治らない膀胱炎の原因は他の病気かもしれない?!

2017/8/9 記事改定日: 2018/2/9
記事改定回数:2回

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師

東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

一般的に「膀胱炎」と言われる「急性膀胱炎」は、抗生物質(抗菌薬)をしっかり服用することで比較的短期間で治療できる場合が多いです。しかし、中には治りにくい膀胱炎もあります。
この記事では、治りにくいと言われる膀胱炎の原因と隠れている可能性がある病気について見ていきましょう。

「単純性膀胱炎」と「複雑性膀胱炎」とは?

膀胱炎は膀胱炎の原因となる病気があるかどうかによって、「単純性膀胱炎」と「複雑性膀胱炎」に分けられます。
単純性膀胱炎は特に原因となる病気がない膀胱炎のことで、若い女性が発症する膀胱炎のほとんどは単純性膀胱炎と言われています。単純性膀胱炎の原因菌の多くは大腸菌で、大腸から肛門周囲の大腸菌が「尿道口→尿道→膀胱」の順に侵入してくることで膀胱炎を引き起こします。

一方、複雑性膀胱炎は何らかの病気が原因で膀胱炎を何度も繰り返している状態です。
複雑性膀胱炎の原因としては、前立腺肥大症(男性の場合)、神経因性膀胱、尿路結石、尿路悪性腫瘍、尿路カテーテル留置、糖尿病、ステロイドの長期内服などが考えられます。考えられる原因が多いため、抗菌薬を使用する前に尿の培養検査をして原因菌を突き止めてから治療を始めることが大切です。

単純性膀胱炎を繰り返す原因とは?

上の項目で説明したように、単純性膀胱炎は大腸菌などの細菌が尿道から膀胱に侵入することで引き起こされます。では、細菌が尿道に侵入してしまうのは何故なのでしょうか?その代表的な原因には以下のようなものがあります。

性行為

性行為によって腟に入った細菌が尿道に入り込み、膀胱炎を引き起こすことがあります。また、避妊具としてペッサリーを使う方も膀胱炎になりやすい傾向があるので注意が必要です。

尿を我慢している

尿を我慢するということは膀胱に尿を長い時間溜めていることになります。そうすると細菌が増えやすくなるため、膀胱炎が治りにくい状態を招いてしまいます。
腎結石などの排尿困難を抱える場合は、この傾向がより強くなると言われています。

糖尿病

糖尿病の人は比較的細菌への抵抗力が弱いため、膀胱炎を再発しやすかったり治らない状態を招きやすい傾向があります。

カテーテルを使用している

尿路結石患者などカテーテル(尿道と膀胱をつなぐ細い管)を入れている方は、膀胱炎を発症しやすくなります。

複雑性膀胱炎には他の病気が隠れている可能性があるって本当?

なかなか治らない膀胱炎には、上記で解説したように他の病気が隠れていることも少なくありません。代表的な病気としては尿路結石や尿路悪性腫瘍があげられますが、その他にも性感染症、前立腺炎、性器や泌尿器の外傷などが原因となっている可能性があります。
また、市販薬をしっかり飲んだのに膀胱炎が治らないという場合は抗菌薬が効かないと言われる「間質性膀胱炎」を発症しているかもしれません。

間質性膀胱炎とは細菌感染が原因でない膀胱炎で、「膀胱痛症候群」とも呼ばれます。通常の膀胱炎と異なり、間質性膀胱炎は抗生物質(抗菌薬)の服用では治りません。正確な原因はわかっていませんが、ほかの器官や身体の炎症によって引き起こされるのではないかと考えられています。
間質性膀胱炎の症状の出方には個人差がありますが、まず挙げられるのは「痛み」です。膀胱や尿道の痛みがあらわれたり、膣や外陰部・下腹部や腰に痛みが広がってセックスのときに痛みを感じることがあります。また、膀胱に少量の尿が溜まっただけで尿意を感じるようになります。
さらに間質性膀胱炎の症状が重くなると、慢性的な痛みや頻尿によって日中の仕事や生活に支障が出たり、夜間に何回も起きてトイレに行くために睡眠不足になる可能性もあります。

また、間質性膀胱炎を発症していると過敏性腸症候群、線維筋痛症、慢性疲労症候群といった他の病気を合併することもあります。アレルギーや自己免疫疾患の一部も間質性膀胱炎と関連があると言われています。

膀胱炎でわき腹が痛いときは腎盂腎炎の可能性もある?!

膀胱炎が悪化すると腎盂腎炎を招いてしまう可能性があります。
腎盂腎炎は大腸菌などの細菌が膀胱から腎盂にまで到達してしまうことで炎症を引き起こす細菌感染症です。膀胱炎に比べて高い熱が出る、腰が痛い(特に叩くと痛い)、全身がだるくなる、吐き気、嘔吐などの症状が特徴で、重症の場合は入院が必要になることもあります。

治らない膀胱炎を何とかする方法は無いの?

まだ病院を受診していない人は、できるだけ早く病院を受診して膀胱炎の原因をはっきりさせましょう。原因がわかっていたほうが効果的な治療ができるからです。
また、尿意があったら我慢せずにその都度排尿すること、性行為の前後には必ず排尿すること、排尿や排便後にお尻を拭くときは前から後ろに向かって拭くことを心がけてください。
加えて、毎日たくさん水分を摂って排尿を促し、膀胱に細菌が溜まらないようにすることも大切です。

おわりに:まず病院を受診して膀胱炎の原因を知ることから!

膀胱炎は膀胱炎の原因となる病気があるかどうかによって「単純性膀胱炎」と「複雑性膀胱炎」に分けられ、中でも複雑性膀胱炎は比較的治りにくいと言われています。
複雑性膀胱炎には他の病気が隠れている可能性も高いので、膀胱炎が治らないと感じたらまずは病院を受診して発症原因を知りましょう。

↓ 合わせてコチラもどうぞ ↓


膀胱炎の診断で行われる検査~血尿の場合も含めて~


この記事に含まれるキーワード

原因(529) 対処法(165) 膀胱炎(62) 治らない(14) 間質性膀胱炎(3)