身体症状および関連障害

2017/3/28

概要

身体症状および関連障害は、心理的要因に関連していると感じる一群の身体的な痛みおよび症状の名前です。 これらの症状は、特定の物理的原因まで追跡できません。 身体症状および関連障害を抱える人は、医学的検査の結果は正常であるか、またはその症状について明らかになっていません。
この病気に罹っている人は、自分の健康を非常に心配しており、別の病気がないことを確かめるためにいくつかの医学的評価と検査が行われることがあります。
この症状はほかの病気の症状に似ており、数年間続くことがあります。 身体表現障害を持つ人が感じる痛みは本当で、その症状を偽ることはありません。

症状

1.身体表現性障害
通常、痛みや重度の神経症状(頭痛、疲労など)、消化器症状(悪心、嘔吐、腹痛、便秘、下痢など)、または性的症状(性行為中の痛み、性的欲望の損失、生理期間の非常に強い痛み)などがあります。
2.心気症
人が(胃の痛みなどの)通常の身体機能または(普通の頭痛などの)マイナーな症状が、非常に深刻な障害の症状であると考える場合に発症します 。 腹痛症候群の人にとっては、胃の痛みは胃がんを、頭痛は脳腫瘍を意味するように思えるかもしれません。
3.身体醜形障害
人がわずかな欠陥がある身体的な傷(ボディイメージ)が極度に心配になった場合に発症します 。その人は常に、身体のどの部位であろうと、気になる欠陥について心配するようになります。 しわ、脱毛、体重増加、目、鼻および胸のような特徴の大きさおよび形状は、身体醜形障害を抱える人にとって共通の関心事です。
4.転換性障害
神経障害が実際に存在しないのに、神経障害に類似した症状が発症することです。 腕や脚の麻痺、視力喪失、難聴、発作が一般的な症状です。 ストレスは症状を悪化させる可能性があります。

原因

身体症状および関連障害の症状がなぜ現れるのか正確な原因は分かりません。 場合によっては、痛み、圧迫および他の不快な感覚の信号を脳に送る神経インパルスに問題があるかもしれません。 分かっているのは、身体症状および関連障害によって引き起こされる痛みや問題が現実であり、想像上のものではないことです。
多くの医学的問題と同様に、身体症状および関連障害はしばしば家族内で発症します。 また、時間の経過と共に発症したり治まったりする傾向があります。

治療

身体表現性障害の治療法は知られていませんが、管理することができます。 治療は、障害がある人が、痛みや他の症状がまだあるにしても、できるだけ広く正常な生活を送るのをサポートすることに焦点を当てています。 身体表現性障害は人の命を縮めません。
医師は治療のために薬を処方することがありますが、多くの場合薬を必要としません。
定期的な診察のために医師に診てもらうことが治療の最も重要な部分です。医師は、どのくらい頻繁に受診する必要があるかを教えてくれます。 症状が続けば不満を感じるかもしれませんが、体調不良は治療するのが非常に難しいことをご理解ください。

医師に相談するための質問

・身体症状および関連障害がある場合、症状はすべて想像上のものですか?
・障害の原因は何ですか?
・最適な治療法は何ですか? 何らかのセラピーが必要ですか? 薬は必要ですか?
・ストレスを管理する方法を身に着けることなど、生活習慣の見直しは私の症状を緩和するのに役立つでしょうか?
・どのくらいの頻度で診察を受ける必要がありますか?

この記事に含まれるキーワード

身体醜形障害 身体症状および関連障害 身体症状 関連障害 転換性障害 心気症 身体表現性障害