38都道府県で警報値!「手足口病」ってどんな病気?

山本 康博 先生

記事監修医師 東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師 東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之さんも突如発症した「手足口病」。

手のひらに斑点が現れるという異常な症状だけでなく、スマホでの文字入力ができなかったり、ペットボトルの蓋を開けられなかったりなど日常生活にも大きな支障が。

この「手足口病」とは一体どんな病気なのでしょうか?
医師監修の情報をお届けしていきます!

もくじ

手足口病とは?


手足口病は、「コクサッキーウイルス(※)」というウイルスによって引き起こされる感染性の疾患です。発症するのは5歳未満の子供がほとんどですので、手足口病は夏場に流行する子供の病気と考えられています。実際、手足口病患者の約9割は5歳以下の乳幼児といわれています。

しかし、このたびのニュースのように、成人が手足口病に罹患するケースは少ないながらも存在しており、子供だけの病気とばかりも言えません。

※コクサッキーウイルス:エンテロウイルスと呼ばれるウイルスの一部です。

手足口病の症状は?

手足口病の人と接触後、およそ3〜7日後に以下のような症状が現れます(必ずしもすべての症状が現れるわけではありません)。

・発熱

・頭痛

・食欲不振

・喉の痛み

・口周辺、手、足の水疱やただれ、赤い斑点
ただれや水疱は、発熱してから1〜2日後に現れる症状です。触れたり押されたりすると痛みを感じる人や、まれに肘や膝、性器、おしりにただれや水疱が現れる人もいます。また、口に水疱ができてしまった場合は嚥下が苦痛になり、脱水症状を引き起こす場合もあります。

手足口病の診断方法は?

症状や年齢、また手、足、口のただれや水疱の有無を調べます。まれに、検査のために喉の検体や便のサンプルを採取することもあります。

手足口病の予防法は?

手足口病は感染性の病気なので、まず感染者との接触を避けることが重要です。手足口病は飛沫感染(咳やくしゃみで出る飛沫)や、ウイルスの付着したもの(ドアノブ、おむつ、水疱から出た液体など)に触れた後に鼻や口を触ることによって広がります。
特にお子さんが感染した場合に備え、日頃からこまめに手洗いを行うことが重要です。

手足口病の治療法は?

手足口病のウイルスそのものを撃退する治療法はいまのところありませんが、ウイルスはおよそ1週間で消滅する場合がほとんどです。アセトアミノフェンやNSAIDs(ロキソプロフェンなど)の鎮痛薬によって発熱や喉の痛みを和らげながら(薬の用量については医師に相談してください)、自宅で安静にしてゆっくり休みをとることが重要です。

 

おわりに:子供と接触する機会の多い大人は要注意!

いかがでしょうか。手足口病は一般的には子供がかかる病気なので、ナイナイ矢部さんのように成人が発症するケースは珍しいかもしれません。しかし、子育て中の保護者の方は子供と接触する機会が多い分、感染する可能性も高くなるので注意が必要です。日頃からの予防を徹底しましょう!

手足口病一覧へもどる

この記事に含まれるキーワード