心臓発作

2017/3/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

概要

心臓発作(心筋梗塞および急性冠動脈症候群とも呼ばれる)は、十分な酸素を受けていないために心筋の一部が損傷または壊死した状態のことです。通常、冠状動脈の血液は酸素を心筋に運びます。大部分の心臓発作は、閉塞がこれらの動脈を通る血液の流れを遅くするか停止させるときに起こります。
心臓発作は、通常、早期に診断されたときに治療可能です。しかし、治療しなければ、死に至ります。
原因はわかっていませんが、女性は男性よりも心臓発作で生存する可能性が低い傾向にあります。女性が男性のようにすぐに治療を受けないこと、あるいは心臓発作の症状を認識しておらず、男性が経験する症状とは異なることが考えられます。女性の心臓や血管は傷つきやすいものでもあります。
これらの研究は現在も進められていますが、発症前に心臓の問題を予防することは理にかなっています。

症状

心臓発作の症状として、以下のようなものがあります。
・痛み、圧力、圧迫感、重苦しさや灼熱感(狭心症とも呼ばれる)などの胸部不快感。
・頸部、肩、下顎、腕、背中または腹部の痛みまたは不快感
・数秒以上続く息切れ
・フラフラする、めまい、失神
・吐き気または嘔吐
・異常な発汗
・ひどい疲労
・不安感
・心臓動悸(心臓の動きが非常に速く、不規則な状態)

女性の心臓発作は男性の症状と異なる?

男性と同様に、女性にとって最も一般的な心臓発作の症状は、胸の痛みや不快感です。しかし、女性も胸の痛みを伴うことなく心臓発作を起こすことがあります。
特に、息切れ、発汗、疲労およびめまいなど、心臓発作のほかの症状についても知っておくべきでしょう。

心臓発作の症状がある場合はどうすればよい?

心臓発作を起こしていると思われる場合は、すぐに治療を受けることが重要です。次の手順で従います。
1. すぐに119に電話して救急車を呼ぶ。自分で車を運転して病院に行ったりしないでください。
2. 救急車を依頼した後、コーティングされていない成人用アスピリン1錠(325mg)またはコーティングされていない幼児用アスピリン4錠(それぞれ81mg)を噛んで飲み込む。
※アスピリンにアレルギーがある場合は、服用しないでください。
3. 一人暮らしの場合は、救急隊員が家に入ることができるようにドアのロックを解錠する
4. 楽な姿勢で椅子に座り、救急車が来るのを待つ。この際、手の届く範囲に電話を置いておきます。

原因

心筋の一部が十分な酸素を受けていないため、損傷または壊死した場合に心臓発作が起こります。血液や酸素を心臓に運ぶ動脈を冠状動脈と呼びます。1つまたは複数の冠状動脈の閉塞は、心臓への血液および酸素の流れを減少させることがあります。
通常、閉塞はアテローム性動脈硬化症から始まります。アテローム性動脈硬化症は、動脈内の脂肪沈着物(プラークと呼ばれる)の蓄積と動脈壁の硬化です。プラークは排水管に蓄積し水の流れを遅くする塊のようなものです。プラークが割れたり損傷したりすると、血餅が形成されることがあります。冠動脈に血餅が形成されると、心臓への血流を減速または停止させる可能性があります。

心臓発作の危険因子

・喫煙
・糖尿病
・年齢―45歳以上の男性および55歳以上(または閉経後)の女性にリスクが増加します。心臓病で死亡する人の約83%が65歳以上です。
・高コレステロールレベル
・高血圧
・心臓発作の家族歴
・アテローム性動脈硬化症(動脈硬化)
・運動不足
・ストレス
・肥満
・性別

診断

症状の原因を特定するために、いくつかの検査が必要な場合があります。

心電図(ECG、またはEKGと呼ばれる)

この検査は心臓の電気活動を記録します。心臓のリズムの問題や、血流の減少を診ます。

血液検査

血液検査を指示されることもあります。心臓に十分な血液が流れていないときは、特別なタンパク質が血液に漏れます。血液検査でこれらのタンパク質を検出することが可能です。最初の症状発作から24~48時間の間に数回、血液検査が行われます。
以下の検査が必要になる場合もあります。

