慢性気管支炎

2017/4/7

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

概要

慢性気管支炎とは、3カ月以上咳や痰が多い状態が持続した状態です。
また、 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に含まれます。

症状

以下の症状を呈します。
・痰(たん)
・呼吸困難
・胸の圧迫感
・咳(せき)

原因

慢性気管支炎の主な原因は喫煙です。
化学煙やほこりなどの肺を刺激する物質に長時間曝露(ばくろ)されることも、慢性気管支炎を発症する原因となります。

治療

通常空気の通り道を広げる気管支拡張薬を「吸入薬」として使用します。
そのほか各種内服薬、また薬で症状が改善しない場合は、「在宅酸素療法」の適応になることがあります。

予防

喫煙者であれば、最も重要なことはタバコ止めることです。 吸う煙が多いほど肺にダメージを与えますが、喫煙をやめると呼吸が楽になり咳をしなくなります。タバコは肺がんのリスクを高めます。禁煙を補助する方法については医師に相談してください。ヘアスプレー、スプレー消臭剤、スプレー塗料などのエアロゾル製品など、肺を刺激する可能性のあるものは避けるようにしましょう。
ほこりや化学煙や、塗料やペイントリムーバー、ニスまたは強い臭いを吸わないために「マスク」をするなどしてください。
呼吸療法士によって行われる運動プログラム「肺リハビリテーション」や、「口すぼめ呼吸」と呼ばれる呼吸法のほか、定期的な運動(ウォーキングなど)も推奨されます。
慢性気管支炎は肺感染のリスクを高めるので、インフルエンザのワクチンは毎年必ず受けるようにしましょう。 また肺炎予防のため5年ごとに肺炎球菌ワクチンを受けましょう(各自治体の案内を参考にしてください)。

医師に相談するための質問

・慢性気管支炎の原因はなんですか?
・慢性気管支炎にはどのような健康上のリスクがありますか?
・肺気腫や慢性閉塞性肺疾患(COPD)のリスクがありますか?
・症状を緩和するどんな薬がありますか?
・症状を和らげるためには、どのように生活すればいいですか?
・どのような運動をすればいいですか?
・何のワクチンが必要ですか?

この記事に含まれるキーワード

喫煙(92) 咳(52) 慢性閉塞性肺疾患(6) 慢性気管支炎(7) 気管支炎(7) 気管支拡張薬(7) 在宅酸素療法(1)