCMVを持っていたのですが、新生児に何か問題はありますか?
・HIVがあります。 特別な治療が必要ですか?
・眼科医に会うべきですか?

この記事に含まれるキーワード

伝染性単核球症(7) サイトメガロウイルス(5) CMV(1) 眼(2) キス病(2)