心エコー

この検査は、心臓の写真を撮るための音波を送り、心臓がどのくらいうまくポンピングしているかを診ます。また、心臓弁に問題があるかどうかを診ることもできます。

胸部X線検査

この検査では、医師は心臓の大きさと形状を評価することができます。また、肺に鬱血(体液)があるかどうかも診ていきます。

核イメージング

この検査では、ごく少量の放射性物質を血液に注入します。この物質は心臓に届き、特殊なカメラやスキャナーが放射性物質を使って、心臓がどれくらいうまくポンピングしているかを示す画像を生成します。放射性物質は安全であり、検査終了後は体から完全に排泄されます。

冠動脈造影(心臓カテーテル検査)

長いチューブを血管に挿入し、心臓または動脈に届きます。次に、チューブに物質が注入されます。この物質により心臓への血流の減少を引き起こした閉塞がどこにあるかをX線によって目に見えるようにします。

治療

治療は、症状を引き起こす原因によって異なります。狭心症(胸痛)の急性症状の場合、医師はおそらくニトログリセリンを投与します。ニトログリセリンは、血液を運ぶ動脈を心臓に広げることで症状を一時的に緩和し、心臓への血流を改善することができます。
心臓発作を起こしている場合は、医師が血栓溶解剤と呼ばれる薬を服用させることがあり、血管造影や血管形成術やステントを選択することもできます。血栓溶解薬は、冠状動脈を閉塞している血餅を溶解するのに役立ちます。血管形成術は、小さなバルーンを、腕または脚の動脈を通して心臓まで挿入する手技です。バルーンは閉塞した冠状動脈を開きます。ステントと呼ばれる小さな金属ロッドを動脈に挿入し、動脈を閉塞して動脈を開いた状態にすることができます。
血管形成術またはステント留置が適切でない場合、冠動脈バイパス手術が必要な場合があります。これは冠状動脈の詰まりを迂回するために脚か上半身のどちらかの動脈を取る大手術です。冠動脈バイパス手術は、血液が閉塞を迂回し、心臓の領域に流れることを可能にします。
医師が選択した治療法にかかわらず、早期の治療を受けるほど、心臓発作の生存確率は高まります。心臓発作の症状を経験している場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
心臓発作の治療には、退院した後でも服用する薬があります。これらの医薬品は、心臓への血流の改善、凝固予防または、別の心臓発作のリスクを軽減するのに役立ちます。これらの医薬品には、アスピリン、ベータブロッカー、スタチン、ACE阻害剤、魚油が含まれます。医者が適切な薬を処方します。
心臓発作を起こした場合、より多くの心臓の問題を防ぐために行う生活習慣の改善方法についても医師から説明を受けます。

関連情報

心臓リハビリテーションとは?

病院を退院する前に、医師から心臓リハビリテーションの説明をうけます。心臓リハビリテーションプログラムは、リスク要因を理解するための情報と、将来的な心臓の問題を防ぐための健康的な生活習慣を開始するよう指導します。また、運動と食事療法、そして健康な体重を維持する方法について学びます。ストレスレベル、血圧、コレステロールレベルをコントロールする方法も学びます。
心臓リハビリテーションプログラムは、入院中に開始されるでしょう。退院後は、リハビリセンターでリハビリが継続されます。リハビリセンターは病院とは別の場所にあることがあります。
心臓リハビリテーションプログラムは、3~6カ月継続することが多いです。医師は、プログラムの実施頻度について説明します。心臓リハビリテーションプログラムは、定期的に実施することがとても重要です。
より多くのことを学び、ライフスタイルを変化させて心臓の健康な生活を送ると、将来的にはより多くの心臓の問題を予防する可能性が高まります。

合併症

うつ病は心臓発作と関係がある?

うつ病は心臓発作の後に起こることが多いです。心臓発作を起こした人のうち、3人に1人がうつ病の症状を訴えています。女性や以前うつ病を患っていた人、そして社会的な孤独感がある人は、心臓発作後のうつ病のリスクが高いです。
うつ病を持つ多くの人は、それを自分で認識できず、助けを求めたり、治療を受けたりしません。うつ病になると、体調が回復し難くなります。しかし、うつ病は治療することができます。

うつ病とは?

