胎児アルコール症候群

2017/3/28

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

妊娠中にアルコールを飲むと、赤ちゃんにとって危険であり、先天異常の主な原因となります。妊娠中にアルコールを飲む母親から生まれた赤ちゃんは、健康に問題があることが考えられます。胎児アルコール症候群は、このような原因から生じる問題です。

症状

胎児性アルコール症候群の赤ちゃんは、通常、小さく低体重で、小さな頭と目を持っています。しばしば、発達の遅延、心臓の欠陥、視覚または聴覚の問題などの先天性欠損が見られ、年齢が上がるにつれて、行動上の問題が生じるかもしれません。最も深刻な問題は精神遅滞です。

原因

たとえ少量のアルコールでさえも、胎児に有害である可能性があります。アルコールは安全であると考えられないため、妊娠中の女性はアルコールをすべて避けるべきです。(アルコール飲料にはビール、ワイン、ハードリカー、ワインクーラーなどが含まれます)
一度に多くのアルコールの飲酒は、赤ちゃんにとって特に危険です。なぜなら、血液中のアルコール濃度を非常に速く高くするからです。毎日飲まなくても、一度に飲み過ぎると胎児のアルコール症候群の危険にさらされる可能性があります。飲酒をやめられない場合は、医師に正直に話しどれくらい飲んでいるかを教えてください。医師は赤ちゃんを傷つける前に飲酒をやめるのを助けることができるかもしれません。

治療

胎児性アルコール症候群の子供は助けることができます。治療には、必要に応じて眼鏡や補聴器などの優れた医療や歯科医療を提供し、行動や発達の問題を扱う特別な学校プログラムに配置することがあります。

予防

母親ができる最良のことは、妊娠を考えているときに飲むのを止めることです。妊娠したら、飲酒をやめ、代わりに水、フルーツジュースまたはミルクなどのほかの飲み物を飲むようにしてください。

医師に相談するための質問

赤ちゃんが胎児アルコール症候群で生まれた場合

・赤ちゃんにはどんな健康上の問題がありますか?
・赤ちゃんは治療が必要ですか?
・自宅で赤ちゃんをどのようにケアするべきですか?
・赤ちゃんが年を取るにつれ、私はどのように健康や行動に注意すべきですか?

妊娠中にアルコールを飲んでいる場合

・赤ちゃんを健康問題の危険にさらしていますか?
・どのくらいのアルコール量が多過ぎですか?飲み物は1つでもだめですか?
・飲酒に問題があります。どうやって止めたらいいですか?

この記事に含まれるキーワード

アルコール 赤ちゃん 妊娠中 胎児 胎児アルコール症候群