うつ病は糖尿病や高血圧のような病気です。うつ病の感情的および身体的症状には、以下のいくつかまたは多くが含まれます。
・悲しい気持ちや泣きそうな気分(うつ気味)
・以前は楽しかった日々の活動に興味を失った
・食欲と体重の変化
・寝すぎたり、就寝に問題がある
・怒りっぽい、だるい
・活力の損失
・罪悪感または自分に価値がないように感じる
・集中力の欠如や決断ができない
・死ぬことや自殺を考える

落ち込んでいるかどうかはどうすれば分かる?

うつ状態にある人は、上記の症状が1日中起こり、ほぼ毎日、2週間以上続きます。うつ状態と日常活動への関心の低下は、最も一般的な症状です。
うつ病の症状がある場合は、医師に相談してください。症状、健康状態、家族の既往歴について質問されます。

予防

健康的な生活習慣は心臓発作の予防につながります。以下のことも含まれます。
・喫煙している場合は禁煙し、受動喫煙も避ける
・脂肪が少なくコレステロールが低い健康な食事を維持する
・定期的にエクササイズする
・ストレスを管理する
・血圧をコントロールする
・(糖尿病の場合)血糖値を管理する
・定期的に医師の診察をうける

一生薬を飲み続ける必要がある?

おそらくそうなるでしょう。心臓発作を起こした場合、医師は、できるだけ多くの心臓疾患のリスクを軽減するために、特定の薬を長期間服用するようすすめます。これらの薬に関する利点やリスクについては医師に質問してください。
アスピリンは心臓発作の危険性を減らすことができます。血液が動脈を塞ぐ凝固塊を形成しないように、毎日低用量のアスピリンを服用するよう指示することがあります。アスピリン療法の利点とリスクについては、医師に相談してください。
抗血小板薬は血餅の形成を止めるのにも効果があります。血餅は、血液や酸素を心臓に運ぶ動脈(冠状動脈と呼ばれる)を塞ぎ、心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性があります。心臓にステントを留置している人は、少なくとも1年間は服用することが特に重要になります。
ベータ遮断薬は、心拍数および血圧を低下させるタイプの薬です。心臓への血流を改善するのに役立ちます。
ACE阻害剤は、心臓が血液をうまく送っていない場合に使用するタイプの薬です。この薬は動脈を開き(拡張)、血圧を下げるよう作用し、血流を改善します。
スタチンは、悪玉コレステロール(LDL、または低密度リポタンパク質とも呼ばれる)レベルを低下させるために使用され、善玉コレステロール(HDLまたは高密度リポタンパク質とも呼ばれる)を増加させるのに役立つ薬物群です。心臓発作を起こした場合、医師はスタチンを処方するかもしれませことがあります。

女性の場合、エストロゲン補充療法は心臓病のリスクを軽減できる?

いいえ、エストロゲン補充療法(ホルモン補充療法[HRT]とも呼ばれる)は、かつて、閉経の症状を治療するだけでなく、特定の疾病の予防に効果があり、心臓病から保護するのに役立つと考えと考えられていました。しかし、近年の研究では、心臓に対してHRTは害が大きいことが示されています。心臓病予防のためにHRTを服用している場合は、中止する必要があるか医師に相談してください。

医師に相談するための質問

・心臓発作の原因は何ですか?
・この心臓発作はどのくらい深刻なものでしたか?
・どのような治療法がいいですか?薬が必要ですか?手術ですか?
・心臓リハビリテーションプログラムに参加する必要がありますか?
・普段の身体活動や性行為ができるようになるのはいつごろですか?
・別の心臓発作を起こすリスクはありますか?
・家族も心臓発作の危険性が高いですか?
・別の心臓発作を防ぐために薬を飲む必要がありますか?
・すでに服用している薬と相互作用がありますか?
・別の心臓発作を予防するために、どのように生活習慣を変るべきですか?

この記事に含まれるキーワード

心臓発作(7) アスピリン(28) ACE阻害剤(2) 抗血小板薬(7) スタチン(5) ニトログリセリン(6)